他人事と思えなかった現実

テーマ:
先週の日曜日、ある地域の市長選が行われ、8年間市長を務めてきた現職よりも新人に票が入り、市長が換わることになりました。

その開票LIVEを、ずっと見ていました。
同じ票のまま開票が進んで行きましたが、最後の方になり差が出ました。

残念でした。
現地に行ってたら、もっと落ち込んだりしたのかもしれません。
それは、実際住んでなかったり、住んでいても「自分の地域」と感じなければ、気持ちは薄れてしまうのかもしれません。

色々な憶測やら情報が飛び交う中、私も色々な事を感じたり考えたりしました。
日常生活で精一杯の状態だと、たとえいいことをアピールされても、やはりそれを賛成するのは難しいと思います。
なので、気持ちが弱っているところにつけ込まれてしまう。
知名度の高い人達がやってきて、印象的な言葉を出されたら、それが良く聞こえてしまう。。。

私には、いつかの戦争で仲間かと思っていたら、立場が悪くなると、あっさり人を盾にして逃げてしまった人達と重なりました。
その地域の人達が、軽視されているように見えました。
なので、この唄が私の頭の中には流れていました。
黄金(こがね)の花
今でも代を重ねて歌われている歌なのに…。

ただ、新しい人は新しい人で、地域を良くしようと思っていると思いますので、地域の人達と約束したことを成し遂げてして欲しいことと、地域の人達が幸せになる方法をこれからもしていただきたいと思っています。














AD