chuang9のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
でこれからの人類について語り合った。熱い男たちばかりだった。必死に希望を見つけ出し、どんな困難に対しても尻込みせず、それに向かって邁進するような男たち。そんな男たちと身体を合わせたのはなにも情にほだされたからではない。無意識ではあったが、復讐以上の何かを彼女も見つけたかったからだ。
 そんな中でも沖田との距離は常に変わらなかった。
 沖田が初めて翔子に出会ったとき、語ってくれたマシガニオの目的はきれいごとだった。沖田の想いは何も詰まってはいない。何も響いてはこない。なぜ沖田がレジスタンス的なこの組織にいるのか謎だった。腹を割って話そうと何度か試みたが失敗に終わった。沖田は真剣な話になると本音などどこ吹く風とはぐらかす名人だったからだ。
「いえいえ、僕には難しい話は無理ですよ。考え事をするとジンマシンになるんです。」
笑顔でそう答えて走り去っていく。
 臥所(ふしジュエリー ブランド
カルチェ
カルチェ 腕時計
ど)に誘ってみたこともあるのだが、そのときも態(てい)よく断られた。
別に男好きという訳ではない。そもそも一度交じり合った男とは二度目の機会を持たないのが翔子のポリシーである。だから男たちは尚の事彼女に夢中になった。中でも寵(ちょう)を競い合ったのが岡田と斎藤の二人。彼女の指示には疑うことなく従う。互いが誹謗中傷のネタを祥子に吹き込んでくることも多々あったが、その度に無言で頷き表向きだけの承認をしてきた。ようはどちらにもいい顔をしてきたのである。
 沖田はいつも遠くから面白そうにそんな光景を見ていた。
 だから沖田への復
いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード