chuang81のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
筏评先摔窑趣辘嗽骋黄ァ?


 冷たい北の風に晒された灯は実に弱々しいものでございました。



 それでは、この続きは私の命が続いた場合に更新させていただきます。
 失礼致します。


第5話

4章 死霊所(しれとこ)潜入編

煉獄(れんごく)の巻 第5話

 お待たせいたしました。
 F1年4月30日午後11時。
 私、山岡朝洋(やまおか ともひろ)と妻は道東の網走(あばしり)監獄博物館駐車場にて、知床(しれとこ)潜入のため展開されていた独立組織「マシガニオ」副リーダー坂本祥子(さgucci ショルダー
gucci トート
gucci バッグ レディース
かもと しょうこ)の部隊に合流することができました。
 そして私たちは大久保崇広(おおくぼ たかひろ)の決断により、行方不明となった坂本祥子を捜索すべく館内へ侵入することになったのでございます。
 山から吹く冷たい風に背中を押されるようにして私は漆黒の闇へと歩みを進めました。

 石段を上がると網走川に見立てた小さな池がございます。その上に掛けられた橋は「鏡橋」と呼ばれ、収容される受刑者が水面に映る己の姿を省(かえり)みたそうです。
 橋を渡ると幾分かの広場に出ます。左手には食堂だった家屋が廃墟として佇んでおり、目前にはチケット売り場と入場口が暗闇の中にぼんやりと浮かんでおります。

 私たちはそれぞれが懐中電灯を手にしてゲートを通過しました。

 反時計回りの探索には兵士3名が向かい、時計回りには私と妻、大久保翁と兵士2名、それに猿の「ヒコ」が向かいました。

 東京ドーム3.5個分の広さを持
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード