chuang80のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
てくる老人の姿が。ボサボサの頭に縁の太い眼鏡、大久保翁でございます。

 「あの爺さんは今孔明(いまこうめい)って呼ばれていて、味方にも敵にも恐れられている。あんたらも気を付けな。一番信用しちゃいけない人物だ。」
斎藤は最後にそう小さな声で私たちに呟きました。

 「ほう。斎藤、生きておったか。」
 大久保翁は私や妻には目もくれず、そう言い放ちました。その口調はなんとも挑戦的な響きがいたしました。
 「おかげさまで???」
斎藤は何か奥歯に物が挟まったような物言いでそう答えました。

 大久保翁がこの組織の中でどのような立場にいるのかは私には皆目見当がつきませんでしたが、どうやら斎藤よmoncler メンズ
moncler モンクレール
moncler レディース
りは階級がはるかに上のようでございました。
男というのはどうにも権力に対して弱い生き物でございます。

 「魏延の仕業です。」
斎藤はただ一言そう言いました。大久保翁はその眼鏡の奥からじっと見つめ返していましたが、やがて面白くなさそうに、
「わかっておる。」
そう答えました。
「副リーダーは連れ去られたものと思います。」
「思います。か???斎藤を囮に使って時間稼ぎするとはあいつらしいの。で?」
大久保翁は斎藤に近づき、その加えていたタバコをひったくると床に落として靴の裏で踏みにじりました。一瞬、斎藤の目つきに殺気が籠ったのを私は見逃しませんでした。
 「で、とは?」
それでも斎藤は冷静さを装い答えます。
大久保翁はニヤリと表情を歪ませ、
「で、あの男の仲間は何人おるんじゃ。見ておったのだろう?ひとりの
いいね!した人  |  コメント(1)
PR

[PR]気になるキーワード