chuang74のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
聦gである。しかし、その後の足取りは不明。新しい国家の役職には就いていない。表舞台からは完全に消えている。
よって生き残ったにも関わらず、裏列伝として彼の活躍は記されることとなった。

 殿(しんがり)を務める沖田春香や朱雀(すざく)に比べて、先陣を任された斎藤勘次郎、西郷成宏(さいごう しげひろ)、陸奥忠信(むつ ただのぶ)の3名は無人の荒野を進むかのように妨げるものも無く前進することができた。敵側の防備は皆無。新政府の首脳陣以外はその存在すら知らない最高機密の抜け道だから備えようもなかったのだろう。随分と楽な役回りだなと斎藤はほくそ笑んでいたが、中軍や殿(しんがり)と距離をとり過ぎるわけにもいかない。小走りぐらいのスピードで進んでいく。
 しばらく進むと、背後で銃声が聞こえた。西郷と斎藤はその銃声が坂本祥子(さかもと しょうこ)のものであることにいち早く気づいていた。かと言って中軍が襲われたとは思ってはいない。彼女の性格上、殿(しんがり)の手助けに向かうことは時間の問題だった。こomega アンティーク
omega スピードマスター
omega 時計
の作戦では殿(しんがり)が最も危険で最も重要な役割を担っている。だから坂本が向かう。必ず向かうだろうと西郷と斎藤は予感していた。好戦的な性格で、尚且つ責任感も人一倍ある。中軍で日和見しているような立場など坂本は納得しないだろう。しかし、それ以上に彼女が最後尾に回るのには理由がある。それは、そこに沖田春香がいることだった。坂本に惚れている西郷と斎藤には実に由々しき事実である。坂本祥子は沖田春香に惹かれ
いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード