chuang70のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
袱皮い搿V烊袱摔趣盲茮_田春香の武芸は神の領域に達しているように思えていた。
 影は狼の群れだった。濁流にように押し寄せてくる。あっと言う間に目前に迫る。
「無理だ???」
その圧倒的な勢いと数を目にして朱雀の口から思わず諦めの言葉が漏れた。大久保崇広(おおくぼ たかひろ)とはゾンビ攻めが成功した暁には家族を救出し、匿ってくれることで話がついていた。新政府からは奴隷のような扱いを受け、いつ国外追放の順番がくるのか怯えながら暮らしてきた。どんなに功績をあげても所詮は暗殺集団。特権階級はおろか一般市民の階級にも届くことはなかった。失敗すれば即家族ともども追放。寝返りは組織のトップ壬生狼(みぶろ)筆頭の高杉聖子(たかすぎ せいこ)からの指示でもあった。壬生狼全員がマシガニオに呼応して新政府に牙をむく算段だったのである。
ちなみに「壬生狼」の名前の由来parker 万年筆
シャープペン
シャープペンシル
は本拠地を京都の壬生に置いていたからだとする説や高杉聖子が壬生通の洛南高校出身だったとする説など多岐に渡る。
 「ヒュ???」
踏み込みの足音は聞こえなかった。刃の切っ先も見えなかった。静かに一歩踏み出した瞬間に五匹の狼が両断されて地面を滑って朱雀の足元に転がってきた。さらに一歩。同じく五匹が両断されて転がる。わずか5秒かそこらで二十匹の狼の遺骸の山ができた。討ち漏らすことなどなかった。前に一歩踏み込む度にどう斬ればこのような切り口になるのか、綺麗に真っ二つにされた狼が量産されていく。
「化け物???」
朱雀は背筋が凍るのを覚えながら沖田春香の背を
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード