chuang68のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
膜い茣欷皮い毪悉骸¥长长背酩椁问埭倍嗓穲鏊袱悚盲俊!?  確かに新政府に潜り込ませているスパイがいると以前に話しておりました。知床(しれとこ)潜入の入口もそこから判明すると???。

 「わかりました。行きましょう。」
私は頷きました。
まあ、昼間はゾンビ化しているのですから何の問題もありません。例え100体のゾンビの群れがいようとも障害にはならないのです。

 しかし、何が時計 人気 ブランド
腕時計 ブランド
時計 価格
あるかわかりません。大久保翁が何を企んでいるかもわかりません。よって妻はその場に残しました。


 私は丸腰で道の駅に進みます。




 なぜ大久保翁がすぐに坂本の跡を追わないのか、私はここでその真相に気が付くことになるのです。



 
 それでは、この続きは私の命が続いた場合に更新させていただきます。
 失礼致します。



第14話

4章 死霊所(しれとこ)潜入編

煉獄(れんごく)の巻 第14話

 お待たせいたしました。
 やや話が前後してしまう部分をご容赦ください。

 旧国道334号線。
 斜里(しゃり)町市街地からウトロに続く一本道。

 1台の小型バスが無人の荒野を走るが如く進んでいきます。
 車内には独立組織「マシガニオ」の隊長のひとり陸奥忠信(むつ ただのぶ)率いる2番隊。同じく1番隊隊長の沖田春香(おきた はるか)、大久保崇広(おおくぼ たかひろ)、私の妻、そして私、山岡朝洋(やまおか ともひろ)。捕虜の少女が両手首に手錠をはめられ座っております。


 「で?この少女(ガ
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード