chuang49のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
劋胜と摔坤椁???仕方ない、朱雀さんは代わりに中軍の守りを固めてください。」
朱雀は足を引きずるようにしてその場を去った。

 「随分と斬ったようね。二本目の刀ももうひしゃげちゃってるじゃない。一応、念のためにもう一本持ってきたんだけど???使う?」
それでも沖田春香の切れ味は衰えていない。切っ先の速度は落ちていたが、強引ともいえる切り返しで向かってくるゾンビをたたっ斬っていた。
「もちろんですよ。有難くいただきます。」
呼吸も乱れているようだった。限界も近い。祥子の眼差しが一瞬憂いを帯びたが、すぐに見開かれ、笑顔で、
「どうしようかな。」
「意地悪なことを言ってる時計 楽天casio
時計 人気casio
時計 通販casio
場合じゃないでしょ。」
「そうね???じゃあ、これが決着(けり)ついたらどこか連れてってくれる?」
「え!?」
「どうしよう???温泉とか?」
「お、温泉?」
「無理なら残念。これは渡せないわね。」
「わ、わかりましたよ。温泉でもどこでも行きますよ。」
そう答えながら5体のゾンビの首を落とした。通路は獣とゾンビの匂いでむせ返るほどだった。遺骸の山を突き崩し、新手のゾンビの群れが押し寄せてくる。祥子がその方角にありったけの銃弾を撃ち込んだ。
「行きますよ?私が連れていくんじゃなくてあなたが連れていくのよ!意味わかってる?」
「え!?なんですか?銃声でよく聞こえませんでした!」
「あっそ!」
ふて腐れて翔子が刀を沖田春香に投げ渡した。
「ここまで頑張ったご褒美よ、坊や。」
受け取った沖田春香は鞘から引き抜くと長い呼吸をして、ピ
PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード