chuang38のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
皮い俊1救俗陨恧饯欷藲荬钉い皮い胜斪婴扦ⅳ盲郡⑷枕暏窝詣婴蛞姢皮い欷心肖扰螜C微をわかる者にはわかる。過剰すぎるほど坂本は沖田を意識していた。沖田の方もそれを察している節がある。あの沖田にしては珍しい反応だった。しかし二人は未だにくっつく素振は無い。西郷も斎藤も坂本と肉体関係を結んだのは一度だけである。その後は何度誘っても態よく断られた。術中にはまってしまったと言えばそれまでだが、斎藤は坂本に夢中になった。彼女に認められるべく手足のように働いた。今日を生き延びることで精一杯の世界のなかで、ここまで情熱的に任務に従事し生きてこられたのは彼女の存在があればこそであった。斎藤にとって坂本は信仰の対象というべきものであり、彼の世界のすべてとも言えた。しかし恋のライバルは多い。同じ部隊内だけでも西郷成宏の他、坂本に首を獲られた岡田駿(おかだ しゅん)などがいた。だれもが彼女のためならば命を捨てる覚悟であった。

 「銃声がしたということは、沖田は抜かれたか???。こんなに早く突破されるとは???どうする?後ろに援軍に回るか?」
何も知らない陸奥は唸りながらそう言った。
「いえ。前進を急ぎましょうアンティーク オメガ
アンティーク 時計 店
アンティーク 腕時計
。沖田くんはまだ堪えてますよ。きっと???。女神がついていますからそう容易くは抜かれないはずです。」
西郷がそう答えて進軍を速めた。陸奥は腑に落ちない表情で、
「あの朱雀とかいう小娘が女神?まあ、ガキの沖田には丁度いい相手か???」
 斎藤にとって西郷は目の上のたん瘤であった。坂本からの信任も厚く、
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード