chuang32のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
讐は実に困難であった。戦闘能力は組織随一であったし、脅すにも強請るにもネタがない。派閥を作るような野心もなく、誘惑にも靡かない。まさに雲のような男だった。この年齢でこの境地に達するにはよほどの経験を積んできたのであろう。
 背後から騙し討ちするのならいつでもできた。しかし、ただ殺すことなど復讐ではない。敗北感を与えること、それは屈辱感でも挫折感でも構わない。彼の魂に何かしらの傷を与えなければ翔子は納得できなかった。ただ殺すには惜しい男、そんな気持ちもあったのかもしれない。
 どうすれば沖田に致命傷を与えることができるのか、どうなれば自分は納得するのかを自問自答する日々。気がつけば沖田のことばかりを考えている。抗ウイルス薬のことも、実は兄への気持ちですら、沖田という存在を前にして薄らいでいくことに翔子は焦りと驚きを感じていた。

 知床五湖に築いた拠点でマシガニオの残存兵と合流したのはF1年5月30日のことである。すでに知床地下の新首都への入口は確認済みであった。あとはどう潜り込むか、潜り込んでど時計 人気 ブランド
腕時計 ブランド
時計 価格
うするのかというステージに進んでいた。検討することは山ほどあったが、残兵を目の前にして翔子が目の色を変えてその姿を探したのは、沖田春香、そのひとである。10部隊、100名以上のマシガニオの兵が参加した大規模な作戦であったが、ほとんどの部隊が敵軍の返り討ちにあって壊滅している。ただ、作戦の裏側を知っている沖田は無事に合流することができた。生き残った兵のほとんどが戦闘続行が難しいほどの傷を負
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード