chuang3のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
仕業ではあるまいて。それをわしに伝えるべくお主は囮として生かされておったはずじゃ。とぼけずに早く答えろ。」
「はい???魏延の他に東南アジア系の顔付をした男が一名。かなり腕がたちます。それ以外に獣使いが二人。羆(ひぐま)二頭にアムール虎が一匹。あと、囮として我々の前に顔を出してきた少女が一名。こちらも実は戦闘のプロでした。おそらく暗殺集団として新政府に飼われている壬生狼(みぶろ)のメンバーでしょう。あとは岡田駿(おかだ しゅん)。」
 岡田の名前が出て兵士の中からどよめきが起こりました。どうやらマシガニオのメンバーのひとりだったようです。大久保翁もしかめっ面(つら)をして、
「岡田まで抱き込まれておったか???しかし小娘ひとり攫うのに随分と豪勢な顔ぶれじゃの。それを聞け1300 ニューバランス靴
1400 ニューバランス靴
1700 ニューバランス靴
ばわしが追跡を諦めると思ってか。」
「獣使いに殿(しんがり)を任せて、魏延たちは車を使って進んでいると思います。もはや追いつくことはできますまい。」
斎藤は伏し目がちにそう言いました。

 「もうすぐ日が昇る。ゾンビの群れは遠くに引き離した。すぐに出発の準備じゃ。」
大久保翁が背後の兵士たちにそう告げると、私たちにくるりと背を向けました。

 「ちょっと待てし!!」
その背中に向かって妻が大きな声をかけました。大久保翁が立ち止まって振り向きます。
「私たちには何の謝罪もないのけ?人を囮に使っておいて何様のつもりで?」
興奮して甲州弁丸出しで噛みつきます。私も大久保翁に反論しようとしていた矢先のことでしたが、思わぬ妻の先
いいね!した人  |  コメント(1)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード