chuang299のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
キ)が知床(しれとこ)潜入のルートを知ってるってことか?」
金髪にサングラスの陸奥がそう言うと、大久保翁が、
「知っていたところで何も語るまい。新政府の暗殺集団、壬生狼(みぶろ)のメンバーは決して口をわらん。尋問したところで時間の無駄じゃ。」
そのボサボサの髪を右手で掻きながらそう答えました。
「じゃあジジイどうすんだ。知床半島の先端までドライブでもするつもりか?」
「スパイからの交信を待つより他にあるまい。」

 「だいたいな、ジジイ。この地下の連中のなかに本当にスパイするやつなんているのか?100万人の国民はがっちり管理されているって話だ。おかしな行動をしていれば簡単にみつかっちまう。いくらジジイが新政府樹立の立役者『二十八部衆』のリーダー格だったとはいえ、安住の地の住民で今更クーデターを起こそうとする物好きなんているわけがない。」
 陸奥の話に頷いて聞いているのは部下の3人だけです。

 「ではお主はなぜこの作戦に参加する気になった?」
大久保翁が眼鏡i phone 5 カバー
i phone 5 値段
iphone 5 アクセサリー
の奥で眼光を光らせながら尋ねました。
「ああ?ジジイの話なんざ馬鹿正直に信じるかよ。どうせ裏では用意周到に別案を進めているんだろ?ジジイが動くってことは余程確信があったんだろうが。俺はそれにのったんだ。何を企んでる?そろそろ喋ってもいいんじゃないのか?」
「フン。野生の勘か???。沖田はどうじゃ?お主はなぜこっちに合流してきた?」
 
 すると静かに座っていた沖田春香が、
「陸奥さんと同じかな???。僕にはまるで確信がないけど。」
PR
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード