chuang297のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
?  「大久保さんが話していました。これは敵の罠だと。」
斎藤は面倒くさそうに頷き、
「ああ。その通りだ。これは敵の罠だった。」
「大久保さんはそれでも仲間を救出しに向かったんですよ。私たちをここに避難させて。マシガニオの一員としてこんなところで油を売っている暇は無いはずでしょう。」
久しぶりに説教臭い話をしているなと感じながらも私は話し続けました。あんなに怯えていた妻をあっさりと笑顔にしたその手管(てくだ)に嫉妬していたのかもしれません。

 そんな私の心境を知ってか知らずか、斎藤は苦も無くこう言い放ちました。
「さずが天才軍略家と呼ばれる大久保の爺さんだ。よく敵の意図を見抜いている。的確な判断だな???主力を残して罠を回避した。」
「回避した?ここに囚われていてなぜ回避できたとわかるんです?」
「アハハハ、それはあんたらがここにいるからさ。なんだ、まだよく状況を理解できていないよduvetica デュベティカ
duvetica メンズ
duvetica メンズ
うだな。敵が罠を張ったのはここだよ。援軍がここに踏み込むと同時に牢屋のドアが開く仕掛けになっていた。全部の部屋のドアを開いたのは見事だったな。普通は途中で仕掛けに気づいて引き返すもんだ。素人の為せる業(わざ)か。

「????」
私がその言葉の意味を測りかねて口を閉ざすと、斎藤はさらに頬にえくぼを浮かべながら、
「あの爺さんはすべてお見通しで、あんたらをここに残したんだ。自らの危険を冒してまで見す見す敵の罠に飛び込むようなことはしないさ。タヌキの親玉みたいな人だからな。まあ、上手くいく勝算があったのかもし
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード