chuang289のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
ヴェンデリンには剣や魔法の才能があるかもしれません」

「もしそうならば、独り立ちも可能であろうか」

 この俺が乗っ取っている小さな子供の記憶というか、その情報を元にした第三者的な視線から、俺は次々と現在自分の置かれた情況を次第に理解していく。

 まず俺が、貧乏貴族の恥かきっ子である八男ヴェンデリン満五歳、数えで六歳くらいに転生というか乗り移った事。 

 貴族の家に生まれたが、あまりに子沢山過ぎて領地などは当然継げず。
 下手をすると、というか間違いなく貴族としてすら生きられない可能性が高いという事をだ。

 普通に考えれば長男が家を継ぐし、次男は予備と考えて、三男以降は己で生きる道を模索しないといけないはずだ。
 広大な領地を持つ大貴族家や、中央で代々要職に就いている世襲法衣貴族家ならともかく、この子作シューズ 通販Adizero
シューズ サイズAdizero
楽天 シューズAdizero
りしか取り得の無い貧乏下級貴族に、三男以降の身の振り方を考える甲斐性など期待しない方が懸命であろう。

 となるとだ。
 平成日本の自宅マンションで寝ているはずの自分はどうなったとか、先程聞こえた『魔法』というキーワードに浮かれたりとかしている余裕などない。

 この世界の成人が何歳かは知らないが、それまでに自分一人で生きていく術を得なければいけないからだ。

「(慌てるのも良くないが、子供だからって遊んでばかりいると人生詰むな……)」

 それからも俺は、この第三者的な俯瞰からヴェンデリンのこれまでの人生をダイジェストで確認し、目が醒めてから新しい家族に不信の目で見られ
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード