chuang288のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
したのじゃ。」
 全員が大久保翁を凝視します。大久保翁はやや間をおいて、


 「ゾンビ攻めじゃ。」


 そう言い放ちました。


 「そして新たな国を創立する。」


 生き死にばかりに翻弄されていたこの時代に、大久保翁はまた随分と高尚な志をもっていたと思います。

 国を創る???。

 突拍子もないお話でございました。

 最後に大久保翁はこう付け加えました。



 「これがあのゾンビたちの最も効果的な対処法じゃ。」



 ゾンビを知床シャネル 2013 バッグ
シャネル 2013 財布
シャネル アウトレット
の都に大量に放ち、国を亡ぼす???悪魔のような算段でもございました。



 それでは、この続きは私の命が続いた場合に更新させていただきます。
 失礼致します。


第15話 終巻

4章 死霊所(しれとこ)潜入編

煉獄(れんごく)の巻 第15話  終巻

 お待たせいたしました。
 やや話が前後してしまう部分をご容赦ください。

 斜里(しゃり)町の道の駅に単身乗り込んだ私、山岡朝洋(やまおか ともひろ)はそこで異様な光景を目の辺りに致しました。

 廃墟と化した道の駅の屋内には13体のゾンビが徘徊しておりました。
 大人の男もおりましたし、女性も子どもも老人もおりました。家族を構成しているかのような13体でございました。

 異様なのはその風体でございます。

 一体誰が、何の目的で行ったのか、13体すべてが、両目を潰され、両耳と鼻を削がれておりました。
 なるほど、屋外の銃声や血の匂いの刺激を感知しなかったわけでございます。
 
 
いいね!した人  |  コメント(1)
PR

[PR]気になるキーワード