chuang287のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
护趣筏蓼筏俊?  であれば、私も妻もいつ自我を失って獣のように人を襲うかわかりません。その時、一番近くにいるのは私か妻のどちらかなのです。もしかしたら私が変化し、妻に襲い掛かりその肉を食らうこともありうるわけです。

 不安と恐怖が沸々と沸きあがってまいりました。おそらく妻も同じ心境だったと思います。今後は希望を持って朝日を待つことなどできないかもしれません。

 あれこれ思案するうちに私は斎藤の語っていた話の矛盾点に気が付きました。

 「こんな場所に生身の人間を配置するわけがないと言っていましたが、だったら斎藤さんは誰に捕まって囮にされていたんです?」

 斎藤は痛いところをつかれたという表情を一瞬浮かべ、そしてまた何食わぬ顔で肩にのる猿の「ヒコ」の頭をさすり始めました。

 「山岡さんは何のために生きている?」
唐突な質問に私は驚きました。まるで見当違いな質問を返されたからでございます。
 「ええ、妻を守るためです。幸せな生活を取り戻すためです。」
ありきたりな言葉でしたが、それが私の目的でございました。
 斎藤は少rrl 通販
polo ralph
ポロシャツ 人気
しだけ微笑みながら、
「そうさ、このご時世、多くは望めない。シンプルな希望が全てだ。そしてそれぞれが全く別な希望を持って、その実現のためだけに生きている。そこには善も悪もない。信義もなければ、忠義もないのさ。」
「言っている意味がよくわかりませんが???」
「新政府に内通している者がいるんだよ。このマシガニオの中にもな。そいつに全てを掻き回された。俺も、副リーダー
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード