chuang276のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
璧を担うのが副リーダーの坂本祥子と1番隊隊長の沖田春香(おきた はるか)であり、今となってはその名を知らぬものはいない。ゾンビの大群の中を二人が手を取り合い、斬り抜けていく場面は1番の語り草になっている。ある書物では二人は好敵手(ライバル)として描かれ、別の書物では師弟関係、他にも恋人関係だったり夫婦関係だったりするものもある。総じて、深い愛情?友情に支えられて新時代開拓に励んだ功労者として二人一組で活躍するものが多い。

 はたして事実はどうだったのか。
 禁書とされて封じられた裏列伝には、坂本祥子の心情を赤心のままに綴っている。

 坂本祥子は、沖田春香とは元来仲が良いわけではない。むしろその逆で翔子は仇としてこの少年を見ていた。少年と呼ぶには沖田は歳が経っていたが、自分より弱輩であることと、童顔で主義主張も軽薄であったため翔子の目には少年として映っていた。翔子は幼い頃に両親を亡くしており、歳の離れた兄の陽輔(ようすけ)の手で育てられた。強く、賢く、adidas オンライン
adidas サンダル
adidas シューズ
優しい兄だけを見て生きてきたのである。男とはこういうものだということを肌に感じて成長してきた。それに比べると沖田はあまりに頼りなく、少年としか見られなかったのも無理からぬ話である。
 翔子が沖田を仇と信じるには理由があった。
 兄の陽輔は極秘の軍事実験で命を落とした。ウイルスが日本中に蔓延した「レインボー」という作戦である。その兄の実験中の痕跡がインターネット上にアップされ、翔子は兄が自分の知らぬところで必死に戦い、懸命に生きて
いいね!した人  |  コメント(1)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード