chuang274のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
 信じられない緊張感ですか?

 いえいえ、むしろ逆ですよ。
 彼らのお陰で私は安心できました。

 私が突然変化し、隣にいる妻に襲い掛かる前に撃ち倒してくれるのですから。

 妻を守るため以外には、私には大きな目的などありませんでした。

 まあ、しいて言えば、こんな状況をもたらした新政府に一矢報いることぐらいでしょうか。

 大きな事を言っていますが、私には別に何が出来るというわけでもありません。

 もし、可能であれプーマ スニーカー
ダンロップ 靴
ing 靴
ば、妻だけは安住の地である新首都「知床」に送り届けたいのです。それが私の描く一矢報いるという野望でございました。

 私はどうなるか、ですか?

それは、まあ、一緒に知床で暮らしたいですよ。

 ただ、そこまで望むのは少々調子に乗り過ぎかもしれません。

 私は自分の力量というものをわきまえているつもりですから???。


 「どうやら1番隊が先に敵部隊に接触した様子です。」
助手席の兵士が大久保翁にそう告げます。
「魏延(ぎえん)はそこにいるのか?」
大久保翁が愁眉(しゅうび)をひらいて尋ねました。妙な違和感がありました。それが何に対してなのかはわかりません。
「いえ、西郷成宏(さいごう しげひろ)はいないようです。副リーダーも同様です。」
副リーダーというのは独立組織「マシガニオ」副リーダー坂本祥子(さかもと しょうこ)のことでございます。部下に裏切られ、誘拐されているのです。
「そうか。」
大久保翁がそう言ってから大きく息をひとつしました。
「敵は獣使いで
いいね!した人  |  コメント(1)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード