chuang263のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
>薮螭省溉~緑体」を駆使し、二酸化炭素と水から酸素とエネルギー分を発生できる身体なのでございます。五感はとてつもなく鋭くなります。それと引き換えに対ゾンビ用の獣たちからは狙われることになるのです。
 仲間である「ヒコ」も例外ではありません。
 夜は人間に戻りますからヒコも懐いてくれるのですが、日が昇ると、打って変ったように牙を剥いて襲いかかってきます。もう少しで目を潰されるところだったのも1度や2度ではすみません。
 それがこの数日の中で異変があったのでございます。
 昼間であってもヒコが私や妻に敵対心を持つことが無くなったのです。
 というもよりも夜以上に私や妻の傍にいて離れようとはしなくなりました。まるで自分のご主人様に仕えるように神妙なのでございます。
 大久保翁だけが何か原因を知っているようでございましたが、私たちには何も語ろうとはしませんでした。

 狼たちの2度目の襲撃があったのは昼頃でございました。

 人間の大人ほどの大きさを持つ狼。
 動きは俊敏で、勇敢果敢。且つ知性を有しておりました。
 それが百匹ほどparker 5th
parker ペン
parker ボールペン
の群れを率いてくるのでございます。
 1度目の襲撃時は動けた兵も多かったのですが、負傷し、動ける者はわずか。狼たちはそれをわかっているようで、1度目以上の猛攻を仕掛けてきます。
 
 弾薬はほぼ尽きておりました。
 沖田も日本刀を研いで備えておりますが、これまでの激戦の跡はその刀を見ただけでわかります。強靭な鋼が曲がって鞘に収まらなくなっているのでございます。
いいね!した人  |  コメント(1)
PR

[PR]気になるキーワード