chuang260のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
名前と共に判明していく。

 しかし、精々人口八百人程度を治める下級貴族の癖に子供が十人とか。
 良い年をして、家族計画を理解しているのかと本気で考えてしまう。

 もう既に今までに知り得た情報から、俺の居るこの世界が中世ヨーロッパに非常に酷似した世界である事は理解している。
 子供が生まれても、必ず全員が無事に成人するという事も無いのであろう。

 一人っ子というわけには行かないし、正妻が必ず子供を生める保障もないので、妾がいるのも納得はいく。

 でも、この人数は多すぎであろう。
 下手をすると、御家騒動の原因にも成りかねないからだ。
 
 妾の子供は、可靴 ネットアデイダス
靴 オンラインアデイダス
シューズAdizero
哀想だがこの際除くとして。
 実際にまだ顔を見ていない妾は、男の子二人と女の子二人の母親であったとこの体の記憶にあったが、男の子達は名主の跡継ぎや、娘しかいない豪農や名主の家に婿として入る予定らしい。

 女の子は、既に嫁ぐ先も決まっているようだ。
 
 彼女等の事は良いのだ。
 将来がちゃんと決まっているのだから。

 肝心の残り六人兄弟、本妻の生んだ男子連中について。
 てっきり八男の俺なので、自分は妾の子だろうなどとタカを括っていたが、何と俺は本妻が四十歳近くになって生んだ子供らしい。

 というか、年甲斐もなくそんなオバさんを孕ませないで欲しい。
 多分、どう見ても貧乏そうな領地なので、主に財政的な面から新たに若い妾を作るのは不可能なのであろう。
 逆に言うと、夫婦仲が良好で良かったとも言えるのだが。

「あなた、
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード