chuang258のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
じい数放たれています。ここはゾンビも侵入者も数日もたずに命を落とす魔界です。だから新政府も警護の兵を配置することなく安心していました。だが、ここ何日間かで状況は一変しました。獣たちは遠隔操作ができなくなり、ゾンビたちの群れの侵入を許した。潜入してきた敵軍の兵士も長期間生き残っている。現状が危機的なものであると認識した新政府は強引に力で封じ込めを行ってきたんです。知床半島全域を射程範囲に持つ迎撃ミサイルと戦闘ヘリ。この自然を消滅させてでも危険分子を抹殺するつもりですね。おそらくは一個師団の投入も辞さない構えです。」
低く落ち着いた口調でございました。焦りも逸りもない、どっしりとして相手に安心感を与える響き。
 私は爆撃の閃光の中、傍に立つ西郷を見ました。
 身長は170cmほど、身体はややふくよかですが、その佇(たたず)まいは幾多の戦場を渡り靴 ネットアデイダス
靴 オンラインアデイダス
シューズAdizero
歩てきたという迫力を感じさせます。髪は短髪で、顔は丸め。眉は太く、目鼻もはっきりとしておりました。歳は25くらいなのでしょうか、想像よりも若かったことに驚きました。

 「連れ戻しに来たのか。」
陸奥の問いに対し、西郷はゆっくりと首を振ります。そして優しく微笑み、
「お手伝いにきたのです。戦力は多いほどいいはずですから。」
 それを聞いて陸奥が詰め寄ります。
「坂本の召使いがどういうつもりだ?お前は政府の犬だろうが。」
「心外ですね陸奥さん。私が新政府の犬だったら、こんな場所に補給基地など用意していませんよ。それに私は坂本さんの召使いでもない。
PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード