chuang257のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
扦埂¥饯欷颏长卫先摔艘姢护膜堡郡ばn動にかられました。

 私は布袋の口の紐に手をかけました。運転手の工藤が慌てて何かを言っていましたが耳には届きません。私自身が興奮していたからかもしれません。
 「見栄を張る」などいつ以来だったでしょうか???これまでは見栄を張る相手すら周囲にはいなかったのです。

 口の紐を緩めた瞬間、何かが飛び出していきました。私の顔面に襲いかかろうとした刹那、それは工藤に捕まえられ、私は驚いて席から転げ落ちました。
「アハハハ!!」
背後で大久保翁の高笑いが聞こえてきます。

 工藤の左手に掴まれたものは、猿でございました。獰猛な牙をむきだしにした日本猿です。工藤ジュエリー ブランド
カルチェ
カルチェ 腕時計
が運転しながらも懸命にその猿を袋に戻そうとしております。
「私の任務は対ゾンビ用に改良された動物を操り、その効果を確かめるものでした。NO108地区には猿が28匹放たれましたが、生き残ったのはこの一匹だけです。」
そう語りながらようやく猿を袋に戻すと、工藤は紐を結び直しました。
私は唾を飲み込みながら、
「それで効果はあったんですか?」
「これでも相当な戦闘力があるんです。ゾンビの目、耳、鼻を食いちぎる訓練を受けています。食料もゾンビの肉だけです。」
なるほど、それで私に襲い掛かってきたわけです。自我があるとは言え、私の身体はゾンビと何ら変わらないのですから。
袋に戻されてもこの猿は興奮状態が抜け無いようで、キーキー言って暴れ回っています。
「護身用に連れているんですが、今回はお二人が搭乗されるとい
いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード