chuang254のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
としていた翔子は沖田勝郎から連絡を受け、迎いに来たヘリに乗った。そのヘリを指揮していたのが沖田春香である。
 マシガニオの本拠地に移った翔子は、沖田春香の指南のもと数か月間の戦闘訓練を受けた。自分の身体を守る術(すべ)は兄から手ほどきを受けていたが、殺傷能力の高い武器の使い方はすべて沖田に習ったと言っても過言ではない。兄から基礎をしっかり固めてもらっていたからか、坂本の血なのか、それとも教える沖田が上手なのか、翔子はメキメキと力をつけていった。
 翔子にとって沖田は兄の仇であり、死地から救い出してくれた命の恩人であり、戦いを教えてくれた師匠であった。
 単純に仇と割り切れなかったのである。
矛盾する話であるが、祥子はこのマシガニオという組織の中で信用するに足りる人物はこの沖田しかいないと思っていた。だから知床潜入の作戦の裏側を唯一、沖田に漏らしていた。地下への入口を見つけ出すための10番隊隊長?西郷成宏(さいごう しげひろ)の偽りの投降と、翔子の誘拐という作戦である。西郷は社交的で、常に先を見据えて行動でき、戦闘力も高かったので翔子が隊長に推した人物だった。当然ながらパイナイキ air max
ナイキ ウェア
ナイキ ウェア
プは他の仲間よりも太い。この味方も欺く極秘作戦を祥子に提案したのが、何を隠そう西郷である。その背後には妖怪のように組織に君臨する大久保崇広(おおくぼ たかひろ)の影がちらほらしていたが、現状を打開する有益な手段だった。仲間を騙すようで翔子も最初は乗り気が無かったが、一端始めるととことんやらねば気が済まない性分で
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード