chuang2490のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
撙先イ臁¥长欷纤饯郡沥握Fりを賭けた戦いだ。ゾンビたちの後詰は背水の陣の構え。退くことは許されない。未来をこの手に掴むための命を賭した戦いだ。私はたとえひとりでも前に進む。もう一度言う。臆する者は去れ。処罰はしない。誇りを捨てて生きる道もある。止めることはしない。」
斎藤は憮然とした面持ちで下を向いて唇を噛むと、それっきり何も反論をしなくなった。大久保の言い分はあまりに前時代的で気に留める必要はなかったが、主とも恋人とも慕う翔子の失望に満ちた言葉は斎藤の胸をえぐった。それにしても万を超える敵軍に対し、わずか10人にも満たない戦力で挑むなど前代未聞である。それも敵の待ち受ける入口からである。勇猛というより無謀。斎藤でなくとも異論を挟むのも無理からぬ話であった。斎藤自身としても死を恐れてではなく、より勝算を高めるための苦言であった。
「おお。斎藤の意地みせてくれる!!」
吐き捨てるようにそう宣言すると、プイとどこかへ行ってしまった。
 戦国時代の武士とは違い、忠義や御恩と奉公などという観念はこの時代には無い。あったのは完全にプライドだけだといえる。どんな状況でも決して退かないという意地が、一番の美徳とされ2013 新作 財布
ヴィンテージ シャネル バッグ
シャネル
、それを武士の一分と呼んでいた。生き残ることが精一杯で、希望など見いだせなかった世界の中で、兵士たちはそんな誇りだけを胸に戦っていたのである。だから、命を落とす以上に自らの矜持(きょうじ)を挫かれることを一番恐れていた。祥子の言葉が斎藤をさらなる背水に追い込んだことは間違いない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード