chuang248のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
筏欷皮い块_放感が妙な不安感へと変わっていったのでございます。

 途中、何者かが物凄いスピードで私たちの横をすり抜け落下していきました。最深部に到着し、ぐちゃぐちゃになった遺骸を確認してそれが坂本祥子(さかもと しょうこ)のものであるのことを知りました。手を滑らせたのか、それともゾンビに襲われたのか、この時の私に知る由もありません。

 到着した先の扉は開いておりました。光に導かれるように私たちは進みます。途端に重力が戻って参りました。
 そこは学校の体育館のように広い空間でございました。誰もおりません。天井は高く、15mほどはあったでしょうか、そこにびっしりと備えられた照明がこちらを照らしております。妻の肩に乗る猿のヒコもあまりの眩しさに両手で目を塞いでいます。
 30m先にあるドアが開きました。まるで私たちを手招いているようです。
 「新政府の首脳陣が使用する緊急避難場所じゃ。この先は官邸に繋がっておる。早く進め。そろそろ後ろのduvetica 店舗
duvetica 激安
コート ダウンduvetica
ゾンビどももここに到着するじゃろう。」
私の足にしがみついてここまで下りてきた大久保崇広(おおくぼ たかひろ)はそう言って先に進むことを促しました。気が付くと自力で下りてきた西郷成宏(さいごう しげひろ)、陸奥忠信(むつ ただのぶ)、朱雀(すざく)、桂剛志(かつら つよし)らの姿もありました。しきりにシャフト内の闇の中を覗いております。やや時間を空けてから斎藤勘次郎(さいとう かんじろう)が現れました。顔面は蒼白で、異常なほど全身を震わせております
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード