chuang246のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
筏俊?  あれは???政府転覆を狙う我々「マシガニオ」の一行があてども無くオホーツク海に面した知床(しれとこ)半島の岩壁を彷徨っていたときのことでございます。
 彷徨っていた理由(わけ)でございますか?
 地下に造られた首都への入口を探索し続けていたのです。

 フレペの滝、ですか?

 ええ、残念ながらあそこは罠でございましたよ。
 落差百メートルの断崖絶壁をようやく下へ降りると待ち受けていたのは、5頭の羆(ひぐま)でございました。馬鹿でかい冬眠穴が幾つも口を開いており、あっという間にそこに人間を引きずり込むのです。
 兵士たちのほとんどがここで命を落としました。
 逃げ場は海しかありませんでした。
 海に逃れた者は待ち構えたシャチの餌食となりました。

 マシガニオの部隊長を担っていた沖田春香(おきた はるか)、陸奥忠信(むつ ただのぶ)はやmcm バッグ 激安
mcm 財布
mcm 財布
はり相当な強さでございました。それぞれが400kgはある巨大な羆を一頭ずつ仕留めたのです。沖田は日本刀、陸奥はマグナム弾を使用しておりました。どちらも一騎当千の武者ぶりでございました。
 特に沖田は武術に円熟味を増しており、鶴が舞うように羆と対峙しております。
 途中で合流していた十番隊隊長の斎藤勘次郎(さいとう かんじろう)も実に巧みな射撃術を心得ており、右腕に大きな負傷を負うものの羆一頭を撃退していたと記憶しております。

 私ですか?
 私は夜の闇の中、妻の手を取り、海岸を転ぶように逃げました。
 唯一のご老体である大久保崇広(おおくぼ
PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード