chuang245のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
钉扦搐钉い蓼筏俊?
 朱雀(すざく)は周囲から冷たい視線を送られても動じることなく、目を閉じて静かに座っております。大久保翁から提示された条件で籠絡された様子でございました、当初はなぜ寝返ったのかも不明で、妻奪回に協力を仰ぎたいひとりでしたが、どうにも考えが読めず不安要素が多くありました。

 陸奥忠信(むつ ただのぶ)だけが私の案に乗ってくれそうな有力人物でございました。常に本音を語る人物で、その風体からは想像できない愚直さを持っています。死んでいった仲間の家族を養っていることや、その人たちの安寧秩序の樹立のために戦っているのだという動機も私には受け入れやすい部分がございました。

 というわけで、私が陸奥に交渉を始めたのは、陸奥が哨戒(しょうかい)の任につき小屋を離れた時でございました。
 「で、お前の手伝いをしたとして、俺に何のメリットがあるんだ?」
話をした直後、moncler ジャケット
moncler ダウン
moncler ダウン メンズ
陸奥はぶっきらぶにそう答えました。

 金髪にいかついサングラス。白のロングコートは血で汚れておりました。私の腕の2本分はありそうな屈強な腕。大久保翁が「ゴリラ」と例えるのも頷けます。
 以前までの私であったら尻込みしている相手です。もとより話しかけることなど決してしなかったでしょう。関わり合いをなるべく避けようと努めたはずです。しかし、このときは違いました。妻の奪還という目的だけが私の心にあり、なりふり構っておれぬ状況だったのです。
 藁にも縋る思い。まさにそれでございました。

 「メリットはあります。」
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード