chuang236のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
xりが眩い光と爆音に包まれたのは、小屋を離れて20分程歩いてからのことでございました。突然夜が明けて朝を迎えたような錯覚を覚えました。そして雷鳴のような響きと身体を震わす地響き。

 「な、なにが起こった???これは爆撃の音だぞ???」
金髪の陸奥が筋骨隆々とした身体を地面に伏せながらそう言いました。朱雀も辺りの様子を窺いながら身を潜めます。もちろん私も事態を飲み込めてなどいませんでした。

 戦闘ヘリが3台、目前の湖付近にミサイルを撃ち込んで旋回します。
 焦げた匂いと爆風。
 無数の火の粉が天空を赤く照らします。

 ヘリからだけでなく、どこからか飛んできたミサイルに被弾し木々や土が大きく舞い上がりました。

 「新政府の攻撃ですよ。」
背後でそんな声がしたかと思うと、私の身体にピッタリと寄り添うように銃口を突き付けてきた者ゴルフ 靴
アデイダス 靴
靴 販売アデイダス
がおりました。私は左腕を肩からロックされ、金縛りにあったように動きがとれませんでした。
 「魏延(ぎえん)???」
陸奥の言葉で、私はこの男がもと10番隊隊長の西郷成宏(さいごう しげひろ)であることを知りました。以前、同じ部隊に所属している斎藤勘次郎(さいとう かんじろう)からは、用意周到で勇猛果敢、副リーダー坂本祥子(さかもと しょうこ)の信任最も厚い兵士だと聞いたことがあります。そして新政府に内通し、坂本の身柄を誘拐した裏切り者。反骨の相を持っていることで、大久保崇広(おおくぼ たかひろ)からは魏延と呼称された男。

 「この知床の地にはゾンビを狩る獣が凄ま
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード