chuang235のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
畏饯檫M路方向をずらしていきます。

 わかりません。
 私たちがウイルスを超越した身体を持っているからなのでしょうか???。いえ、それは太陽の下だけでございます。昼型(デイタイム)は夜だけ人間の身体に戻るのです。今の私たちは正真正銘のやつらの餌でございました。

 銃声がまた鳴り響きました。
 悲鳴も聞こえてきます。
 おそらく先にここを飛び出したゾンビたちが合流したに違いありません。

 すると周辺の雰囲気が一変しました。
 低い唸り声は、はしゃぎまわる子どものような歓喜の雄叫びに変わりました。ゆっくりと彷徨うよリーバイス 503
リーバイス ジーンズ
リーバイス 517
うな足取りは、途端に猛ダッシュに変わります。そして突風のように私たちの前を駆け抜けていきます。

 この廊下からやつらが全員いなくなるのにそこからは時間はかかりませんでした。

 私と妻はライトをつけることも無く、ヘナヘナとその場に腰を下ろしました。腰が抜けたというのが正しい表現かもしれません。しばらくは汗ばんだ手を握り合ったままでございました。

 「よかったな。たいしたものだ。」
奥から人間の男の声。私は持っていた懐中電灯のライトをつけ、声がした方に向けました。
「眩しいからよしてくれよ。」
 そこには白いTシャツに紺色のズボンをはいた長身の男が立っておりました。
 細身ながら筋肉質で、髪は幾分長く、ややパーマがかっており、無精髭。顔だちは目鼻がはっきりとしていて見るからに精悍です。
 困ったような表情で私のライトの光を左手で遮っています。

 「誰、ですか?」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード