chuang232のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
 たかひろ)も同じように逃げ回っていたと思います。
 「ここは一端退け!!海に近寄るな、シャチに襲われるぞ!!海岸に沿って逃げるんじゃ!!」
という大久保翁の叫び声が何度も耳に飛び込んできました。

 要ははめられたのでございます。
 随分と安易に侵入口に到着したものですから怪しいとは感じていました。
 さすがの「今孔明」もまんまと敵の策略にかかったものだと、必死で逃げながら内心で嘲弄(ちょうろう)していたものです。

 狭い海岸を岸壁にもたれながら進んでいくのですが、暗闇のせいでなかなか思うように足を運ぶことができません。
 悲鳴が聞こえると、懐中電灯の光の下、海から飛び込んできた5mはありそうなシャチに誰かが咥(くわ)えられ、血しぶきと共に真っ黒な海に消えていきました。

 この潜入失敗の裏には謀(はかりごと)がありました。実は敵の術中にはまったのではなく、これmcm 財布 激安
mcm 財布 新作
mcmバッグ
も大久保翁の手の内であったことを知ったのは、しばらく経ってからのことでございました。
 敵を騙すにはまずは味方から???まさにあの御仁のためにある言葉でございます。


 残った兵は数名。
 そこから日々、断崖にある幾つもの洞窟の探索が始まりました。
 荒波によって岩盤がえぐられてできるこの洞窟をアイヌの民は「クンネポール(黒い洞窟)」と呼んでおりました。
 何十日という時間を費やしましたが、地下の首都に続く入口は容易には見つかりませんでした。

 そんなある日のこと。
 周辺の斥候に出ていた斎藤が、大久保翁にこう報告
いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード