chuang215のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
ないように懸命に情報を集めるのであった。第三話

「……」

 あの睡眠学習とでも言おうか、夢の中でヴェンデリンの情報を得た俺はその後すぐに目を醒まし、同じく目の覚めた他の兄弟達と共に屋敷の食堂で朝食を食べていた。

 屋敷とはいえ、そこは貧乏下級貴族。
 それなりに部屋数はあったし、書斎や食料や金品?武具などをしまう倉庫などもあったが、俺の感覚で言えば精々で豪農の家に毛が生えた程度でしかない。

 実際にこの家で個人の部屋が貰えるのは、当主アルトゥル四十五歳と、正妻ヨハンナ四十四歳の他には、長男クルト二十五歳に、次男ヘルマン二十三歳だけであった。

 残りの俺も含めた四人の兄弟は、一つの部屋に押し込められていたのだ。
 三男パウレディース 靴
レインシューズ レディース
靴 レディース
ル十九歳、四男ヘルムート十七歳、五男エーリッヒ十六歳。

 まさに、部屋住みの悲哀という奴であった。
 昔の時代小説などに良くあった設定だ。

 なお、妾であるレイラ三十一歳は普段は実家である名主の家の別邸に、六男ヴァルター十四歳、七男カール十三歳、長女アグネス十一歳、次女コローナ十歳と一緒に住んでいた。

 何か名前だけはドイツ貴族風で立派なのだが、実際はこんな程度かと思うのはどこの世も同じであり。
 それと昨日の夢からの情報であったが、これだけの大人数で住めるほど屋敷の部屋が多くなかったのと、本妻と妾が仲が悪いのはいつの世でも一緒という事情かららしい。

 それに、妾の子達はうちの男子連中のように貴族としての教育という物を受ける必要もない。
 よっ
いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード