chuang213のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
つ野外歴史博物館でございますから、隅々探索するとなるとどれほどの時間を費やすことになるか想像もつきません。この暗闇に怪しい獣の気配、慎重にも慎重を重ねることになりましょうからさらに時間がかかることになるでしょう。
 
 赤レンガの地面を踏みしめて先頭に兵士、次に大久保翁、そして私にしがみついて進む妻とそれにしがみついているヒコ、殿(しんがり)にまた兵士といった順序でございました。

 時折強く吹く風の音と目の前を歩く大久保翁の聞き取れない独り言だけが耳に飛び込んできます。辺りを覆う木々が言い知れぬ圧力を与えてきます。

 「トモ、歩くの早いよ!もっと私に合わせて歩けし!」
妻が怒りを隠さずgucci バッグ 新作
gucci メンズ バッグ
gucci メンズ 財布
言い放つと乱暴に私の腕を引っ張ります。おそらくライトで映し出される光景が怖いのでしょう。妻の持つライトは足元しか照らしていません。
 「ん!ん!」
最後尾を付いてくる兵士が苛立ち気に咳払いをしました。

 100mほど進むと平屋建ての「裁判所法廷」が姿を現しました。

 先頭の兵士が我々に振り返り、この建物に侵入することを動作で伝えてきました。
 「こんな近くにはおらんじゃろ。もっと奥じゃ。」
意に介さず大久保翁がそう口を開きます。どうやらこの老人は恐怖というものを持ち合わせてはいないようでございます。
 兵士が閉口すると、
「まあよいわ。入ってみるか。」
勝手に納得してズカズカと進んでいきます。

 「私は嫌。入らないよ。トモも入っちょ。」
怯えた様子でそう妻が言いますが、ここにひとり立って
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード