chuang212のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
 強固な防備を敷いていた新政府がなぜこうもあっさりゾンビ攻めを許したのかは疑問が残る。ゾンビの侵入を防いでいた獣たちが実質的に反乱を起こし、予期しない事態になったことはかなりの痛手であった。しかしこの時、3個師団の軍がまったくの無傷状態。戦闘ヘリは獣たちに襲撃されて墜落したが、地上を制圧するだけの装備と兵力は充分にあった。その気になれば知床半島を焼け野原にしてしまうだけのミサイルも完備していたはずである。それが、手をこまねいて地下への入口にゾンビたちを迎え入れるような話はあまりに奇異だ。最悪でも入口の道を爆破して封鎖することはできたはずだ。後年ではマシガニオの兵士たちの勇猛果敢な突撃作戦が美談として語られているが、現実的に考えると矛盾がありすぎる。地下への入口は海岸に面した断崖シャネル 2013 バッグ
シャネル 2013 財布
シャネル アウトレット
絶壁の側面の洞窟にあり、とてもゾンビを誘導できない。まして洞窟入口から地下の都市まで距離にして15㎞はある。侵入を遮る罠や迎撃兵器も満載であった。最近になって研究者たちからは、一部の権力者たちだけが知る秘密の抜け穴のようなものが知床五湖にはあったのではないかという推論が多く聞かれるようになってきた。もし、そのようなものが本当にあったのだとすれば、ほとんどの人間が気づかないうちに侵入は可能である。大久保は新政府の要人であったから抜け道の存在を知っていてもおかしくはない。しかし、そうなると一番大切な情報である抜け穴の存在を知っている人間が敵側にいることになる。新政府としては確実に対処するはずだ。それをしなか
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード