chuang211のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
─螆蟾妞蚵劋い啤⑺饯郡沥蠚iみを止めました。
 異常な数のゾンビの群れが前方に密集しているとのことでございました。
 その数ざっと2000。
 対して私たちはそれぞれが傷を負っており完治はしておりません。(私の負った心の傷は永遠に治ることはないと確信しておりました)
 銃弾もほぼ尽きております。ナイフや刀などの武器も劣化が酷く、まともな戦闘など到底できる状態ではございませんでした。

 「ジジイ。知っていて湖を目指したな。この先にゾンビが集まっているとなぜ知っていた?」
頑健な身体を引きずるように最後尾を進んでいた金髪の陸奥忠信(むつ ただのぶ)が呻くようにそう言いました。
 行軍の中ほどを進んでいた老人、大久保翁は振り返ることもなく、
「理由はすぐにわかろう。我々はひとつの目的に向けて進んでおる。戦略はそれに則(のっと)らねばならぬ。敗戦の撤退であってもじゃ。」
 敗戦という言葉に先頭を歩む斎藤勘次郎(さいとう かんじろう)がピクリと反応します。振り向くとリーバイス 501
リーバイス アウトレット
リーバイス 505
鋭い眼光で一言、
「まだ負けたわけではない。ここで諦めてはこれまで死んでいった同士たちが犬死となる。」
言うなり、先ほどよりも力強く前へ進んでいきます。

 足を止めてその光景を微笑ましく眺めていた沖田春香が大久保翁の耳元で、
「食料は森のもので何とかなりますが、武器は補給が必要ですね。本部からの援軍は期待できません。大久保さんのお考えをお聞かせいただけますか。」
 大久保翁はそれを聞くとニヤリと笑い、
「安心しろ。援軍な
いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード