chuang17のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
·猡沥恧蟠缶帽N踏韦黏à皮欷毪鹊堡皮摔筏皮辘蓼筏俊¥Ⅲ@くことにまだ素知らぬ顔を続けているのでございます。

 駐車場の街灯の半分は壊れ、残り半分が弱々しく辺りを照らしているほどでしたが、兵士が向けてくる銃口の中身までが見える距離まで迫られ、私は思い切って名前を告げたのでございます。妻も私の後に続きました。

 兵士たちはよほど訓練されているのか全くといっていいほど足音をたてません。それが尋常ではないプレッシャーを与えてくるのです。
 冷たい汗が頬を伝いました。

 兵士が足を止めました。
 手を伸ばせば銃身を掴める距離でございました。
 私の吐く白い息が黒々とした銃口に吸い込まれていきます。
 
 兵士は、「なぜ貴様たちがここにいる」というような質問をしてきました。

 私は喉がカラカラに乾いておりましたが、ここまでの経緯を捲(まく)し立てるように話しましmcm バッグ 激安
mcm 財布
mcm 財布
た。言わねばすぐにでも頭を撃ち抜かれていたと思います。

 私が懸命に話をしている横で、大久保翁は時折、失笑なような声をあげていたように覚えております。いえ、恐怖と混乱で定かではありません。
 誰かに何かを伝えるため懸命になったのはいつ以来だったでしょうか。
 教鞭をとって生徒たちに因数分解を教えていた時分でもここまで熱くはなっていなかったと思います。

 とにかく自分たちはあなた方の味方であること、私も妻も危険な存在ではないことを思いを込めて説明いたしました。多少理不尽な説明でも思いを込めれば相手に届く、これが私
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード