chuang11のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
を込めて首を斬った。十体は倒した。しかし、時が経つにつれてやがて肩で息をするようになり、ナイフが重く持ち上がらなくなった。朱雀は死を覚悟した。無念の死でも犬死でもない。家族はこれで安心した生活を送れるのだ。本望だった。女としての経験は何一つできなかったが、最後に最強の男と共に戦えたのだ。自分は幸福だったのかもしれない。そんな思いだった。
 「下がりなさい。ここは僕が受け持ちます。」
迸る覇気と共に湯気のように熱気が立ち上っている沖田春香が振り返らずにそう言った。気づかい無用???と答えたかったのだが朱雀の喉がカラカラで声が出なかった。
 「小娘にしてはよくやった方ね。あとは任せなさい。」
いつの間にか隣に立っていたのは坂本祥子(さかもと しょうこ)だった。手にした銃が火を噴いた。除草剤入りの弾丸を受けてゾンビたちが吹き飛ぶ。
「祥子さん!退いてください。ここは危険です!」
「あら?そう言われると余計に燃えるわね。」
「守り切れないんです。ここはすぐに突破されます。行ってください。その娘(こ)と一緒に!」時計 ブランド casio
時計 ブランド ランキングcasio
時計 ブランドcasio

「守ってほしいっていつお願いしたかしら?どうしてもって言うなら力づくでどうぞ。」
「冗談を言っている暇はないんです。」
「珍しいわね。あなたがそんなに追い詰められてるなんて。面白いからしばらくここにいようっと。」
そう言って祥子が微笑む。
ゾンビが獣の屍を乗り越えて押し寄せると力強く踏み込んで沖田春香が一閃してその首を落とした。静から動。刀が感情を持ち始めていた。
「言い出したら
いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード