chuang1のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
臁⒃绀ざ坞Aで亡くなっている。酷薄な父親を憎んでもよさそうなものだが、そんな発言や様子は春香にはまったく見られなかったようだ。組織に属してからも父親の命令を実直にこなしていたと思われる。
 沖田春香は何を思ってこの時代を駆け抜けていったのであろうか。
 裏列伝に彼の心情を物語る興味深い一説を見つけた。実験地区666で山岡夫婦に出会った時のことである。
「平穏な日常においても憎悪し合う夫婦が多いこの世の中で、相手を思いやり献身的に尽くす者たちもいることに非常に驚いた。」とある。
山岡夫婦は春香にとって一被験者に過ぎなかったが、この出会いが任務遂行以上に彼の内心に大きな感動を与えたようであった。夫婦というものが冷え切った希薄な関係だと幼いころから身に染みて感じてきた春香にとって、このように愛情溢れるつながりを持つことも可能だということを知り、何か救われた気持ちになったのかもしれない。そgucci ショルダー
gucci トート
gucci バッグ レディース
の後、山岡夫婦の層雲峡(そううんきょう)脱出も影ながら手助けしているようだ。旭川市の自宅に帰還した夫婦を見守る様に見張っていたのも春香だった。マシガニオと夫婦の合流にも一役買っている。彼にとって山岡夫婦の存在は人類の希望のように映っていたのかもしれない。
 知床(しれとこ)潜入時にも春香は命がけで殿(しんがり)の任を全うした。まさに修羅の如く暴れ回り、中軍の山岡夫婦に敵が張り付くのを防いだという。

 「あれは何の仕掛けだ?」
視線を合わせることもなく、両手にコンバットナイフを構えた少女、朱雀(すざく
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード