若葉マーク農園長のブログ

シニア世代の自称「花咲か爺さん」が挑戦する新アグリビジネス「農蜂業」奮闘記


テーマ:

 長期間黒大豆栽培では病虫害との飽くなき闘いだ。

 

 その闘いがいいよいよ始まった。ハスモンヨトウ脱皮阻害剤散布対応したはずだが。日毎にふ化・被害葉の拡散に閉口だ。毎日のように被害葉除去を試みるが。被害葉が拡がるばかりだ。

 

 これから日毎に被害葉が増えるたびに,今年で丹波黒栽培を終わりにしようと。毎年弱音を吐いている。まあ,今年も頑張るしかないか‥

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 第2養蜂場近くのヒマワリ畑2圃場。

 

 とっくにヒマワリは立枯れし,それを上回る高さのイネ科雑草だらけ。トラックターすき込みを試みたが,あえなく中止。結局,午前中炎天下の刈払機を用いての刈り取り作業となった。延べ2日間約8時間がかりで10aの1圃場の刈払い作業を終えた。

 

 残る1圃場も延べ2日間約8時間がかりの見通しだ。

 

 もっと早く対応していれば,1時間ほどのトラクターすき込みで作業が終わっていたのにと悔やむことしきりだ。

 

 今後,こんなぶざまなことのないようにしたいものだ。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 盆休み中,妻が秋冬野菜の作付計画を立案していた。

 

 プチヴェール,ニンニク,ミニハクサイ,スティックブロッコリー,ホウレンソウ,極早生タマネギ,秋ジャガイモ等に加えて,蜜源・花粉源としてのレンゲ及びナバナの植栽計画だ。限られた圃場で来春水田予定も含まれることから,ああでもないこうでもないと植栽作物も二転三転。なんとか立案にこぎつけた。蜜源・花粉源さえ植栽しなければ比較的立案も容易なのだが…

 

 8月末には稲刈り,9月上旬にはプチヴェール苗が届く予定だから,盆明けより忙しい合間をぬって施肥,耕運,黒マルチ畝づくりに私も励むことにしよう。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 当農園蜂蜜関連記事が掲載された地元タウン誌「Salala」7月2日第452号。

 

 所詮一過性の問い合わせや蜂蜜売り上げと思いきや,あれから40日を経ても販売の勢いは依然続いているから驚きだ。

 

 3日前に数十個の蜂蜜容器詰めをしたのに,早くも在庫が底をつきかけているという。嬉しい悲鳴だが…盆ぐらいのんびりさせておくれ…

 

 お客様は神様

 

 陽も傾いたので,これから数十個の蜂蜜容器詰めをすることにしよう。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このところの真夏日又は猛続きに少々ばて気味だ。

 

 過日,当地の最高気温は37.2℃。 私にとって,かつて経験したことがない強烈な陽射しと異常な暑さだ。海に程近い徳島市でさえこの有様だから,内陸地方はさぞかし大変なことだろう。

 

 さて,このところほどんど雨が降ってくれない。一部の庭木は枯死してしまった。慌てて黒大豆,オクラ,サトイモ,キウイフルーツ及びミカンの株元灌水を繰り返しているが,作業後3日間もすればカラカラ状態となってしまう。

 

 あ~ぁ,酷暑と日照りはいつまで続くことやら…

 

http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日8月3日は「はちみつの日」。

 

 当農園園長が地元ケーブルテレビに録画出演させてもらった。この時期は採蜜シーズンOFF。だから,取材依頼には気乗りしなかった。しかし,はちみつ広報と販促には絶好の好機と捉え取材を受諾した。

 

  7/26の取材当日は,貯蜜状態が芳しくなく,しかもしぼったはちみつも糖76.2と低かったため,受諾しなければよかったのにと正直悔やまれた。

 

 昨日放映された番組を「テレビトクシマオンデマンド」で視聴させてもらった。養蜂家からみると蜂数や貯蜜状態に不満は残るが,「はちみつの日」にふさわしい番組内容になっていた。

 

 まんぞく,満足!

 

 テレビトクシマオンデマンドによる放映動画(宮崎農園映像は午前7時38分より)

 http://www.spiral-pf.com/tcn/2016/08/03/%e6%9c%9d%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%9f%ef%bc%9f%ef%bc%882016%e5%b9%b48%e6%9c%883%e6%97%a5%e6%94%be%e9%80%81%ef%bc%89/

 

(お詫びとお知らせ)放映より1週間が経過した8月11現在,該当動画は視聴できなくなっています。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 うだるような真夏日に開催された「とくしまマルシェ」。 

 

 開店時間の午前9時なのに,いつもになく人出はまばら。そういえば,過去2年間とも7月の売上は¥35,000前後であり,共にその年のワースト記録となっている。7月売上の低迷は暑さだけのせいではなさそうだ。恐らく競合イベント「吉野川フェスティバル」とのバッティングのせいだろう。今日も厳しい出店は避けられない。

 

 そんな酷暑の中,ご来店くださった皆さまに深くお礼を申し上げたい。

 

 さて,今日の販売商品は,私が蜂蜜3種(レンゲ蜜,ミカン蜜及び百花蜜)を,息子がエダマメ,オクラ,ジャガイモ3種(インカルージュ,シャドークイーン及びデストロイヤー),カボチャ,バターナッツカボチャだった。

 

 その結果は¥57,000。今年のワースト記録をなんとか底上げできたようだ。ヤレヤレ‥

 

 蜂蜜販売数は33個に留まり,56個の自己最高記録には程遠いものとなった。販売個数は少なかったものの,国産最高級蜂蜜「レンゲ蜜」の販売数が伸びたことは嬉しい限りだ。他方,息子が扱う野菜販売はいつも以上に苦戦した。そのような厳しい状況下ながら,バターナッツカボチャ10個のまさかの完売はせめての慰めとなった。

 

 次回開催は8月28日。販売商品のうち,在庫切れ近いレンゲ蜜及び品薄期の夏野菜が気がかりだ。なんとか出店にこぎつけ,お客様に多くの商品をお届けしたいものだ。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いまどきの蜜源又は花粉源植物は希少価値がある。

 

 6月から10月に亘る長期間,その頼りになる花はポーチュラカだ。例年5月に70株ほどのポット苗を入手し,梅雨時に挿し芽で株数を増やしている。今年は300株程だろうか?

 

 ポーチュラカは,午前中花弁が開き午後閉じる。午前中の訪花ミツバチは圧巻だ。1株に10匹程訪花し,せっせと花粉を集めている。耳を澄ませば,低音の羽音さえ聞こえる。

 

 今夏はヒマワリがほとんど発芽せず,夏季蜜源又は花粉源植物に苦慮してきた。そんな状況下はポーチュラカは実に頼もしい。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 黒大豆本格作付け4年目にして初の摘芯,剪定,施肥&第2回土寄せを初めて行った。

 

 自宅裏のわずかA圃場10a程ながら延べ4日間も要した。炎天下の正午から午後4時までは作業を避けての早朝及び夕刻のみの対応だから,思いの外作業は難航した。

 

 本格対応4年目にして初めての管理対応。その対応遅れで毎年作業を見送ってきた。今回のの作業をとおして黒大豆栽培の要諦に気づかされた。

 

 それ程,黒大豆栽培は手抜きが許されない。摘芯,剪定,施肥,土寄せ,病虫害対策及び潅水,ムムム‥今年も手強いが頑張るぞ!

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 養蜂や農作業が一段落したので,昨夕から黒大豆株の摘心作業を始めた。

 

 過日1回目の株元土寄せ作業は終え一安心していた。ところが,栽培マニュアルを確認すると,追肥と第1回目摘心が遅れていた。やむなく追肥・第1回目摘心・第2回目摘心を行うことにした。他作業が忙しく,黒大豆管理作業は毎年遅れがちだ。

 

 畑に座り込んで,1株ごとの摘心作業は苦手だ。麻袋にひざまずいての作業は長続きせず,風呂桶ほどのミニイスに座り込んでの難儀な作業が当分の間続く。あ~ぁ!いつもでこの作業がかかることやら…

 

 せめて黒大豆A圃場の作業だけでも今週中には済ませたい。その作業後には,第2回目の株元土寄せ作業が待っている。

 黒大豆A圃場(右側畝:摘芯作業前 左側畝:摘芯作業後)

 

 専ら摘心作業は朝夕の涼しいときしかできないから,能率はなかなかあがらない。熱中症に気をつけながらの単調な作業が当分の間続くことになる。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。