若葉マーク農園長のブログ

シニア世代の自称「花咲か爺さん」が挑戦する新アグリビジネス「農蜂業」奮闘記

NEW !
テーマ:

 養蜂や農作業が一段落したので,昨夕から黒大豆株の摘心作業を始めた。

 

 過日1回目の株元土寄せ作業は終え一安心していた。ところが,栽培マニュアルを確認すると,追肥と第1回目摘心が遅れていた。やむなく追肥・第1回目摘心・第2回目摘心を行うことにした。他作業が忙しく,黒大豆管理作業は毎年遅れがちだ。

 

 畑に座り込んで,1株ごとの摘心作業は苦手だ。麻袋にひざまずいての作業は長続きせず,風呂桶ほどのミニイスに座り込んでの難儀な作業が当分の間続く。あ~ぁ!いつもでこの作業がかかることやら…

 

 せめて黒大豆A圃場の作業だけでも今週中には済ませたい。その作業後には,第2回目の株元土寄せ作業が待っている。

 黒大豆A圃場(右側畝:摘芯作業前 左側畝:摘芯作業後)

 

 専ら摘心作業は朝夕の涼しいときしかできないから,能率はなかなかあがらない。熱中症に気をつけながらの単調な作業が当分の間続くことになる。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 7月21日,地元新聞折り込みタウン誌「Salala(サララ)」に当農園蜂蜜関連記事内容が掲載された。

 

タウン誌「Salala」(2016/07/21 第452号)より

 

 このところ,蜂蜜購入のための問い合わせや来園者の急増に驚かされる。某来園者は¥25,000の蜂蜜をお買い求めくださった。記事掲載の農産物直売所の蜂蜜の売れ行きも急増している。タウン誌掲載の威力は実にスゴイ!

 

 売り上げ急増は一過性とは想われるが,今季採蜜期はすでに終えているから,越年以降の蜂蜜在庫量が一層懸念されてきた。

 

 自然相手の蜂蜜生産。年明けにも在庫量が底をつき,お客様には丁重にお詫びしなければならない事態に陥りそうだ,トホホ…。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 小遣い稼ぎにずいぶん寄与してくれた約2,000株のトウモロコシ。

 

 「野鳥の楽園」の当農園だから,鳥食害は避けられない。それでも,瓦礫多く,水はけの悪い埋め立て畑。その土壌改良や排水対策を期してのトウモロコシ作付けだった。

 

 防鳥糸効果が大きく,幸いムクドリやスズメ食害もほとんどなかった。やはり防鳥対策は黒テグスが一番だ。しかし,糸回収では,人の目にも見えにくい黒色だから,足にまつわりついたり,トウモロコシ葉巻き付いたりと,作業はずいぶん難航した。

 

 さて,炎天下の刈払機を使ってのトウモロコシ伐採,芋用フォークを使っての3畝分黒マルチはがし作業は今日午前中にも終えらるだろうか。

 

 できれば今日午後にも,トウモロコシ株及びヒマワリ株をすき込み耕運をしたいものだ。次の作付け野菜は未定だが,まあ,これらのすき込み株は,畑の土壌改良や排水対策に役立ってくれることだろう。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)  

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 丹波黒大豆株への土寄せ作業がやっと終わった。

 

 黒大豆株は3圃場約25a,4,000株超だから,中耕及び株元への土寄せ作業は管理機頼みとなる。このところの炎天下に耐えながら,延べ3日間の奮闘作業だった。ヤレヤレ…

A圃場

 

B圃場

 

C圃場

 

 これから12月初旬の黒大豆収穫までの間,雑草や病害虫との闘いが始まる。メイシバ,スベリヒユ,ハスモンヨトウ,カメムシ,メイガ,コガネムシ,ハダニとの飽くなき闘いだ。また,倒株防止には適期の摘芯と剪定作業が欠かせない。また,開花期の灌水作業も重要だ。

 

 当農園が手がける30品目の野菜・果樹の中で,丹波黒大豆は最も栽培が難しい代物だ。それなのに,なぜ挑戦し続けるのだろうかはてなマーク

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO) 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 普段農作業で頑張ってくれている妻と息子。日頃の感謝の印にと,花紀行の北海道旅行をプレゼントをした。

 

 しかし,留守中の忙しさにはさすがに閉口だ。期間中,今季最終の蜂蜜しぼりと巣箱等の湯温洗浄,突如舞い込んだ各種野菜の受注対応,さらに,オクラの朝夕収穫・調整・出荷に追われまくった。

 

 昨日はオクラに振り回された一日だった。早朝5時半より3時間がかりでのオクラの収穫,昼を挟んで3時間がかりオクラの出荷調整作業,午後4時には100g入りオクラ85袋の関西出荷に:やっとこぎ着けることができた。あわただしく帰宅後,直ちにオクラの夕方収穫…あ~ぁ,疲れたショボーン

 

 忙しいのも今日まで,ヤレヤレだ。農業はとても一人じゃできないな…

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 近代養蜂100年余りの採蜜方法に革新もたらすかもしれない”FlowHive”。

 

 その巣箱2個を4月に入手し,ミツバチ2群を飼育してみた。

革新的巣箱”FlowFive”’(ただし,上段の継箱は前後逆向き状態)

 

 

 2016年6月末には,FlowKey(アームハンドル)を用いて継箱内人工巣脾に貯まった蜂蜜を取り出し,直接1.2㎏瓶に入れた。

 1枚の人工巣脾から約1㎏の蜂蜜を取り出すことができた。

 

長所

①初心者やアマチュアには有効な養蜂具

②働き蜂にストレスを与えずに,手軽に蜂蜜が得られる。

③分離機,蜂蜜タンクなどの養蜂具を不要である。

④観察窓越しに,働き蜂の観察や貯蜜状況が安全に観察できる。

 

短所

①FlowHiveフル装備1式US約700ドル,送料約100ドル,関税代行約\6,500程と高額。日本円で8万円台後半となる。

②巣箱内の点検が遅れがちとなり,2群とも分封(分蜂)させてしまった。その際初心者では分封時の対応は難しいかもしれないだろう。また,分封群では,その時期により,採蜜が期待薄となる。

③内検がおろそかになりやすく,蜂群がダニ害,スムシ害など被害に遭いやすい。

④巣門開閉ができないので,スズメバチ襲来時や巣箱移動時に工夫が必要である。

 

 ”FlowHive”は,ミツバチ教室開催時や蜂蜜購入お客様の来園時に,大活躍してくれている優れものだ。

 

なお,”FlowHive”の詳細については,次のURLを参照されたい.

https://www.youtube.com/channel/UCoMaw-jngK_3KcYqb-9BVCA

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 6月末の相次ぐ降雨及び黒大豆苗定植のため、大幅に遅れていた第2養蜂場の養蜂作業がと昨日やっとできた。

 

 本来ならヒマワリ畑のはずが、なんとイネ科雑草だらけ。雑草に埋もれている巣箱さえあるひどい状態に腰を抜かしてしまった。作業内容は、①蜜枠取り出し、②継箱撤去、③ダニ駆除剤挿入だった。第2養蜂場の蜂群はいずれも強勢なので継箱撤去に躊躇してしまった。やはり6月中旬までに蜂群分割をすべきだった。今更悔やんでも後の祭りだ。

 

 持ち帰った蜜枠から100㎏以上の蜂蜜が採れることを期待したいが、それらを加えても今季採蜜量は600㎏程度に過ぎない。今季目標1,200㎏の半分程度に留まりそうだショボーン

 

 乏しい今季採蜜量では、レンゲ蜜は夏を越せそうもない、また,百花蜜は年を越せそうもないショボーン

 

(追記)昨日帰宅すると,1蜂群が分封したと妻から聞いた。幸い軒下にいる空き巣箱にそのまま入ってくれたので家族の手を煩わすことはなかった。ずいぶん利口な蜂たちだと褒めてやりたい。今朝早く,別の巣脾入り巣箱に分封群を移し替えてやったニコニコ

 

(追記2)第2養蜂場から持ち帰った蜜枠をトラックの荷台に今朝まで搭載していたところ,第1養蜂場の盗蜂どもがひしめいていた。今日のはちみつしぼりは窓を閉め切っての作業にならざるを得ない。この時期,盗蜂が多く困りものだ。

 

http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 多雨と異常高温のせいだろうか、出荷夏野菜がずいぶん寂しくなってきた。

 

 カボチャ、トウモロコシ、ズッキーニ、第1弾エダマメの収穫が相次ぎ終わってしまった。来週には第2弾エダマメ収穫が加わる見込みだが、ここしばらくは主役のオクラ頼みにならざるを得ない。今後3ヶ月間にわたり、朝夕2回の収穫作業が続くたくましいオクラ、実に頼もしい夏野菜だ。

オクラ株(2016.06.28撮影)

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 7月7日と8日の2日間、地元中学2年生の就業体験学習として、当農園で4人を受け入れている。初日は炎天下での野菜収穫作業もあり、さぞかし大変だったことだろう。受け入れに際しては、当然ながら家族総出での対応だ。

 

 この2日間実施の8つのプログラムは次のとおりである。

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 妻と息子のそれぞれが管理する畑併せて10a程のサトイモ。

 

 催促を繰り返してきた各除草作業がやっと終わったので、昨日管理機による土寄せ作業の助っ人をした。

 

 この後、株元に稲わらのマルチングするようにさらに奨励しよう。

 

 http://www.farmmiyazaki.net/ (農園HPへGO)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。