2010年03月27日(土)

ルッカは母親を救うべきか?

テーマ:ルッカ

-------------------------------------------------------------------------------
人間が生きものの生き死にを自由にしようなんて
おこがましいと思わんかね……………………
                                     本間丈太郎
-------------------------------------------------------------------------------

緑の夢。それは希望の夢。
そこにはルッカを導く、救いへのゲートオープン。

「ルッカはあるの? もどりたい、いっしゅんが?」
マールの問いに、ルッカは戸惑った。
「ううん……。なるべく考えないようにしているの」
答えはただ一つ。
私、母親を救いたいの。


ルッカの母親、ララには両足がなかった。
緑の夢は、ルッカを10年前へと導いた。
ララが両足を失った、あの忌まわしい一日へと。


"ルッカはあの日、母ララを救うべきだったのか?"


発明家である父タバンが不在の中、スカートの裾が機械に巻き込まれてしまった母ララ。
彼女を救うためには、急いでパスコードを入力しなければならない。
「機械なんて全然わかんない……でもいいの。
ルッカはふつうのおよめさんになるからカガクなんて知らなくていいんだもん!」
そんな幼きルッカには、パスコードの入力方法などわからなかった。


目の前で砕かれる母の両足、
そして、悲鳴──


そのとき、ルッカはふつうの女の子としての幸せを放棄した。
母を救えなかったのは、私が機械を知らなかったから。


それは、贖罪の人生が始まった日。


───────────────────────────────────────
ここに、ふつうの女の子になりたくて、ガルディア城を飛び出したマールと、
自らふつうの女の子を放棄したルッカとの対比が見られる。
カエルと魔王の復讐劇の対比に加え、シェイクスピアの戯曲さながらの人間模様。
これこそが、クロノ・トリガーを名作たらしめている要素だと思う。
───────────────────────────────────────


緑の夢により、あの日に戻ったルッカ。
パスコードは、父の最愛の人。
今の私にならできる。母を救える。


しかし、ここでララを救えないユーザーが続出したのだ。
スーパーファミコンのコントローラーには、RボタンとLボタンがある。
パスコードの「ララ」は、RARA?それともLALA?
迷うほどの時間は与えられていなかった。


"RとLの二者択一。これは果たして偶然か、必然か?"


ルッカが発明家を志した「トリガー」は、"あの日、ララを救えなかったから"だ。
あの日がなければ、彼女は発明家になってはいなかった。
時を駆けることも、ロボたちに出会うこともなかった。



私利のために、過去を変えることは、今を否定することだ。
戻りたい一瞬、人生はいつだってその連続なんだ。
彼らは、そして私たちも、そこから目を背けちゃいけないんだ。


だから、"ルッカは決して母親を救うべきじゃないんだ"。

制作者が用意した、RとLの運命の選択。
ユーザーは思う「RとLを間違えたせいで、"助けようとしたけど、助けられなかった"」と。
これこそが、制作者がユーザーに与えた究極のエクスキューズなのだ。

一方で、運良くララを助けた場合でも、
今のルッカの人生に何ら影響が生じない。
これこそが、制作者がユーザーに与えた、最大の偽善なのである。

緑の夢で私たちがとるべき行動とは、
"制作者が用意したRとLのトリックを自分への言い訳にして、ララを助けない"。
これが正解ではないか。

──────────────────────────────────────

千年祭最後の夜、タバンは両足のないララを祭へと連れ出す。
彼はララと生涯を共にするだろう。
誰よりもあの日を悔やんでいるのは、タバンなのだ。

彼は「戻りたい一瞬」へ行ったことがあるのではないか?
しかし、彼は今を受け入れた。そして未来を……。

緑の夢、そこに垣間見える、タバンの物語。

「パスコードは……我が最愛の人」
それは、これからもずっと君の名前なんだ、
ララ。




クロノ・クロニクル



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■無題

ララの足って動かない(自由がきかない・歩けない)程度かと思っていたのですが、
完全に切断されてるって描写どこかにありましたっけ?

9 ■ここは

救うべきでしょうねw
本間丈太郎の言葉に対して
ブラックジャックがどんな顔をして何を言ったか
よく考えてほしいとこです。

8 ■無題

10年ぶりぐらいにクロノトリガーをプレイしているのですが
この記事を見て、ルッカの気持ちを思い涙が出ました

クロノトリガーは昔から名作だと思っていましたが
緑の夢をそうゆう風に捉えられると
より一層ゲームに深みが増しますね

ルッカの辛い過去を清算してあげたくて
結局ララを助けちゃいましたけど・・・

7 ■ノーヒントで気付くかそんなもん

ララの表記がRなのかLなのか、そんなこと以前に
コントローラーのボタン名が対応しているという「トリック」に当時の私は全く気付きませんでした…
方々で当たり前のように語られるそれに、今でもモヤモヤを覚えます。私だけですねそうですねorz

私欲で過去を改竄すべきではない、ですか。
一理あると思うのですが、それを言い出すと他ならぬクロノの死も放置せざるを得ないんですよね…
いないと打倒ラヴォスが果たせなくなるわけでもなし…

6 ■無題

事故で肉親を失って初めて分かる気持ち
健在では想像もつかない感情
そんなものもあるのではないでしょうか。

それをゲームの中でだけやり直す
ゲームだからこそやり直す
現にクロトリは"救える"のですから。
救った場合、同じ様に肉親を失った人達が
何かを感じているのかも知れませんよ。
そういう考え方もあるのではないですか?

一方からのみの思考では頭が固くなる気がします。

5 ■無題

>>今のルッカの人生に何ら影響が生じない。

EDで立っていたような気が・・・?

そりゃ、科学者としての人生を変える事は無いにしても
影響はかなり大きいと思うなぁ。。。

4 ■Re:無題

●名無しさん
コメントありがとうございます。

なまなましい意見ですねw

3 ■無題

母の事故で発明家を目指したルッカ
母を助けてしまえば己の存在を否定してしまう。
むやみに過去を変える必要はあるのか…。
母は足が動かなくなっても生きているのだから…。

というのは建前で、本音はエンディングで座ってる母さんの方が好きだから助けない。
助けたら口うるさいババアになっちまった…。

2 ■無題

●ロッテンマイヤー riding ユキちゃん w/z having a カビたシロパンを切るナイフ(斬鉄剣のかわり)says アルプスね少女ハイジ物語を愚弄する者は許さんさん
魔王もカエルも、ロボも三賢者も、
もしかしたらベッケラーだって救えない過去を持ってるかもしれない中で、
特に自分が好きだったルッカだけが救われてしまうというのが、昔から何か納得できず、考察してみました。

>globeの大ファンなので
ほんと申し訳ないです…。

1 ■緑の夢のレス

先日、盆休みでこのイベントをプレイしました。

同情で救ってしまうのが、現状のルッカに対して申し訳ないと思わせられる文章でした。

マークフリーク野郎さんは、すごい見解の持ち主ですね。文学に傾倒されてることが、文面からわかります。

次回も楽しみにしてます。ちなみに、globeの大ファンなのでパクリだらけだった件も新作を熱望している一人です。頑張って下さい。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。