Mon, September 19, 2016

【christy. channel】映画『絶壁の上のトランペット』初日舞台挨拶&メッセージUP!

テーマ:TEENTOP

映画『絶壁の上のトランペット』

舞台挨拶模様と、

TEENTOPのL.Joeくんからのメッセージ

クリchUPしたのでcheck it!

 

↓↓↓Click↓↓↓

☆TEENTOPのL.Joeくんからのメッセージ

 

☆初日舞台挨拶模様

チャンネル登録してねっ音譜

↓↓↓Click↓↓↓

 

christy. channel

 

☆初日舞台挨拶模様

韓国トップアイドルTEENTOPのメンバーで俳優業にも活躍の場を広げているL.Joeと、日本アカデミー賞新人俳優賞など多数の受賞経験のある女優桜庭ななみが初共演した映画「絶壁の上のトランペット」。

 

沖縄・石垣島を舞台に繰り広げられる、女子大生と青年の神秘的な出会いからの恋模様、家族愛、命の重みなどが描かれた映画だ。

同作が917日(土)、ついに公開となった。

初日を迎え、主要キャストの桜庭ななみ、TEENTOP L.Joe、辰巳琢郎、久保田悠来とハン・サンヒ監督が東京・シネマート新宿にて行われた舞台挨拶に登壇した。

広い劇場は満席で立ち見が出るほどの大盛況、キャストたちは大きな歓声に迎えられた。

俳優一人ひとりが紹介されるとその度に客席から掛け声がかかり、会場は和気あいあいとした雰囲気に包まれた。

全身黒のスタイリッシュなファッションで登場したL.Joeは「こんにちは。ジオ役のL.Joeです。公開を迎えてワクワクしています。今日は来てくれて本当にありがとうございます」とあいさつした。

今回の作品でセリフがすべて日本語だったL.Joeは、外国語での演技について「当然のことながら難しかったです。とにかく何が何でも撮影の日まで日本語をしっかり覚えようという気持ちでした。それでなんとか撮影を無事に終えることができました」と振り返った。

また桜庭ななみはL.Joeから韓国語を教わったといい、そのうちの一つに「チョルリョヨ(韓国語で眠いですの意味)」を挙げた。

撮影現場で眠かったのかと聞かれるとL.Joeは「監督がハードなスケジュールを組んでくれたので…」と話し笑いを誘った。

これまで数々の作品に出演してきた辰巳琢郎は「日韓合作映画はこれが初めてでした。でも韓国語というとサランヘヨくらいしか知らないので()どうやって撮影するのかなと思っていたんです。でも、監督は日本語を話せますし、とても優しくて熱い方でした。撮影中なかなかOKが出なかったんですけど()、だけどその時間が嫌でなく、幸せな感じがありました」と笑顔を見せた。

 

桜庭ななみは「この映画が完成してとても幸せです。L.Joeさんもすごく一生懸命演じて下さって、演技で助けて下さった辰巳さん、久保田さんにもすごく感謝しています。短い時間の撮影期間でしたが、何よりこのような温かい作品を作ってくださった監督に感謝しています。温かいスタッフの皆さんに囲まれて撮影ができたので、このような作品ができたと思います。そんな温かい映画がたくさんの方に届くといいなと思います」と感慨深く語った。

最後にハン・サンヒ監督は「映画は一人ではなく皆で作るものです。これからもこの映画と俳優たちを応援してください」と締めくくった。

 

『絶壁の上のトランペット』

【物語】東京で写真を学ぶ女子大生だったアオイ(桜庭ななみ)は、心臓移植という大きな手術を受けた後、母・ミツコ(大塚寧々)とともに療養のため伯父・イチロウ(辰巳琢郎)が暮らす沖縄の小さな島を訪れる。そこでふと見上げた絶壁の上に、淋しげにトランペットを吹く青年(L.Joe)を見つけた。その青年ジオが営んでいるという食堂や秘密の海岸で楽しい時を過ごし急速に距離を縮めていく二人。祭りを前に、アオイとジオとの

神秘的な出会いが続く。トランペットのこと、イルカのこと、願いを叶えてくれる手紙のこと、家族のこと。そして祭りの最終日、突如心臓の痛みに襲われたアオイは再び命の危機を迎え…

 |  リブログ(0)

christy516さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>