弾丸日帰りでチャンピオンシップ観戦にいった江蘇省、溧陽、その2日後にまた日帰りで今回は指導者研修に参加してきました!


全国大会観戦の様子はコチラ → ☆☆


全国大会のあと、4日間に渡って指導者研修が開催されることは知っていまして、参加申し込みも検討してたんですが、なんせ月曜日から木曜日までの平日の開催で、平日はサラリーマンの私にとって4日間も有休を申請するのは難しく、、、今回は見送りにする予定だったのですが、


なんと、今回の研修にはスペシャルゲストで日本から講師を招いてチアとヒップホップのWORKSHOPをするという情報をゲット!

即座に1日の有給をゲットし、大会観戦から2日後、また始発の地下鉄にのり、上海から1日往復2便の高鉄がある江蘇省、溧陽へ再び参上してきました~


溧陽にある唯一の5星ホテルが会場でした。

{569BED8D-8E93-47E8-A184-F8F0E049878E}


日本からのスペシャルゲストの紹介です~


参加者のワクワクMAX!

参加者はみんなこの研修のために協会が作った黄色のTシャツを着ています。。

{10C2E66D-FBB3-4F64-BA6F-E02796402D91}


これは準備体操で、CCAのインストラクターが規定演技でウォーミングアップしてくれているところです。

この規定演技のだささに日本チームはおののいたことでしょう~

{BB33AED7-7965-4EB9-A57D-87982F75D66E}


日中インスタラクターの即興コラボ演技、

さすがトップクラスのチアリーダーでのタッグ、息もばっちりです!

{9C3C712B-B55D-4CCA-9BF2-6033D9C414EB}


WORKSSHOPが終わってちゃっかり私も日中インストラクターと記念写真☆

{00589A24-6CF0-4D5C-BC02-57E1F25D6BF2}

最後に参加者全員で記念撮影。

どんだけおんの~!?

{63903A9F-431F-47A7-A2ED-DC07C0F2AC37}



申し込みしていないのですが、CCA(中国チアリーディング協会)の先生に直接1日だけの講習参加の許可をいただき、なんと、参加費も免除で日本からはるばるこんな田舎にやってきてくれたチアリーダーのみなさんとお会いすることができ、チアダンスのWORKSHOPに参加することができました。


WORKSHOPはインストラクターは日本語で、そして中国人の通訳の方の同時通訳があるわけなんですが、通訳の先生はチアやダンスの知識はまったくないわけで、参加している人達にうまく伝わらない部分もあったり、同じスキルでもスタイルが違う部分に教わるほう、教えるほうが戸惑うところがあったりするのをみて、

日本と中国の人が同時に参加するこんな場所で、私が流暢な中国語で同時通訳ができれば、中国と日本のチアの違いももっと理解できていれば、そういう部分をうまくフォローできて、もっと奥の深い内容にできるんだなぁ、と思いました。


1日だけの参加だったけれど、WORKSHOPに参加できただけでなく、

CCAの先生方とも、日本からきてくださった先生、インストラクターの方ともお話をすることができて、

弾丸でもいってよかったです。


好きなことを学べるチャンスがあること、ありがたいことだし、

そしてフットワーク軽くいつでも弾丸でも飛んでいける自分でいたいと思いました。



4日間の研修中、参加者たちは理論、筆記試験、実技試験の準備のため、ほぼ徹夜で4日間をすごしたそうです。。。


みんなすごい!!


中国指導者たちのチアにかける熱さも半端ないです。



刺激をたくさんもらった弾丸研修参加の旅でした!


高鉄でしっかり睡眠を補おうと思っていたのに、興奮で寝られませんでした~


私も頑張れ!


弾丸日帰りに同行してくれたえりちゃんありがと~。

{CAE16B12-BCAC-43C9-95A9-C89FE21A8B3D}

AD

5時半に自宅を出発、7時すぎの高鉄(新幹線)にのって、江蘇省、溧陽に中国チアリーディング協会(CCA)が主催する2016年錦標賽(チャンピオンシップ)を観戦しにいってきました。


開会式の様子です。

{82D696A3-523F-4E18-9423-EAF3B35404C5}


1年かけて各地で開催される地方大会で好成績を収めた学校が一同に集まるのが錦標賽(チャンピオンシップ)で、年々中国チアのレベルアップを目の当りにできるので、大会は3日間の開催ですが、お休みのとれる1日だけでも弾丸日帰りで観戦にでかけました。


昨年と会場の名前が変わっていたので場所が変わったのかと思っていましたが、

体育館の名前が変わっていただけでした~

{72BEEA8F-1E53-4D8E-8C6E-92160083A593}



外はしとしとと雨で涼しい日だったのですが、会場の中は熱気がすごい!


この日私が観戦できたのは、、、



ポン部門規定演技中学生の部

ヒップホップ部門規定演技中学生の部

自由ダンスの部

ヒップホップ自由演技中学生の部

チアリーディング規定演技中学生の部


{F1828423-1490-463B-A92E-DBA65D445991}


日本と中国で大会の雰囲気も演技の内容もずいぶん違うのですが、

一番の違いは

中国の大会はチアの大会で活躍するメンズが多いこと!

{BA2808B7-035F-4A7D-8740-30DF271C2D9C}

あー男の子が女の子を持ち上げてるんでしょ?

もちろんチアリーディング部門でも日本より全然メンズが活躍していますが、


ポンを持って華麗に踊るメンズの姿は日本の大会ではほぼみかけないのではないでしょうか?


センターでばっちり引き締めてるセンターチア男子の姿だって珍しくないです。


チアって、女子と男子が同じ舞台同じチームで仲間として競える数少ないスポーツの一つだと思うのですが、日本では、チアは女の子のスポーツみたいな認識になっているのが、残念なような気もします。


今年1月に協会が発表した規定演技でさっそく出場しているチームもあり、規定演技ですが、おぉ!と観客を驚かせるようなアレンジがあったり、ここ数年で、ルールの統一や、協会のチア普及活動の成果もみられますが、やっぱり


自由!!



固定概念のない、囚われていない発想が私にとってはとても新鮮です。

{7CBD4B27-435F-4315-B3C1-5616FF16050F}



自由ダンスは衣装も個性的で、ヒップホップとジャズとラテンと民族ダンスに融合でした!

{AFD46E69-8EF6-46B2-A430-83A660A9CB78}



個人スキルもどんどん進歩しています。



そしてチームのメンバーが身長や体系がまるでそっくりというのも、人数の多い中国だから成せる技ですね~



大会の全ての演技をみることはできなかったけれど、感じることの多い大会でした。

弾丸日帰りでもこれてよかった~




今シーズンは協会が海外の大会への出場を斡旋、奨励したこともあって、アメリカでの大会に出場したチームも複数ありました。


チアの本場アメリカの舞台を踏んだチームは、待機しているときからオーラを感じさせるほど自信満々な様子で、演技もさすがの内容でした。

ビデオを撮ったので写真はなしでごめんなさーい。


7月にはチャイナオープンがあります。

今年は海外から招待されたチームとよい勝負をする国内のチームがでてくるかもしれませんね。



できるかぎり大会観戦していきまーす!

{F5657B26-0F06-486E-97D8-7EFDA68E2293}

AD

ただいまはりきってテスト運営中、開園の6月16日まであと1ヶ月をきった昨日、

上海市政府が記者会見をして、市民のみなさんにディズニー運営に関するハテナにお答えしたよ、

という記事が昨日の地下鉄新聞の裏表紙でした。


上海ディズニー時代報


それによるとですね。


<チケット>

○6月16日開園から2週間のチケットは全て完売

○現在9月30日までのチケットを発売中で、7月8月9月のチケットはまだあります


<アトラクション>

○香草園はすでに見所で5月23日から開園

○マーケットの反応をみてディズニー2期プロジェクトを進めます


<改善点>

○テスト運営でわかった4カテゴリー100以上の課題を改善します

○4カテゴリーとは

交通、安全と総合運営レベルのアップ、異なる特殊日に異なる誘致法等


<消費>

○上海ディズニーはすべてのゲストに対して開園し、ゲスト収入によって区分けしない

○ディズニーワールド内、例えばディズニータウンなどの地域はチケットなしで遊ぶことができる


<飲食>

○園ではゲストに密封された食品の持ち込みを許可しており、園内には無料のウォーターサーバーがある

○様々なゲストの様々な要求によって、多くのレストランチョイスを提供する



人民のために、頑張ってるよ!ってことのようです。



上海ディズニー時代報



テスト運営で5/18までにすでに96万人が上海ディズニーランドを訪れたそうで巷でも上海ディズニーのいろいろな情報が飛び交っています。

予想はしていたけど、園内のそこらへんで食べ物が散らかってたり、子供に用を足させたり、高くて残念なレストランメニューや、粗雑なデイズにーグッズ、他の駅とかわらず全然ワクワクしないディズニーステーションなどなど、がっかりな情報が多い多い。。。


なぜディズニーランドなのに、中国人民の醜態をさらした上海万博のときのような反応がとびかっているのか、いや上海万博のときよりもディズニーという世界ブランドに期待していた分がっかり感が増しているような気がする。。

ディズニーなのに、市政府が記者会見するっていうのも中国だからなのかなぁ~



テスト運営遊びにいった人の話も9割がつっこみだけど、スタッフはニコニコしているとかも聞きました。


香港ディズニーができた時も、サービスがなってないとかいろいろ言われたけど、そのゆるい感じがいい、っていう人もいるし。


上海ディズニーは上海独自の夢の国への道を模索してるんだと思います。


いろんなことがめちゃくちゃになることは簡単に予想できる大陸中国に、「うん、そこにつくっちゃっていいよ!」っていえるディズニーのブランドへの自信というか懐の大きさを感じます。



今日の朝、団地のゴミ捨て場に行ったら、これまたありえない値段だとバッシングされていたディズニーランドポップコーンの紙の入れ物が捨ててありました。

高くても夢の国だとお金だしちゃうんだよね、きっと。


ご近所通のえりちゃんが、うちの団地にもディズニーで働いているご近所さんがいらっしゃるようで、ディズニー行きたいときは教えてね、といってくれてるそう。

(こちらだとチケットも内部販売で8割くらいさばかれてそうだね)



これはセントラルにあるアジア最大??のディズニーストア。の前にある時計。

{941BE134-22D3-464D-A1CC-DF15CF96E84F:01}


30分に一度、スモールワールドが流れるんですが、スモールワールドが聞こえると一気に夢の国にワープしてしまいますね。


すごい、ディズニーパワー!!



頑張れ上海ディズニー!!




i時代報はこちらからPDF読めます~

http://newspaper.jfdaily.com/isdb/html/2016-05/20/node_2.htm



上海ディズニーのがっかりなレストランレポ

がっかりしたくない人は開かないことをオススメします

http://news.sohu.com/20160511/n448804042.shtml

AD