相変わらず TESL のお話です。

日本じゃほんとこれ流行ってない感じなので、需要もなさそうなのがなんともですけど。

 

で、今回のお話しはレアリティレジェンドのお話し。

 

各色を使う上で非常に有用なカード

 

■ 各色で非常に採用率の高いレジェ

Reive, Blademaster : 赤
Daggerfall Mage : 青
Ungolim the Listener : 緑

色々悩んだけど、デッキがコントロールならほぼ採用されるレジェもあるし、全般的にってのは
本当にあるの?ってレベルだけど上のカードは大体見る感じ。
青の Daggerfall Mage は本当に採用率の高いカードだけど、非 unique 故に3枚積みなデッキが多いから、真似するのは悩むよなー・・・

■ デッキによるけど採用率の高いレジェ
Relentless Raider : 赤 aggro 系
Blood Dragon : 赤 midrange 系
Vigilant Giant : 赤 control
Supreme Atromancer : 青 combo/control
Dawnbreaker : 黄 色々
Haafingar Marauder : 黄 aggro/midrange
Dawn's Wrath : 黄 control
Miraak, Dragonborn : 黄 control
Tazkad the Packmaster : 緑 色々
Nahagliiv : 紫 色々
Blood Magic Lord : 紫 control

これもかなり偏った考えになる。Lucien Lachance という紫にあるレジェも非常に強いカードがあるのだけど、これは評価がとても難しくオススメできるかもなんとも言えないところ。

このゲームのデッキ作成に関しては人によって好みなり、意見があって、TESL新人が使えば絶対勝率あがります!っていうのもなく推奨カードの選定が難しいんですよね・・・

Bloobdragon という赤の 5 5/7 でレーンとガード無視して殴れるという非常に強いカードがあるんですが、これを奨めておいたらいいかというとうーん。という感じです。

自分も1枚持っているんですが、デッキへの採用率はそれほど高くなくどっちかというと4マナの 4 7/4 で cover (シャドウレーンの隠れ)ができないというカードの方が採用率高いです。
この辺は好みなんだろうなと思いますが。Reiveに関してはオススメですね。

とりあえず作成した方がいいカードっつーのは、全部の色なりをいじって気に入った色の有用カードを採用していく形がいいのかなと思います。

自分の場合のデッキ使用遷移はこんな感じ

緑白(mid) -> 青緑(action) -> 赤紫(mid) -> 赤紫(aggro) -> 赤緑(aggro) 

まぁ流行りの時期や当時のカード事情も違いますが、昔のこと思い出すと1枚のレジェ作るより、epic 3枚作った方がデッキは強くなったような気がしています
AD

The Elder Scrolls:Legends 3月

テーマ:

意外にも、この Blog にTESL関連ページとして、閲覧する人がいると聞いてびっくりしました。

もうちょい更新頻度上げないとですね。

 

さて、TESLのお話ですが、3月は特にカードの nerf もなく、1,2,3 と似たようなメタになってた気がします。特に アイテムソーサラーあたりが強いと感じましたが、どのデッキも

常勝し続けられるものではないので、バランスはいいのではないかと思います。

 

私は赤紫のウォリ祭りから、以下のようなチャージをぶちこんだデッキでどこまでいけるか

試してみたところ、レジェンド到達までいけました。

 

月末までは #100 以内だったんですが、月末に 100 以下になってムキになったところ、#165 くらいでフィニッシュとなりました。

 

すでに指摘は受けていたのですが、 3 2/2 ドレインチャージやら Viper あたりは場面を選ぶケースが多く、これに6枚割いているのが、逆に負けるケースになったもの事実であるものの、ミミック抜いたらこのデッキのコンセプトもおかしくなるしな・・・と悩ましいところでした。

 

シーズンの終わり以外はぼちぼちは勝てていたんですが、見直せばもう少し伸びる可能性があるのかもしれません。

 

 

で、あと数日で新カードが来るので、だいぶ楽しみですね。

 

青のカードは全部詳細が出ましたが、赤は4枚ほどまだ未公開なので面白いカードがくればなーと思っています。

 

 

AD

The Elder Scrolls:Legends 2月分の話とか

テーマ:

気づいたら3月とかあっという間で・・・

 

数年続けていた nightbanes というカードゲームが終了になり、デイリーやらギルドのクエストをやる時間に余裕ができたものの、やっているのは TESL の gem 稼ぎです。

 

Eternal card game という TESL と開発が同じところのゲームも、ある程度デッキがもらえるまでデイリーを回していたんですが、何もしないでターン送りやらリソース足りないからなにもできないで、一方的に殴られて死亡みたいなケースが多く、自分はTESLの方が楽しいなぁと感じました。

 

MTG系列ってそもそもそういうゲームだったのかもしれんけど、しばらくああいうのやらないうちに思想なり楽しめるものが変わってきたのかなぁ。

 

 

で、TESLは確か8月だかから始めているので、ざっくり半年くらいですが毎月メタが変わるので、不思議と飽きずに遊べるし、作りたいデッキも1,2週間デイリーでジェム稼いでいれば余裕で作れるという無課金にも優しい、いいゲームだと思います。

 

で、そのTESLのお話し。

 

2月は中旬にランク上げておかなかったせいで、下旬に駆け込みでレジェンドまでいきました。

確か orc 系のデッキだったような。

 

 

所々変えた気もするけど、こんなんだった気がする。

 

あれ、Card の Nerf 入ったのは1月だったから、1月中旬から今に至るまでは、月次報酬以外のカードの強さは変わっていないのか。

 

上のデッキ CastOut(Prophecy付きで1体を手札に戻す)2枚も入ってるけど、自分このカードよく使いこなせないんだよなぁ・・・

 

Mummifyっていう3マナProphecy の1体を 2/2 のバニラユニットにするっていうカードも使いこなせない。

 

デッキサイト見ると、割と上2枚のカードは入っているけど、本当は良いものなのに気付けていないのなら、色々損だよね。考え方が Aggro脳だからああいうカードはガード持ちを戻して顔面狙うという発想にしか行き着かないからいかんのだろな。

 

 

AD