the Elder Scrolls:Legends 2018 4月

テーマ:

TESL 4月の部です。

 

4月の序旬にこのゲーム的には環境を大きく変える3色デッキという仕組みと、新カードが100枚以上実装されました。

 

私も3色組もうとしましたが、75枚の壁は中々高くまわるデッキを試行錯誤できなくて、結局昔作ったソサデッキに

何枚か新カードをぶち込んでレジェまで上げました。

 

 

↑のデッキの狙いとしては、3色環境というのはミッド、コントロールが多い環境なので、それを先にぶち抜けるということや

比較的安いサイレンス、ワードを使った盤面維持や最後のダメ押しにライトニングやらアンカノ、骨コロで締め上げというのが

刺さりやすい気がしました。

 

そして、新カードやらの実装によって、Nix-Oxってのと mantikora が nerf されました。

Nix-Ox コンボというのが、

Nix-OXを出す -> ドッペルなりで nix をコピーするなりNixをまた出す -> Ulfric's Uprising(場全部の summon を再起動) 

これでマナが12点返ってくるので、これで云々するんですが、ここに Laaneth がいると、 Ulfric's Uprising を再度手札に持ってこれます。

で、Laanethをドッペルできたり therana混ぜたりなんだかんだすると、1回のターンでできる行動数がアホみたいなことになるという

ものになります。

 

ゲームバランス壊すほど環境を破壊したのかというと、そうでもないものの、食らった側からするとこれといった対策も無く

アグロ以外は、相手のソリティアをひたすら見せられてなんとも言えない気分になるという点から非常に評判が悪かったようです。

 

それにより、1回のNixOxの回復マジカ量が6から5になりました。

まだコンボ自体は可能ですが、前と同じ速度ではできないので、開発側はこれで様子を見ているようです。

 

Mantikoraに関しては2回目の Nerf ですがコミュニティではかなりの反応があるみたいです。

これが良いという意見が多いのか、おかしいでしょという意見が多いのかは分かりませんが、Guardの無い Manti はかなりの

脅威力を失ったと思います。

 

コントロールはあいつで後半盤面の取り返し兼自分の顔防御をしていたわけですから、その片方の能力が消えたらそらきついわなと

 

おそらく原因としては、青黄紫のコントロールが一時期完璧に強いみたいな話があったんで、それの対策としたようですが果たしてどうなんでしょうかね。

 

まぁ、私は Aggro な人なんでコントロール相手やりやすいならそれはありがたいことですが。

 

なかなかまとまった時間が取れないですが、アサシンでアクション沢山打つようなデッキが組みたいなと思いつつ、まだTESL続けています。

気づいたら年が明けていましたね。

 

TESLは続けていましたが、レジェンド到達をしない月が2月と3月にありました。

ランク4維持で毎月の開始はランク5になるようにはしていましたが・・・

 

さて、1月から3月末にかけて TESL で起きたことといえば、十数枚のカードが実装されました。

 

内容としては各色カードに1枚と、無色カードに複数枚という感じでデッキに含める同種カードを1枚差しにすることで効果がでるというものでしたが、デッキ枚数最低50枚のこのゲームでは、なかなか上位に入るランクの強いデッキってのは出てこなかったみたいですね。

 

 

あと他にあったこととしては、下記のカードによるコントロールデッキの遷移

 

 

 

右のカードは nerf 後なんですが、nerf 前は +5/+5 しつつ、コストも5下げるという効果がついていたので、左のカードで7コス以下のカードが場に帰ってきていたのでした。

 

右のカード自体が実装されたのは、Skyrimパックなので、2017年の6月末くらいだと思いますが、その間は割とネタカードだったのですが、左のカードの実装で一気に注目を浴びた感じですね。

 

このコンボが強いかどうかというよりは、TESLのコントロール同士の戦いは割と不毛というか、お互い殴らずに後半に高ステータスのカードで殴り合いみたいなところがあるので、コントロール対決になると、ほぼこのカード握ってた方が勝つという流れになることに反感を感じるユーザが増えていたようです。

 

勝率云々的にはそうでもないようですが、ユーザ側の反発でこのゲームは何度もカードの nerf をしてきました。

 

記憶しているだけでもこんな感じ。

 

- 青 6 5/5 のデッキ全部のクリーチャー全部にキーワードを与えるというカードを大幅nerf

- 白 6 4/4 のデッキ全部のクリーチャー全部に +2/+2 与えるというカードを +1/+1 に修正

- ランプスカウトの肝だったランプ系カード数枚のnerf

 

配信とかランキングで有名なプレイヤーが「とりあえず様子みるけど、次帰ってきて環境変わってなかったらたぶんこのゲーム辞めるわ」みたいなスレが Reddit に立つと大体何かしらの修正入ってるイメージがあります。

 

そんな感じの修正は入ったのですが、正直3月末時点でも年末と1月末の時点でそんな差を感じなかったんですよね。

2月3月はほとんどプレイできていないんで語ることはできないんですが・・・

 

そんな感じですが、実装されたカードの中でこいつが一番使用頻度高いですね。

とりあえずぶちこんでる感です。ライトニングで死なないのが良い

 

the Elder Scrolls:Legends 2017 12月

テーマ:

誰も読んでいないと思っていたこのブログですが、最低1人はいることに気付かされたので書きます!

 

11月末にTESLに新カードが来ました。

ざっくり書くと

 

- アセンブル能力の追加

場に出たときに +1/0 とかリーサルとかガードとかの能力を選択して、以降のアセンブルクリーチャーが場に出たときもその能力は継続されるというもので、終盤は低コス高スタッツで盤面を有利にしていくタイプ

 

当然みかけはしたものの、序盤に2コス3コスを引けるのかが肝になるので、コントロール寄りのデッキで有効性を掴めるようです。

 

自分はさっぱり使ってないのでわかりませんが、ラダー回した感じでも出会う頻度はそんなに多くないと感じました。

 

- トレジャーハント

この能力を持ったクリーチャーが場にいると、自ターンのドローのたびに判定が入って、トレハンの内容と一致したカードをドローした場合に色んな効果を得られるというもの。

 

色んなデッキを皆試していたみたいですが、脅威に感じるレベルのデッキは今のところ無い感じ。

 

■ 各色が得たもの

 

色々異論はあると思いますが、個人的に利用率の高く感じるものから。

 

赤については赤レジェが使いやすいとは思いますが、カードが揃っている面子があえて入れるかというと悩ましいかなぁ・・・。でも採用ラインですかね。

 

青はこいつかな

 

同名に3ダメージというのは結構採用されているみたいです。

マミー化のカードが増えたので、それでコンボする人もいる模様

 

 

黄色はこいつ

ミッドレンジとかでよく見る感。

 

とにかく固いし今までの黄色タイガー君よりも早く出てきて打点が5

 

緑はこいつ

 

6 4/4 のPilfer君はあんま採用されませんが、こいつは良く見ます。

やっぱHP5ってのはライトニング対象外になるからでかいな。

 

紫はすまんけど3枚ね

 

 

一番左のやつは、海外のフォーラム見る限り今回のセットで一番評価が高い。

実際使ってみたけど、強化カード引けたときのアドがヤバイのとステータスとコストは平均値なので全く腐らない。

2枚目のカードはミッドレンジやらコントロールでよく見る感じ。決め手の1個を潰すのやら、上の段で書いた同名カードコンボやらとかとにかく色んな所で見る。

一番右のやつは、色んな所で見る。

 

黄色に 2 2/3 ガードってのがいるけど、色が変わるだけでこうもなるか・・・という感じ。

 

無色はこの2枚

 

左はステータスは標準値超え + 全種族持ちという可能性の塊。

orc でもあり dragon でもあり goblin でもあるわけですよ。

 

右のやつはどこでも見かけますね。

フィールドレーン空っぽの状態の時に置かれると次の対応を制限されるので本当に厄介ですね。

 

で、こいつらが出てきたことで環境が変わったのかというと、ぶっちゃけ新カードでは環境は変わっていないと思いました。

 

変わったのは、このタイミングで入った Nerfによるものです。

 

というのも、10月、11月ではスカウトとクルセイダーアーチャーが強い環境であったため、そのキーカードとなった、ランプ系カード、小物全体の火力を上げるサポートカード、初心者殺しのレイジというカードが Nerf を受けました。

 

そこまでラダーを回していないので把握はできていませんが、それでもアーチャーはまだ見かける気はしますが、ラッシュクルセは少し減った感でしょうか。

 

さて、12月末にかけこみラダーをやりましたが、#700くらいから#200くらいまでで終わってしまいました。

 

 

 

Aldraさんは途中で抜いた気がします。

 

所々2枚積みのカードがあるんで迷いが見えますね。

 

そんな感じの12月でした。