1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2004年11月30日(火) 22時43分11秒

ポルテ

テーマ:インプレッション
チョロチョロ走るキュートなミニカー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。

今月最後の記事は新発売のポルテ。フランス語で「扉」を意味するporteの語源通り、助手席のドアが特徴ある構造をしています。助手席から後ろの席までスライドドアで開閉してしまうのだ。天井も高く歩いて移動できる空間もある。
このチョロQではその特異なスライドドアとトールボーイなスタイリングをかわいいデフォルメで凝縮しブルーメタリックの塗装で上品に仕上げている。
このスライドドア開閉アクションは RG-02 エスティマに続く第2弾。エスティマも内装まで再現していたこともあり、ポルテでも運転席などを同様に別パーツで表現している。
このギミックの秀逸なのは写真をご覧いただくように隙間なくドアが収まるところ。パチンときまる指に伝わる感触も楽しいギミックだ。

リアルギミックシリーズも15作を迎えました。
ここでちょっとおさらいして今まで発売されたものをリストアップしてみます。
「リアルギミックチョロQ」
1 R34GT-R
2 エスティマ
3 コンフォートパトカー
4 アウディTT
5 トレノ
6 スカイラインVAN
7 R34GT-Rパトカー
8 サニートラック
9 サニトラ サーファー
10 スカイランバン 日産サービスカー
11 サニトラムーンアイズ
12 スカイラインGT-B
13 サニトラ灯油
14 スカイライン GT-R(R32)
15 トヨタ ポルテ

来年あたり ボンネット開閉ギミックで「ハコスカ」なんかでそうですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年11月29日(月) 11時46分13秒

ミニミニチョロQ

テーマ:インプレッション
チョロチョロ走るキュートなミニカー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。

さて本日登場のセブンイレブン限定 ミニミニチョロQをさっそくインプレッションします。

147円のペットボトルにチョロQがオマケでついてくる!
とってもうれしい企画です。
種類は全9種で ヴィッツのみ営業車。他はカタログカラーになっています。
裏の刻印を見ると(C)TAKARA TME PAPAGINOとなっているとおり、金型はフラッシュストラップでおなじみのパパジーノ12型から9種をチョイス。
http://www.takara-me.co.jp/goods/index.html
エンジンはちびっこチョロQ、ミニチョロQと同じ SEIKOKEN C-2901を採用しています。
材質の関係からかしょぼい感じを受けますがテールライトもきちんと彩色されていたりオマケにしてはなかなかよく出来ています。
コインホルダーにはチョロQ25周年ロゴマークがタンポ印刷されており、ミニチョロQと違ってチョロQとはっきりわかるのもポイントです。
取り扱い注意事項としては成形カラーのボディに窓は彩色されていますので特にフロントガラスは傷がつきやすいので気をつけましょう。

選べるドリンクは お茶、清涼飲料水、コーヒーとバラエティに富んでいますので気に入る車種がでるまでトライしてみましょう。シークレットは特にないようです。
袋の中は シャシー側のみプラでかぶせているだけなので、あまりお薦めしませんが盲Qをすることも可能です。スカイラインならリアのウイングに特徴があるのですぐ発見できるでしょう。キューブはリアが絶壁、エスティマは屋根が大きいなど車種毎の特徴を捉えて探すことができると思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2004年11月28日(日) 22時54分44秒

ニスモフェスティバル

テーマ:イベント
チョロチョロ走るキュートなミニカー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。

本日は行って参りました!ニスモフェスティバル。
岡山のTIサーキットで開催。同日鈴鹿ではトヨタフェスティバルも開催!週をわけてくれるといいのにネ。
さてゲットしたチョロQは写真の5種。カルソニックチームIMPULの先行販売品、イベント限定品の#1&#3。そしてスタンプラリーで入手できるテストカーです。

限定品は昨年は1人2個と個数制限がありましたが、今年はなかったため早く並ぶ努力をした人は購入しやすいようになっていました。先着100名には整理券も配られて列に並ばなくても良い配慮はうれしいですね。チョロQの場合6000個以上あるので早々売り切れないので安心です。
スタンプラリーのテストカーは1人2個の個数制限があり8:00にカードの販売が開始され10;00くらいには終了してしまったようです。個数が少なかったのかな?並んだ人の人数を考えると1000個くらいのように感じました。

テストカーは艶消しブラックで精悍なフォルムにマッチしてかっこいい作りです。
なんとなくリッジれーサーのゴキブリカーを連想しちゃいますが。
スタンプラリーは初の試みでオールカラーのラリーノートにはNISMOの歴史が歴代のマシンと写真解説入りで紹介されている楽しいつくり。スタンプも歴代ロゴを押すようになっていて面白い趣向でした。TIは狭いのでレースも観戦しながらスタンプラリーもできるのがいいですね。また来年もあったらやって欲しい企画です。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年11月27日(土) 09時22分50秒

セレナ

テーマ:インプレッション
もう1つの新スタンダードのセレナ。

こちらも既にディーラー特注仕様でチョロQになっており、スタンダード化された1台。
写真はカレスト座間特注仕様との比較。このディーラー特注型はグレー&クリアの仕様でニッサンのディーラーで配布されたのが始まりで、コムサ・デ・モードチョロQの淡い水色。カーメイトの白、そして写真の茶色で合計5種が存在する。最初の配布仕様にはパッケージが緑と赤の2種あった。

スタンダードのセレナではニッサンのエムブレムなど細部までフロントがリアルに再現されているなどデザインも洗練されている。シエンタと違ってテールも彩色されている点もポイントだ。
12月はスタンダードの発売がなくなってしまったがまた来年の展開に期待したいですネ。
みなさんの予測は何がでると思いますか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年11月27日(土) 09時01分04秒

シエンタ

テーマ:インプレッション
チョロチョロ走るキュートなミニカー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。

本日は第4土曜日チョロQの発売日。ということでさっそく発売されたばかりのスタンダードチョロQについてレビュー。

三菱ランサーエボリューションIII、モビリオに変わり、各社の今までなかったクラスのミニバンが補填された印象を受ける今回のファミリーカー2種。
トヨタ シエンタは改廃となったモビリオクラス。ニッサン セレナはステップワゴンクラスのミニバンだ。
写真はスタンダードチョロQとネッツチョロQの比較。
今まではネッツQというとしょぼい印象を受け、スタンダードの方が良い出来栄えだったのが通例だったのだが、今回はちょっと肩透かしを喰らった感じ。
デフォルメは特徴を捉えて大きなライトでチョロQらしいかわいらしさをもつスタンダードだがイエロー1色だけの塗装がちょっと残念。窓はステップワゴンなどと同様スモーク仕様となっているので実質2色は塗られているのだがせめてテールランプは塗って欲しかったかな?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年11月26日(金) 21時46分58秒

チョロバイ HONDAジャイロX

テーマ:インプレッション
チョロチョロ走るキュートなミニカー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。

明日は毎月チョロQの発売される第4土曜日ということで前日の金曜日には玩具店で新作チョロQを手にすることができるところも多いだろう。
今月は先週の超リアル仕上げシリーズに加え、スタンダード、チョロバイ各2車種、こだわり仕上げ、リアルギミックチョロQと全てのシリーズが製品化され豊作な月だ。

今日紹介するのは チョロバイ HONDAジャイロX は

なんと

プルバックゼンマイで走るチョロバイ


通常チョロバイはフリクションで走行するのだが初めてゼンマイが仕込まれたのだ。
エンジンはちびっこチョロQのものに似ているが今回のチョロバイの方が若干小さい感じを受ける。ギア比もちびっこチョロQは瞬発力が高いのに対し、ゆっくり回転している。
分解にトライしたが外すためには3本のネジ以外に荷台とフロントバケットの接着部を破壊する必要があるようで断念した。
出来栄えはフルタンポ印刷でHONDAの小さなロゴまで再現されたこだわりの作り。
普段チョロバイを購入しない人も一度手にとってみて欲しい一台だ。

プルバックゼンマイで走るチョロバイはかつてエキサイトライダーというチョロバイの2倍くらい大きなシリーズがあったがそれは2輪走行を実現していた。今後ゼンマイのダウンサイジングが進みプルバックで走る2輪のチョロバイが登場するかもしれない!?
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2004年11月25日(木) 20時54分32秒

メルセデス ベンツ

テーマ:新製品情報
チョロチョロ走るキュートなミニカー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。

9月のニュービートルに続き

正式版権の外国車チョロQ

が登場!
日本の場合デフォルメ文化は受け入れられるというか好まれる方なのだが
アメリカやヨーロッパでは抵抗感があるらしくデフォルメされたミニカーに好意的でない。とくにフェラーリやランボルギーニなどは実車のその形が完成された美しさであり、デフォルメするなんてトンでもないというお話なのである。
そんななかでメルセデスベンツの正式版権獲得は快挙である。
ミニカーの版権は1993年頃まではうるさくなかったのでそれまではフェラーリ512BBiとか特に了承も得ず使うことができたためA品番は外車のチョロQが数多く存在する。44種/92種と実に半数近くが外車だったのだ。
ちょっと前まで発売されていたHG-80 SLKは「メルセデスベンツ SLK」ではなく「チョロQSLK」という商品名で発売されていた。このときは版権が得られなかったのである。
初心者の方のためにちょっと説明すると マメダッシュ-A品番-HG(ハイグレード)-STDというのが通常のスタンダードなチョロQのシリーズ名称変更の流れになります。
詳しくは書店で講談社刊「チョロQ1000」をご覧ください。

メルセデスベンツ。従来の外国車シリーズと異なり単品販売があるので好きな色を選ぶことができる。全てを購入するだけがコレクションではないので気に入った色をチョイスする楽しみと考えると豊富なカラーバリエーションはうれしい。

しかも今回は一気に3クラス誕生!
バリオルーフ開閉のSLクラス。ゲレンデヴァーゲンの別名を持つクロカン Gクラス。そしてコンパクトにまとまったセダンモデルのCクラス。

SLクラスだけはいつもの缶入りケースもあるので1ヶ月後に控えたクリスマスプレゼントにも喜ばれるんじゃないかと思います。

価格は1個997円(税込み)ながら、メッキパーツを多用したリアルな作り。細部まで作りこまれた造形は高級感ある仕上がりだ。
いずれも特徴を捉えた作りで今年最後の至高の新金型チョロQになるんじゃないかな?

このチョロQについての詳細はこちらをご覧ください。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2004年11月24日(水) 21時51分58秒

ロットによる違い インプレッサ

テーマ:絶版考察
チョロチョロ走るキュートなミニカー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。

昨日に続いてちょっとしたスタンダードの違いを取り上げてみます。
今日は 最近怒涛のバリエーション展開を見せるインプレッサ。そのファーストチョロQモデルとなったSTD57。

写真をご覧ください。
窓に注目です。左はエンジンが見えないくらい塗装されていますが、右は薄いスモークになっています。
現在発売されているインプレッサは左に近い感じですが、初期のロットにはあきらかにまっ黒のものと薄い仕様があったのです。右が最初のロットになりますので濃い仕様はマイナーチェンジと呼べるかもしれません。

他にも色が明らかに違うチョロQがあります。
有名なのが 絶版のHG38SLKイエロー
初期の艶消しイエローから光沢のあるイエローに変更になっています。
他にも STD50 R34GT-R。
ベイサイドブルーの深い青が通常のブルーに近い感じでまったくの別色の感じをうけるもの、廃盤になったSTD34 S30Zも色の濃さで違いがあります。
現在発売されているチョロQの中でもっともロングセラーのSTD12カルソニックスカイラインも初期はクリアコーティングされているなど細かい違いがあります。
ほかにも成形ボディもクリアに近いものから濃いスモークとなっていたりと微妙な違いが存在するチョロQもあります。

ここで注目となるのは

ファーストロットだけの違いが存在する

可能性がある!ということです。

後で買えばいいかな?といって買い漏らしのないようにコレクションしたいですネ♪

掲示板で話題となったランエボVIIは果たしてどこが違うのでしょう?
正解がわかった人はコメントお願いします♪
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2004年11月23日(火) 18時24分09秒

隠れたバリエーション Zコンセプト

テーマ:絶版考察
チョロチョロ走るキュートなミニカー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。

今日は23日ということで23(ニッサン)の話題。
いよいよ今週末11/28はニスモフェスティバルが開催されZ33をはじめとするスペシャリティカーの走行とニスモ限定チョロQが発売されます。

本日紹介するZコンセプトカーはその名の通り Z33のコンセプトカーとしてアメリカデトロイトショーで出展されたクルマである。
Zについてはこちらが詳しいかな? 復活!Zイズム
そのショーモデルがチョロQ化されたのは2001年9月のこと。それから2004年8月のスカイラインクーペが発売されるまでの間スタンダードチョロQとして3年間発売されたことになる。バリエーションはショーモデルと同じオレンジのみ。

実はこのチョロQに驚くべきバリエーションが存在するのだ!


それは


初回生産ロットとその後の追加生産ロットの違いである。

写真をご覧ください。左が初回生産ロット。右は2次ロット以降。

初回生産ロットではコインホルダーシールが浮き彫りになっている!


2次ロット以降は浮き彫りがなくなり黒色印刷のみとなっています。
君の持っているZコンセプトはどっちかな?
絶版になってそれほど日は経っていないのでまだ探せば見つかるかもしれない1台です。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2004年11月22日(月) 22時22分22秒

7-11限定 ミニミニチョロQ登場!

テーマ:新製品情報
チョロチョロ走るキュートなミニカー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。

本日入った新着情報です!
来週29日から(地域によってはズレるかもしれません)セブンイレブンで販売される500mlペットボトルのオマケにチョロQがついてくる!

その名は「ミニミニチョロQ」


対象商品は キリン生茶、伊藤園お茶、サントリーウーロン茶
ダカラ、カルピスウォーター、UCCコーヒー、ファンタメロンソーダの7種から選べる各種メーカーとの夢のコラボレーションです!
車種は全部で9種類。何の車種か気になりますネ!

来週はセブンイレブンに行ってキュッと1本ですネ♪
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。