2014-08-05 23:17:25

2014 FIA Formula One World Championship 1st half

テーマ:DVDラベル


 F1の前半戦が終わったらやろうと思っていたのだが、DVDのラベルをいっぺんにUPします。


 今年のF1、殆どのチームが新しいレギュレーションに対応しきれておらず、どうやらまともにテスト出来ているのはメルセデスだけだなあと思わせるレースが数戦続いた。

 久しぶりにハミルトン、そしてロズベルグの名前がトップに踊った。


 今年のF1、コーナーだけなら日本のスーパーフォーミュラにかなわないらしい。

 そんな非力なマシンをなかなか御しきれないチャンピオン、ヴェッテル。非力なマシンでの戦い方は今のところ明らかにルーキー・リカルドの方が上だ。この二人、一度昨年までのマシンで競わせてみたいものだ。

 リカルドはまさに新しいレギュレーションの申し子と言えるだろう。非力なマシンのノーズをグイグイとチャンピオン経験者のインにねじ込む走りはまさに新しい風だ。


 後半戦のマシンの出来具合によるが、もしかしたらリカルドのチャンピオンという目もあるかも知れない。




20141


20142


20143


20144


20145


20146


20147


20148


20149


201410


201411

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-30 23:53:04

FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO PETROBRAS DO BRASIL 2013

テーマ:DVDラベル


ほぼ週刊チョロQ通信-2013Bla

 勝っちゃったねえ、最終戦も。まあ変にウェバーに譲る訳にもいかんだろうし。この人にとって勝つのが普通のことだから、今や。

 横綱北の湖も余りに強すぎて嫌われちゃったよね、それが今じゃ相撲協会の会長。ヴェッテルもFIAの会長ぐらいになるかね?

 ヴェッテルが強すぎるというより、周りが今一つというところだ。アロンソも走らない跳ね馬に苦労しているし、ハミルトンも意外と伸びず、バトンもまったり感たっぷり。本来ならロズベルグあたりグンと伸びると面白いのだが、未だに1.5流から抜け出さずにこのままベテランの域に突入しそうだ。カムイを蹴落としたペレスも天狗になりすぎてマクラーレンを首になってしまった。1年前誰が今のペレスの姿を想像出来たろうか。

 では誰がヴェッテルに襲い掛かるのか?なかなか想像力が働かない、なんせ最近の若いF1ドライバーはややこしい名前が多くって覚えられないんだよね(爆)。


 レッドブルのマシンに乗っているからこそ速いのだという意見がある。果たしてそうだろうか?確かにヴェッテル-レッドブルは現在最高のパッケージングだろう、しかし・・・


 何年前だったろうか、トロロッソ最後の年のイタリア・モンッツア。雨、予選も決勝も。とても走れないとフリープラクティスも予選もほとんどは知らないドライバーが多い中で、一人黙々と走るドライバーそれがヴェッテルだった。

 決勝、雨。雨に翻弄され全く乗れていないドライバーたちの中で、一人だけ雨を制し、雨をマネージメントしたのが下位チームトロロッソのヴェッテルだった。その努力あってこそ、集中力あってこその優勝、そしてそれがレッドブルでの連勝に繋がってゆく。

 

 多分ヴェッテルにはライバルは出てこない、ライバルがいるとしたらそれは自分自身、自分自身の老い、集中力の低下、気力の消失だろう。


 いったいいつまで勝ち続けるのか?


 




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-24 17:32:40

2013 FORMULA 1 UNITED STATES GRAND PRIX

テーマ:DVDラベル


ほぼ週刊チョロQ通信-2013USA


 今、最終戦のブラジルGPの予選をテレビで見ながらこの記事を書いているのだが、各チーム、特に中盤から下位のチームはドライバーもチームも最終順位で翌年の待遇が大きく変わって来るので大変。無線を聞いていてもピリピリ・ギスギスしているのが手に取るようにわかる。もしかしたらチャンピオン争いよりこっちの方が面白いかも。


 さて最終戦の一戦前のアメリカ。

 このサーキットをF1で使うのは2回目だがサーキットのレイアウトそのものがなかなか魅力的だと気が付いた。なんたって面白いのはメインストレートから1コーナーまでの登り、たぶん人工的に作られた傾斜だろうが、ドラバーは空に向かって突っ込んで行くような錯覚に陥るのではないだろうか。

 設計者のティルケは上海の最終コーナーのように傾斜を積極的にレイアウトに取り入れる傾向があったが、その集大成といったところか。


 それにしてもブラジルの予選、雨で大変だなあ。ペレスが今年でマクラーレン最後?1年しか乗ってないじゃん、来年はどうするんだ?最近レース雑誌を読まないからさっぱりわからん。ライコネンの後釜はコバライネンなの?この時期にフジのアナウンサーの口から全く名前が出てこないってことは可夢偉はの名前はF1サーカスでは上がってないわけね。


 レースはヴェッテルが予定通り(笑)優勝。いったいこの人どこまで勝ち続けるのだろう。バブル時代なら田中のマー君と対談だな。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-07-23 20:38:04

FORMULA 1 GROSSER PREIS SANTANDER VON DEUTSCHLAN

テーマ:DVDラベル


ほぼ週刊チョロQ通信-F1 Gr


 セバスチャン、母国初優勝おめでとう!・・・って、ずいぶん前だな。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-24 22:33:47

2012 Formula One Grand Prix countdown

テーマ:DVDラベル

2012 FORMULA 1 AIRTEL INDIAN GRAND PRIX

ほぼ週刊チョロQ通信-indo


あと3つ






2012 FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX

ほぼ週刊チョロQ通信-abudabi

あと2つ







2012 FORMULA 1 UNITED STATES GRAND PRIX

ほぼ週刊チョロQ通信-amerika

あと1つ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-18 22:48:29

2012 FORMULA 1 KOREAN GRAND PRIX

テーマ:DVDラベル


ほぼ週刊チョロQ通信-korea2012

 この画像とは関係ないけど、カムイはどんなペナルティだったんだっけ?前半だったから次回のレースには関係なかったとは思うが、ああ、ドライブスルーか。


 バトンとロズベルグはそうとう怒っていたみたいだ、テレビの解説では「スペースがなかった」とかばっていたが、あそこはカムイが引けば良かっただけの話。

 チームラジオでバトンがはっきり「カムイにぶつけられた」と言っていたのに(俺でも聞き取れる英語だったのに!)、聞こえないふりをする川井。

 結局オンエア中は絶対に「小林」という呼び方を崩さない今宮が一番冷静かつ中立ということか。

 

 ああつまらん。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-12 18:24:43

2012 FORMULA 1 JAPANESE GRAND PRIX

テーマ:DVDラベル


ほぼ週刊チョロQ通信-F1JAPAN1


ほぼ週刊チョロQ通信-F1JAPAN2


 この二人、GP2ではチームメイトだったんだそうな。

 そういう光景がまた見られるのか・・・・・。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-13 10:51:11

2012 F1 BRITISH DEUTSCHLAND HUNGARY

テーマ:DVDラベル


ほぼ週刊チョロQ通信-england



ほぼ週刊チョロQ通信-germany



ほぼ週刊チョロQ通信-hungaly


 前半戦が終わりF1は1か月の夏休み。

 ドライバーは束の間のバケーションを楽しむのだろうが、開発チームはそうはいかない、この1か月の間に少しでも性能を上げるべく鎬を削っていることだろう。FIAからいちゃもんを付けられていたレッドブルがどう出るか、楽しみ。


 第7戦のカナダまで毎回勝者が変わり、今年はどうなることかと思ったが、11戦を終わったところでアロンソ3勝、ウェバーとハミルトンが2勝とやや方向性が見えてきた。

 アロンソに勢いがあるように見えるが、まだまだ予断を許さない。ベッテルもこのままということはないだろう。

 それにしてもアロンソのチームメート、マッサはどうなっているのだろう。一度はチャンピオンの座を手中に掴みかけ、不運にもこぼれ落ちた瞬間からどうも生気がないように感じる。このままでは来シーズンはフェラーリ・ドライバーの座をロペスあたりに明け渡すことになるだろう。


 一番上の画像、イギリスGPで優勝したウェバーの後ろにドイツ国旗があるのはカメラアングルのいたずらで、実は3位のベッテルのものなのだが、何か次戦のドイツGPを予感させるような気がしたのだが、そうは上手くは行かず、ドイツGPの覇者はスペイン人のアロンソだった。

 今年はFIAのカメラクルーの技術革新が著しく、俯瞰の映像が多く、迫力があり見ていて飽きない。

 レースそのものだけではなく、サーキットの美しさも充分楽しめる。鈴鹿がどう映るのか楽しみだ。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-29 00:31:48

2012 Formula Nippon Rd.1 SUZUKA

テーマ:DVDラベル


ほぼ週刊チョロQ通信-2012FN01


  うーーーーーん・・・・・・・、GTも勝っちゃったしさ、なかなか取れなかったFポンの年間チャンピオンも獲ったし、ルマンでも勝ったし、自分の国で母国語が通じるファクトリーチームにも入れたし、今更日本でやる意味がないというか、モチベーションが上がらないのは仕方がないかなあ。

 いいドライバーだけど、ヨーロッパに活動の軸足を移した今、あえてフォーミュラ・ニッポンだけ招聘したのはどういう訳だろう。思い切って若手のドライバーを使った方が良かったのではないかと思うのだが、TOYOTAのトップチームとしてはそうも行かなかったのか。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-16 21:25:58

2012 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX

テーマ:DVDラベル


ほぼ週刊チョロQ通信-2012CHINA


ああ、・・・・・・ロベルグか。

まあ、あいつもマシンに恵まれなくて苦労したよな。ニコのオヤジがかつてのチャンピオン、ケケ・ロズベルグだということをどれだけの人間が知っているだろうか。

と、いうのは大げさだとしても、ロズベルグの国籍がドイツだということに未だに違和感を感じる。オヤジもフィンランドからドイツに国籍を変えたのか?

ああ、・・・・・・可夢偉。

チームの作戦失敗、というか、妙な”持ち”を見せたタイヤ特性を読み切れなかったということもあるが、やっぱりスタートの失敗が全てかな。フラストレーションの溜まるレースでした。


それにしても、あのBSフジの解説、なんとかならんか。

予選はともかく、決勝でテンションが上がってくると、ほとんど何をしゃべっているかわからない。私も滑舌が良い方じゃないからあまり偉そうなことは言えないけど、テレビであの滑舌の悪さはそうとう辛い。BSになって全面的に国際映像を使うようになり、視聴者に媚びるような映像が無くなったこと、技術面、戦略面の解説が充実したのは喜ばしいが、ぜひとも字幕がほしい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。