2010-10-17 18:48:00

エッソ・ウルトラフロー・スープラ

テーマ:モドQ

ほぼ週刊チョロQ通信-supra1

           +ZOOM


 今日は『クラッシックカーフェスティバルinところざわ』に行ってきました。

 会場の様子、車の画像は後日掲載するとして、今回は会場で買った小さいクルマを・・・・。


 残念ながらモドQです。

 ですが、出来は非常にイイ。






ほぼ週刊チョロQ通信-supra2

           +ZOOM


 たしか、エッソのガソリンだかオイルのキャンペーンの景品だったように記憶しています。






ほぼ週刊チョロQ通信-supra3

           +ZOOM


 ボディー下部にはESSO Ultorafloの文字とともに、TOYOTA、チーム・ル・マンの文字が。

 価値がある・・・かどうかは判りませんが、しっかりと作ってあるという印象は受けます。

 チョロQ用クリアケースに入って300円でした。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-09-25 14:25:47

BOSS バットマン ビークル コレクション

テーマ:モドQ

ほぼ週刊チョロQ通信-batman2

           +ZOOM


 BOSSの新製品、”白い”BOSS、SIMPLE STYLEのオマケに付いていたバットマン ビークル。

 残念ながらモドQです。が、これが結構良い出来で・・・。10種類+2個セットの大型ダイキャストモデル5種。気に入った5種類だけ入手しました。






ほぼ週刊チョロQ通信-batman1

           +ZOOM


 一番気に入ったのが、このバットマン リターンズに出てきた装甲車もどき。

 確かF1のモナコGPで実物大のモデルでデモンストレーションをやったと記憶している。




 このオマケ、面白い仕掛けが付いている。

 腹の部分に磁石が付いていて、コーヒーの缶に付けて周りを走らせることが出来るのだ。

 こんな具合・・・↓↓↓↓↓




 チョロQにはなかったと言うか、缶コーヒーのオマケならではのアイデア。

 素晴らしい!!


バットマン ビークル コレクション キャンペーンサイト

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-03-16 21:19:14

ENEOS SC430

テーマ:モドQ


ほぼ週刊チョロQ通信-SC4303

           +ZOOM


 これ、エネオスのホームページから応募して、抽選でもらえたんだよね。

 でも、外れちゃったの(ノ_・。)



ほぼ週刊チョロQ通信-SC4301

           +ZOOM

 んで、1月のニューイヤーミーティングで売っていたのでGET。

 

 まあ、おまけですから・・・・、こんなものでしょうが、とてもSC430に見えません。



ほぼ週刊チョロQ通信-SC4302

           +ZOOM

 どっちかと言うと、スープラみたいな・・・・・・。

 作った人、もっと気合入れましょう。


ブログランキングは 170位くらいです。クリックに感謝!クリック!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-15 18:02:09

SUPER GT プルバックカーセレクション / サントリーBOSS

テーマ:モドQ

ほぼ週刊チョロQ通信-BOSS1

           +ZOOM


 ワンダのGTRミニミニチョロQに続いて、今度はBOSSのGT。

 ただし、こちらはチョロQではなくて、あくまでもプルバックカー。




ほぼ週刊チョロQ通信-BOSS2

           +ZOOM

 チョロQでは無いのでどうしようか迷ったのだが、とりあえず幾つか買ってみました。

 #22MOTUL GTR と 日産のエースナンバー#23のXANAVI GTR。2009年はチャンピオンナンバー#1を付け、しかも1台のみのエントリーとなるため、カーナンバー23は消える。




ほぼ週刊チョロQ通信-BOSS3

           +ZOOM


 それにしても、これカプチーノですよね(笑)。

 GTRはいいとしても、このレクサスSC430なんか、完全にカプチーノベースの改造車。マッドハウス監修って書いてないか?

 まあ、おまけですからあまり目くじらたてることも無いのですが。でも、とても全種類買う気にはなれず、GTR2台にNSXとSCのテストカーでおしまいにしました。




ほぼ週刊チョロQ通信-BOSS4

           +ZOOM

 レクサス車はまだチョロQになっていない。ブランドイメージとチョロQのデフォルメ感がそぐわないと判断されているのではないか、と私は想像していた。何人かのコレクター諸氏も同じ意見だった。そのような経緯から、今回のモデル化についてはチョロQのコレクター諸氏から驚きの声が上がっている。(チョロQにもなっていないのに・・・しかもまるでカプチーノ(泣))

 今回のおまけは名前から言ってスーパーGTを運営するGTアソシエーションが深く関わっている。GTのロゴマークもバッチリ入っているしね。

 レース関係者にとってサントリーは数少ない大口スポンサーの一つ。多分、熱心にトヨタに協力を要請したのでしょう。

 不況の影響を受けて湿りがちなレース界にとっても、こういう企画は歓迎すべきことだと思う。


 それにしても、もう少しデザインを・・・・・、どうにかならなかったのかなあ。


ブログランキングは 180位くらいです。クリックに感謝!クリック!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-14 14:35:44

MR-S / ワンダ プルバックオープンカーコレクション

テーマ:モドQ


ほぼ週刊チョロQ通信-mrs1

           +ZOOM


 最近近所に古本屋が出来て、フィギャーなども売っているのだが、『一個100円』と書かれた山の中にこれがあった。



ほぼ週刊チョロQ通信-mrs2

           +ZOOM


 チョロQじゃないので、買っていなかったのだが、なかなか良いですよね。

 角ばった感じの実車の雰囲気が良く出ています。


ブログランキングは 180位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-01-26 20:36:13

ワンダ Lamborghini プルバックスーパーカーコレクション

テーマ:モドQ

1
           +ZOOM

 年が明けてすぐ位に出たんでしたんでしたっけ?ほかのチョロQブログで紹介されているのを見てとりあえず買ってみました。

 オートサロンやら何やらがあって機会を逸していたのですが、BOSSのWRCカーコレクションといい、ここの所コーヒーのオマケが元気が良いので、次にも期待する意味を込めてご紹介しようと思います。

2
           +ZOOM

 このシリーズの良いのはなんと言ってもドアが開くギミック。

 特にカウンタックLP400、LP500S、ムルシエラゴのガルウイング車のドアは”パキン”という感じに小気味良く開閉する。

 車種は他にミウラ、350GT、ウラッコ。かなりにエンスーな人間が企画に絡んでいるとみえます。



3
           +ZOOM

 いただけないというか、やっぱりオマケだなと思うのは、全体のプロポーションバランスの悪さ。

 カウンタック二台とムルシエラゴは大排気量エンジンを後に縦に積んでいるので、前傾姿勢というか、運転席がかなり前にある感じなのだが、このモデルはウエッジシェイプを強調するあまりに完全に後のめりになってしまっている。横置きミッドシップのミウラはかろうじて違和感を感じないくらいの出来でしょうか。

 ただ、バランスは悪いものの、前と後をバラバラに見るとけっこう良く出来ていて、上から二枚目の写真を見ると一番右にあるLP500Sなんかはかなり実車の雰囲気を良く出しています。

 

 もう一ついただけないのが、タイヤ/ホイールとボディーのバランスの悪さ。ボディーに比べてタイヤが小さすぎるので、非常に不恰好。

 買ったときに思わず笑ってしまったのですが、昔は良く工業高校の生徒なんかが卒業制作で、軽自動車のシャシーにスーパーカーもどきのFRPのボディーを載せたりしてましたが、そんな感じです。



4

           +ZOOM
 そして、残骸というか、ミニカーを外した缶コーヒー。会社の冷蔵庫に収まりました。

 缶コーヒーがあまり好きではない私は、この後毎朝一本ずつ飲むことになったのでした。

ブログランキングは 300位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-10-07 18:38:22

スズキ SX-4 コンセプト

テーマ:モドQ

SX41

           +ZOOM

 ラリー・ジャパン・シリーズの最後はスズキのSX-4。

 スズキが満を持してWRCに送り出す最新兵器である。

SX42

           +ZOOM

 それにしても、この車は何?

 ランエボの記事で書いたが、塗装を剥がしたら何の車か多分わからない(笑)。


sx41

           +ZOOM

sx42

           +ZOOM

 今年の2月にチョロQはスタンダードシリーズでこのSX-4を出している。

 これがその画像だが、一番上の写真と比較して欲しい。全く同じ車と思えないほど、形が違う。

jisha

           +ZOOM

 今年のモータースポーツジャパンで展示されたSX4WRC。

 チョロQの方は屋根にルーフバーを付けたノーマルタイプですが、この画像を見ればどっちに軍配が上がるか一目瞭然。

 ちなみにアイザックさんがこのWRCモドQに触発されてブログでカスタマイズの様子を書いています 。その記事に塗装を落としたチョロQが載っていますので、一度ご覧下さい。

 塗装に頼らなくても、ちょろQのデザイン・金型成型がいかにすばらしいかと言う事が良く判ります。


ブログランキングは130位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-10-06 18:29:21

ランサーエボリューションIX

テーマ:モドQ

runcer1

           +ZOOM

 まあ、元々オヤジグルマがベースなので、カッコイイクルマとは言えないかも知れないが、この造りはひどいよね。もう少し実車を良く観察して欲しかった。

 ボンネットの段差のキレのなさは何だろう。このシリーズの共通の特徴はノーズ部分の傾斜のなさ、サイドの丸みのなさだが、このクルマは特にひどいと思う。

 ペイントを剥がしたら何の車か多分判らない。

runcer2

           +ZOOM

 特にこのリア部分。広く特徴的な形状のトランク部分は良く表現できているが、このリアウインドー、Cピラーのラインはないだろう。

 インプレッサとの違いを出そうとしたのかも知れないが、あまりに実車とイメージがかけ離れてしまっている。単純な曲線一本で表現されたこの部分は、あまりにひどくて思わず声を出して笑ってしまった。

 企画した人がよっぽど車に疎いか、車好きの目を甘くみた結果だろう。


ブログランキングは130位くらいです。クリックに感謝!クリック!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-10-05 18:09:06

スバル インプレッサ

テーマ:モドQ

imp1

           +ZOOM

 今回のラリーカーシリーズ、ラリージャパンの公認を取って、というよりタイアップの企画のようだ。シャシーにラリージャパンの刻印がある。

 我々日本人にとってWRCと言えばスバル。

 このマシンはPWRC(プロダクションクラス)の新井選手のマシン。

imp2

           +ZOOM

 はい、ここら辺からモドQのモドQらしさと言うか、馬脚を現しましたよー。

 まずはノーズ部分。

 このブルドックみたいな鼻っ面の潰れ具合はナンなんでしょうねー(笑)。

 多分、実車をそのまま縮小すると、このくらいの角度になるのでしょうが、デフォルメせずにそのまま小さくすると実車の印象が損なわれてしまう見本のような出来です。

 ボディーのサイドもヒドイ!ちょうどドアの部分ですが、殆どRが付いておらず絶壁状態。

 設計が稚拙で三次曲線を出せていないのか、金型の工作技術が未熟なのか、それともその両方なのか?

 ついでに言えば、リアウインドウの絶壁ぶりも際立っています。

 リアウインドウが立ち、トランクが小さいのは、屋根を大きくしてゼッケン”14”を描こうとしたからだと思います。


 しかし、いくらアラを探したところで、基本的に出来は及第点を与えられるもので、キャンペーンの素材に使おうとする企業に、何もチョロQじゃなくてもいいのではないかと思わせるには充分である。

 ただでさえ、チョロQの発売が縮小傾向で、われわれコレクターは残念に思っているのだが、チョロQにもがんばって欲しいものだ・・・・って誰に言えば良いのか。


ブログランキングは190位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-10-04 23:05:43

フォード フォーカス

テーマ:モドQ

forcus1

           +ZOOM

 以前、フォードのエスコートという車があって、ラリーでも活躍した車だが、車格としてはカローラクラスでヨーロッパでは良くレンタカーに使われていた。

 15年位前のことだが、イギリスで仕事をしていた時に同僚と一緒にスコットランドに遊びに行き、このエスコートでネス湖の周りを走った事がある。

 湖の南側にワインディングロードが続くところがあり、足周りのクイックさを楽しみながら右へ左へと走っていると、ブラインドになっていたコーナーの先が思ったよりキツくなっていて、明らかにオーバースピードで突っ込んでしまい、完全にコースアウトした!と思った瞬間に足回りが見事にこらえて、クルマは何事もなかったようにコーナーをクリアしました。

 日本車だったら完全にイってるよなあ、冷や汗をぬぐいながら同僚と話し、白バイにスピード違反の切符を切られた後のように、おとなしく町まで戻たのでした。


 名車エスコートの流を汲むこのフォーカスもラリーで勝つために開発されたような車だ。

 今のところエスコートのように大成功とまでは言っていないようだが、F1に比べ今一つメジャーになりきれないWRCのためにがんばって欲しいものだ。


forcus2

           +ZOOM

 さて、この二台はチョロQではない。

 コーヒーのWANDAにオマケとして付いているプルバックカーである。

 チョロQではないのだが、いつもの通り世間的にはその区別が付いておらず、ウチの近所のファミマでは堂々と”チョロQ付き!”と手書きのPOPを掲げて売っていました。


 しかしモドQとしては最高の出来、特にロゴやステッカーの印刷は超リアル仕上げにも勝るとも劣らない。筋彫りの表現も合格点。今回のシリーズ、4車種、5台の中でも特にこのフォーカス二台は最高の出来だろう

 ただ、この二台で力尽きてしまったようで(笑)、他の3台はやっぱりナ、という感じ。ココは素直に誉めておいて、貶すのは次回以降にとっておきます。


アサヒ飲料WANDAのホームページ

なぜかメーカーのHPに載っていないキャンペーンの情報



ブログランキングは220位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。