2016-06-27 15:14:28

ワイパーを塗装す

テーマ:メンテナンス

3月に六カ月点検をやった時に、ワイパーブレードのジョイント部分がへたってビビりの原因になっている、と言われたので、買い替えて、ついでに永年蓄積した塗装のハゲをなんとかしようと画策。



5月にホルツのカラーペンを使ってみた結果が良くなかったので、思い切ってラッカーで塗装することにした。


最初、シャシーブラックで塗ろうかと思ったのだが。「普通のラッカーの艶消し黒で充分」という情報を貰い、準備。

買ったものは・・・・

  ラッカースプレー塗料(艶消し黒)

  マスキンブテープ

  サンドペーパー400番




ワイパー1


で、ドライバー側塗装前・・・・。




ワイパー2

塗装後・・・・。






ワイパー3

助手席側塗装前・・・・。





ワイパー4

塗装後・・・・。





ワイパー5

ボンネットを開け。





ワイパー6

14番のラチェットで取り外し。

今回の作業で難しかったのは、このアームの脱着。

19年間一度も外していなかったのでモーター軸とアームが固着しており、揺すりながら外すのに苦労しました。

ついでに言えば、運転席側のアームのギザが部分的に摩耗しており・・・部品が取れるうちに交換した方が良いのかなあと、ちょっと不安になる。





ワイパー7

これが再装着後ですが、位置決めにガイドが切ってあるものと思っていたら、全くそんなものはなく、ただギザギザが切ってあるだけで、位置決めに苦労しました。

製造現場では位置決めのスケールでもあてているんでしょうか?





ワイパー8

取り外したところ。

運転席側のアームの根元部分にはためしに塗ってみたカラーペンがコッテリ載っています。





ワイパー9

そして塗装後。

これだけ綺麗に塗れるとは思ってもいませんでした。

耐久性が心配ですが、一時は交換しようかと思っていたのがウソみたいです。






ワイパー12

ネットの情報のままに400番のサンドペーパーで塗装を落としたのですが、400番ではカラーペンは落とせても、オリジナルの塗料を落とすのはちょっと厳しく、おかげでこんなマメを作ってしまいました。

最終的にはかなり塗装を残したまま、上からラッカーを塗ることになりました。





ワイパー10

これが塗装の道具立て。

吊るした針金は段ボールの上で固定せずに渦巻き状にして遊ばせており、それを動かしながら全体を塗装してゆきます。





ワイパー11

2回目の塗装が終わったところ。

30分の乾燥時間を置きながら、3回塗装を重ねました。




ワイパー13


で、完成品。

薄く塗り重ねた効果か可動部分も問題ないのですが、やはり耐久性が心配。

ブレードを付けるときに、早くも傷を付けてしまいました。


ブレードはジェームスで購入したNWBの視界スッキリワイパー、やっぱりディーラーのメカニックが言っていた通りブレードの接合部のヘタリ(摩耗)がビビりの原因だったようで、まるで新車のように快調なワイパーの動きが確保できました。


めでたしめでたし。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サギノミヤさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。