2010-05-30 18:13:00

ふじさんライブカメラ

テーマ:風景


ほぼ週刊チョロQ通信-fsw2


 せっかく楽しみにしているのだが、白いトランスポーターが何時間も動かないのは・・・・やっぱり故障しているんだろうなあ。

 いや、車じゃなくてカメラが。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010-05-23 17:08:04

Switch! i-MiEVコレクション 東京電力

テーマ:チョロQ

ほぼ週刊チョロQ通信-tepco1

           +ZOOM


 さてさて、i-MiEVコレクションもこれが最後です。

  

 東京電力バージョン、ボディーサイドの”Switch!”の文字が目を引きます。




ほぼ週刊チョロQ通信-tepco2

           +ZOOM


 今回のコレクションの中で一番カッコイイのがこれでしょう。




ほぼ週刊チョロQ通信-tepco3

           +ZOOM


 東京電力は急速充電装置も開発していて、神奈川県警にも提供しています。




ほぼ週刊チョロQ通信-tepco4

           +ZOOM


 前回の試験車両と並べてみました。





ほぼ週刊チョロQ通信-tepco5

           +ZOOM



 フロントのSwitch!

 放射状に滲んでいます(^▽^;)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-23 08:55:05

2010富士チャンピオンレース 第3戦

テーマ:レース

ほぼ週刊チョロQ通信-undokai


 土曜日の朝8時前、M氏より電話。

 「スーパー耐久とチャンピオン第4戦の出欠票が出てますけど、どうします?」

 「あ、全部マル付けといて下さい・・・・・・宿泊も。」

 「はいはい、了解です。」


 本来富士にいるはずなんですけど、今回は子供の学校の運動会とぶつかってしまいまして・・・・・・(ノω・、)


 と、言う訳でレース関係者の皆様に証拠写真です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-05-21 21:22:12

i-MiEVコレクション 三菱自動車試験車両

テーマ:チョロQ


ほぼ週刊チョロQ通信-testcar1

           +ZOOM


 この車は何回か見たことがあります。

 プロモーションを兼ねてのことかも知れませんが、東京駅の前、丸の内の街角によく停まっていました。




ほぼ週刊チョロQ通信-testcar2


           +ZOOM


 丸ビルの地下の駐車場には急速充電装置も設置されています。

 可愛いスタイルに可愛いカラーリング、そしてオシャレな街並み。でも運転席にいる人がいつも40代後半のスーツを着たおじさんなんですね。三菱自動車の人なんだと思いますが・・・・・・。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-19 22:34:28

i-MiEVコレクション NEXCO東日本

テーマ:チョロQ

ほぼ週刊チョロQ通信-exco1


           +ZOOM


 高速道路会社が航続距離の短い電気自動車をどう使うんだろうと思ったら、やっぱり実験用なんだね。プレスリリースによるとNEXCO東日本はこのi-MiEV(1台)のほかにも富士重工の電気自動車を1台購入している。





ほぼ週刊チョロQ通信-exco2

           +ZOOM


 満充電してエアコンも何もつけないで40km~60kmで走って航続距離は120キロ。高速ならもう少し伸びるだろうが、私にとってはとても実用に適するとはいえない。

 三菱自動車のウェブサイトでは、家庭用の100Vの電源で充電できるものの、i-MiEVの充電用に20Aの専用線を分電盤から引く事を推奨している。

 






ほぼ週刊チョロQ通信-exco3

           +ZOOM


 出かけた先で家庭用電源で充電しようと思ったら、ブレーカーが落ちまくって先方に大迷惑をかけるのは明々白々。

 専用の高速充電装置をもっと増やさないと・・・・・・、ところで充電装置って共通仕様になっているんだろうなあ?





ほぼ週刊チョロQ通信-exco4

           +ZOOM


 日産もリーフの予約が順調とかでゴーンさんの鼻息も荒いが、航続距離が短い、充電ポイントが殆どない、ではとても買う気にはならない。

 現状のガソリンスタンド全てに高速充電装置を設置する位の環境にならないうちは、航続距離が500キロはないと怖くて乗れない。


NEXCO東日本のプレスリリース

三菱自動車のウェブサイト




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-13 21:25:24

i-MiEVコレクション 神奈川県警察

テーマ:チョロQ

ほぼ週刊チョロQ通信-imievkanagawa1


           +ZOOM


 このi-MiEVコレクションをコレクター諸氏のブログで見てぜひとも買いたいと思ったのだが、近所のコンビにには全く置いておらず、ネットショップでも売り切れという状態で、イベントやホビーショップで地道に買い集めようと思ったのですが、旧知の古参コレクター氏から『融通できるよ』との申し出。ありがたくご厚意に甘えてしまいました。




ほぼ週刊チョロQ通信-imievkanagawa2

           +ZOOM


 コレクター氏、オマケに外箱まで付けてくれました。この写真だけ白黒なのは、もともと箱の印刷が白黒だから。


 今回から数回に分けて、i-MiEVコレクションを紹介して行きます。







ほぼ週刊チョロQ通信-imievkanagawa3


           +ZOOM


 さて、一発目は神奈川県警のパトカー。



ほぼ週刊チョロQ通信-imievkanagawa4

           +ZOOM


 パトカーって、近くにいると監視されているような気がしていい感じはしないし、実際若い頃はいやな思いをさせられたこともあるのだが、スケールモデル化されると素直に『いいな』と思わされるのはなぜだろう?

 子供にも人気だよね、パトカーって。大人になったら全然違う印象になるのだが・・・。






ほぼ週刊チョロQ通信-imievkanagawa5

           +ZOOM


 横腹には”ELECTRIC VEHICLE”の文字。




ほぼ週刊チョロQ通信-imievkanagawa6

           +ZOOM


 ノーズにはイッチョマエに金の紋章。


 実車はこんな感じです('-^*)/

 Special Thanks


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2010-05-11 21:15:58

スカイバス

テーマ:チョロQ

ほぼ週刊チョロQ通信-SKB1

           +ZOOM


 皇居の周りの名所をめぐるスカイバス。

 日の丸自動車が運営する観光バスですが、すばらしいチョロQを作ってくれました。

 日の丸自動車はハイブリッドバスで日本橋や丸の内・大手町地区の無料巡回バスを運行したり、電気自動車i-MiEVのタクシーを運行するなど、興味深いビジネスを展開しています。




ほぼ週刊チョロQ通信-SKB2

           +ZOOM


 実は去年まで勤務していたビルのすぐ近くが発着場所になっていて、兄弟ブログ『スーパーB級コレクション伝説 』ではけっこうこのスカイバスを取り上げています。

 下のリンクを見ていただくと、このチョロQがいかに実車の雰囲気を良く再現しているかがわかります。




ほぼ週刊チョロQ通信-SKB3

           +ZOOM


 リアルな表現の前輪ホイール。





ほぼ週刊チョロQ通信-SKB4

           +ZOOM


 後部の前の方・・・なんて呼ぶんでしょう?(^_^;)  




ほぼ週刊チョロQ通信-SKB5

           +ZOOM


 後輪。前輪と同じものかも知れません。




ほぼ週刊チョロQ通信-SKB6

           +ZOOM


 二階部分に昇る階段。

 スカイバスには一度乗ったことがあるのですが、実に良く雰囲気を再現しています。





ほぼ週刊チョロQ通信-SKB7

           +ZOOM


 パッケージはこんな感じ。





ほぼ週刊チョロQ通信-SKB8

           +ZOOM


 台座にはスカイバスのルートマップが印刷されています。

コレクター諸氏のブログでも書かれていますが、このクォリティーで800円と言うのは、全く驚きです。本当に良心的!



SKY BUS TOKYO のウェブサイト


日の丸自動車のウェブサイト


スーパーB級コレクション伝説におけるスカイバス①

スーパーB級コレクション伝説におけるスカイバス②

スーパーB級コレクション伝説におけるスカイバス③
スーパーB級コレクション伝説におけるスカイバス④


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-05 12:25:30

2010 スーパーGT第3戦 FUJI 400km RACE

テーマ:レース


ほぼ週刊チョロQ通信-SGT8

           +ZOOM


 日が長くなりましたネエ。この写真朝の5時57分ですよ。

 他にももっと写真を載せられればいいんですが、モロモロの大人の事情がありまして(ノ_-。)


 さて、スーパーGT第3戦、富士スピードウェイにとっては今年最初のBIGレースです。観客数も土日、2日間合わせて79,600人と、(F1を除いた)国内で一番の観客が集まるレースという称号に恥じない規模でした。ちょっと寒かったけど、天候にも恵まれました。


 久しぶりに見ごたえのある良いレースでした。

 GT500クラスはポールポジションの35番石浦/大嶋組が優勝。しかも88周のレースをきっちり3等分して大嶋/石浦/大嶋とドライバー交代を行い、しかもそのつどタイヤ交換も行い、実質トップを最後まで一度も譲らずという完璧な勝利でした。

 石浦/大嶋のコンビはかつてGT300クラスで年間優勝し、その後GT500にステップアップしたのですが、なかなか結果が出ませんでした。昨年までは走りに精彩を感じなかったのですが、今年になってやっとGT500マシンを自分の物に出来たのではないでしょうか。


 GT300クラスは74番のカローラアクシオが優勝。

 この車はスタイル先行で、優勝は難しいのではないかと思っていたのですが、良くここまでマシンを仕上げてきたと思います。

 aprチームの努力もさることながら、井口/国元(弟)の二人がドライバーとしての高い開発能力を身に付けきた証拠だと思います。

 終盤の国元×高木の親子(ほどの年の差)対決は見ごたえがありましたね。あれは新田/高木の年齢のせいではなく、間違いなく国元の成長の証である、とオジサンたちの名誉のために言っておきます。

 国元(弟)って、高校卒業したんだっけ?

 300クラスは33番のハンコック・ポルシェがポールだったのですが、スタート直後からずるずると後退、最後は残念ながらリタイヤとなってしまいました。


 今回印象的だったのはGT300クラスの66番のアストンマーチンと25番の"ZENT"ポルシェが良い走りをしていたこと。

 アストンマーチンは予選4位、決勝3位!

 北野武の義弟松田秀士と昨年まで紫電に乗っていた吉本大樹のコンビ。このマシンは多分FIA-GT仕様なのだと思いますが、それほど速そうには見えないんですが、終ってみれば3位。途中トップを奪った時にはまさかと思いましたが。

 安定したマシンとドライバーの特性がマッチした結果でしょう。意外と今年のシーズンのダークホース的な存在になるかもしれません。

 25番のZENTポルシェ。

 レース前のミーティングで、「38番と全くカラーリングが同じなので間違えないように気をつけるように」と注意がありましたが、形が全く違うので・・・。

 予選2位!さすがは土屋武士、そこそこのマシンを与えられればキチンと仕事をしてくれます。序盤かなり良い走りをしていましたが、パートナーの都筑がピットロードの速度違反でドライブスルーペナルティ。これで万事休すでした。


 それにしても今回ニッサン勢は冴えなかったですね。

 23番MOTUL AUTECH GTR、ウェイトハンデ6キロで、チャンスだったのですが、カフェオレの香りのするエンジンと、海苔の香りのミッションの相性が良くないのでしょうか、スタートグリッドに付けずに数周遅れでピットスタート。しかも途中でスピンまでして、挙句の果てにはダンロップコーナーの先で止まってしまいリタイヤ。

 せっかくスーパーラップに出られたのにねえ。

 多分23番を使っていろいろ新しいトライを行っているのでしょうが、どうも上手く行っていない感じですね。


 今回、サポートレースを含めて3枚の報告書を作成しました。

 その内の一枚はレースの結果に大きく影響するものだったのですが、後でドライバーと監督さんから『モニターをチェックさせてくれ』という申し入れがあり、自分達の目で確認して裁定に納得したと聞き、責任の重さを改めて痛感しました。あの時あの反則を見落としていたら・・・と思うと背筋がぞっとします。


レースの結果はここで

スーパーGTのオフィシャルサイト


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-05-04 10:45:06

2010 スーパーGT第3戦 こぼれ話(又は来年のための備忘録)

テーマ:レース


ほぼ週刊チョロQ通信-SGT1

           +ZOOM


 5月1日朝5時、中井パーキングエリア。

 サーキット通いのパートナーS氏と相談し、この日は3時45分に東京都某所を出発。昨年は3時半に出発だったのですが、まあ大丈夫だろうと。

 環八が込んでいたので若干時間がかかりましたが、大和トンネルでも渋滞はなく、ここまでは順調。10分ほど休憩して再び車上へ。





ほぼ週刊チョロQ通信-SGT2

           +ZOOM


 大井松田で降りてそのまま街中を抜け、大山豆腐の前を通って山北で246に乗り、そのままサーキットへ。これよりちょっと遅い時間だと大井松田からサーキットまで246で1時間もかかったそうです。

 この道は小山町の街中からサーキットの東ゲートに通じるルート。鹿に気を付けましょう。





ほぼ週刊チョロQ通信-SGT3

           +ZOOM


 東ゲートから入場するために並ぶ観客の車。

 西ゲートも並んでいるのかと思いましたが・・・・・・





ほぼ週刊チョロQ通信-SGT4

           +ZOOM


 あにはからんや、こちらはスムーズに入場が行われていました。こっちの方が駐車場が少ないせいでしょうか。中井のPAから約35分で到着。





ほぼ週刊チョロQ通信-SGT5

           +ZOOM


 関係者駐車場で見かけたニューカマー。

 車好きの多いレースオフィシャルですが、アメ車に乗っている人は少数派。

 これは神奈川から来ているK氏が新しく買ったフォードのピックアップトラック。





ほぼ週刊チョロQ通信-SGT6

           +ZOOM


 遠目は日本車と変わらないのですが、近くで見るとやっぱりデカイ。

 ガイジンだね、間違いなく。





ほぼ週刊チョロQ通信-SGT7

           +ZOOM


 6時10分。

 受付が始まり、列を作る老若男女。

 こうして長い二日間が始まりました。


 因みに帰りは7時5分にBパドックを出発し、東ゲートまで混んではいたものの5分ほで通過、途中で20分ほど休憩して3時間20分ほどで帰宅しました。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。