2009-12-28 22:25:34

CQ MOTORS

テーマ:チョロQ

ほぼ週刊チョロQ通信-CQM1


ほぼ週刊チョロQ通信-CQM2


            CQ MOTORSのウェブサイトより


 この私がかつてチョロQのコレクターだったことを、何人の人が知っているだろうか。ブログのタイトルを見ればわかると言われればそれまでだが。


 今でも”お気に入り”にチョロQ関係のリンクを幾つか残している。すでにサイトが閉鎖されているものも多い。

 このCQ MOTORS(チョロQモータース)も当然閉鎖されているだろうなと思いながら何年かぶりにクリックすると、なんとサイトが生きていました。

 かつてはあれほど華々しくプロモーションを行ったCQ MOTORSですが、今は千葉の奥のほうで細々と会社は続いているようです。

 車両はすでに販売を終了しているようですが、パーツやアクセサリーの販売、メンテナンスを行っているようです。

 かつてはお台場や日本橋に車を見に行ったり、チョロQを買いに行ったりしたものですが、懐かしいですねえ。


CQ MOTORSの「ウェブサイト

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-12-27 18:20:46

HSV-010 GT

テーマ:

ほぼ週刊チョロQ通信-HSV-010

           +ZOOM         HONADAのホームページより


 JAFの公示で名前だけ先行発表されていたホンダの時期GT500マシン。ついに発表になりましたね。

 激Gの画像を見る限りではキャビンがやや後方に位置する、ニッサンZのようなシルエット。


 それにしてもレース専用車とは・・・。1台だけロード・ゴーイング・バージョンを造って陸運事務所に持ち込んでナンバーを取り・・・・という、かつて紫電が行ったのと同じことをやった訳だが、紫電の時は『そんなのGTマシンじゃない』という非難もあったのだが、あの時非難した御歴々は今回もHONDAを非難するのでしょうか。


 それにしてもレース専用車とは・・・。スポーティーなイメージの強いホンダでさえも、GTマシンのベースになるようなスポーティーな量産車を持たない時代になった、ということ。それだけ会社経営になりふり構っていられないということ。それだけ本田が企業として必死だということ、なのだろう。

 

 本田の株、買っとくか?


HONDAのホームページにおけるHSV-010 GT




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-12-09 23:00:00

インタークラブヒストリックカーレース第4戦in袖ヶ浦

テーマ:レース


ほぼ週刊チョロQ通信-interclub1

           +ZOOM

 平成21年12月6日袖ヶ浦フォレストレースウェイ、私の今年最後のレース。

 前日の雨は上がったものの、アクアラインを抜けて陸地に入った辺りから霧。

 実はこの朝、首都高からアクアラインに入る道を見逃して、横浜の大黒埠頭まで行ってUターンしてくると言う大失敗をしてしまいました。

 それでもかなり時間の余裕を持って家を出ていたので遅刻することはなかったのですが、冷や汗をたっぷりかきました。



ほぼ週刊チョロQ通信-interclub2

           +ZOOM

 朝6時半、まだ晴れない霧の中でトランスポーターから降ろされるロータスエリーゼ340R。






ほぼ週刊チョロQ通信-interclub3

           +ZOOM

 ピットロードエンドで面白い車を見つけました。

 SAFETYCARと書いてありますが、今回、コースを走る姿は見られませんでした。

 コルベット風のこの車、どうやらあのNATSの手になる改造車のようです・・・・・、さてベース車は何でしょう?






ほぼ週刊チョロQ通信-interclub4

           +ZOOM

 サーキットのホームページにも書いてありますが、メインスタンドが出来ていました。






ほぼ週刊チョロQ通信-interclub5

           +ZOOM

 まあ、『仮設』・・・なんですが、これを作った努力は大いに買いたいと思います。ずいぶんサーキットらしい風景になって来ました。このスタンドに座ってサンドイッチでも食べながらレース観戦・・・いいですね。のんびり度合は筑波よりも上だと思いますよ。






ほぼ週刊チョロQ通信-interclub6

           +ZOOM

 今回ペースカーに使われたポルシェ。






ほぼ週刊チョロQ通信-interclub7

           +ZOOM

 ロータススーパーセブン。

 一時は筑波でもずいぶん見られたセブンですが、ユーザーがジネッタ、そしてエリーゼと移り、今ではすっかり少数派になってしまいました。これだけ集まるのは珍しいです。







ほぼ週刊チョロQ通信-interclub8

           +ZOOM

 私の大好きなロータスコルチナ。この車両はクラシックカーレースの常連です。






ほぼ週刊チョロQ通信-interclub9

           +ZOOM

 今回の担当は14番ポスト。最終コーナーの入り口です。

 朝にはコース上に3本の川が出来ていましたが、晴天にも関わらず、この写真に映っている1本が最後まで消えませんでした。地質の関係でしょうが、この水捌けの悪さにはちょっと驚きです。






ほぼ週刊チョロQ通信-interclub10

           +ZOOM

 目の前にある11番ポスト。

 のんびりとした風景ですが・・・・・・




ほぼ週刊チョロQ通信-interclub11

           +ZOOM

 この日のお弁当。

 見た目はあまりよろしくないのですが、美味しかったです。でもパドックや事務局のスタッフが食べていたオムライス(?)弁当の方が美味そうだったなあ。

 

 で、他のセクションのお弁当がなぜわかったかと言うと、この日のスケジュールが1時半に終ってしまったため。管理棟にもどると皆さん食事の真っ最中でした。

 9時から始まって1時半に終了。しかも1時間の耐久レースもこなしてのことですから、なんだか狐につままれたような気分でした。

 聞けばこのサーキットは騒音規制が厳しいために、音の大きい車は参加出来なかったのだとか。レース中も排気音の大きい車は強制的にパドックに入れられていました。


 9月にオープンしたこのサーキットですが、なんでも周辺住民との騒音に関するコンセンサスが充分でなかったようで、この日も周辺住民向けの見学会が行われていました。

 そんな訳で、今回の主催クラブであるインタークラブは来年このサーキットでレースを行う可能性が極めて低いようです。

 せっかく首都圏からも近く、コースレイアウトも面白いのに残念ですねえ。

 早く問題が解決して、普通のサーキットとして営業できるようになればいいなあと思います。





ほぼ週刊チョロQ通信-interclub12

           +ZOOM

 この日見た珍しい車。

 ナンバー付ですが、中にはしっかりとロールバーが組まれていました。多分二人乗りで車検を通っているものだと思われます。

 ボルボをサーキットで見るのは初めてです。普段どこで走っているのでしょうか?筑波でも見たこと無いなあ。

 今回はボルボのオーナーズクラブが参加していたようで、スポーツ走行にも10台以上の棺桶が走っていました。

 ボルボでレース。日本じゃあ大変だろうなあ。


インタークラブのホームページ




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。