2009-10-23 21:15:47

NATS in MOTOR SPORTS JAPAN 2009

テーマ:

ほぼ週刊チョロQ通信-nats1

           +ZOOM


 NATS、日本自動車大学校。ナッツと読みます。

 大学・・・・・と言っても大学ではなく、専門学校だというところがミソ。大きな学校というところか。

 よく木の実のNUTSと間違えられると学生がぼやいていました。

 富士スピードウェイでは大変お世話・・・・しています (;^ω^A







ほぼ週刊チョロQ通信-nats2

           +ZOOM


 さて、このNATSにはカスタマイズ科というのがあって、カスタマイズカーをひたすらお勉強している。まったく羨ましい話。東京オートサロンでは毎回おなじみで、よくマスコミでも取り上げられている。


 MSJにも毎回出ていて、今回はこのカッコイイスポーツカーを出品していました。







ほぼ週刊チョロQ通信-nats3

           +ZOOM


 ベースはランボールギーニかな?

 顔見知りの先生がいたのでしばし立ち話。その先生によると、ベースはフェラーリ。焼けて廃車あつかいだったフェラーリを車検証ごと買って来てベースにしたそうです。

 エンジンは使い物にならなかったので、ソアラのものを移植、コックピット周りも日本車のパーツを移植しているそうです。


 通常こういう車の写真のナンバーは消して掲載するのですが、今回は止めました。この車のナンバーは”7200”、ナナ(7)とツー(2)でナッツになっています。

 この学校がエントリーするレースカーのゼッケンは(2台エントリーのFJ除いて)全て72番です。






ほぼ週刊チョロQ通信-nats4

           +ZOOM


 もう一台。カプチーノベースのGTR、その名もGTK。私はこっちのほうが好きです。






ほぼ週刊チョロQ通信-nats5

           +ZOOM


 全く良くやりますなあ。

 一つの歪みもない綺麗なボディーです。カスタマイズの技術は年々向上しているようです。


NATS




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-21 19:00:00

セグウェイinモータースポーツジャパン2009

テーマ:

ほぼ週刊チョロQ通信-segway1

           +ZOOM


 いやー、MSJで引っ張るヒッパル(*^▽^*)

 ま、それだけネタの多い楽しいイベントだということで・・・・。


 で、今回は小泉元総理も楽しんだセグウェイ。最初はジンジャーなんて呼ばれてましたね。

 MSJの奥のほうのエリアでモータースポーツ関係の専門学校の生徒達が乗って遊んでました。遊んで・・・なんていうと先生に怒られちゃうかな?真面目にデモンストレーションをやっていました。

 この学校は面白い学校で、F4やFJの展示の他に、このセグゥエイも数台持ち込んでいました。何でも元ウィリアムスの中谷さんが副校長さんだそうで。






ほぼ週刊チョロQ通信-segway2

           +ZOOM


 足元はこんな感じ、前後の体重移動とバーを左右に動かすことで誰でも簡単に操作できるということ。

 乗ってみたいなあ、サーキットでの移動などに最適のように思うが。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-20 23:53:45

The POLICE in Motor Sports JAPAN 2009

テーマ:風景

ほぼ週刊チョロQ通信-police1

           +ZOOM


 青い空、白いイスとテーブル。のんびりとした風景になぜか白バイとパトカー。


 ケーサツと聞いて気持ちのいい人はあまりいないだろう。たとえやましいことがなくても、警察という言葉を聞いたり、警官の姿を見たり、ましてや警官から声をかけられたりしたら、落ち着かないこと甚だしい。

 コーツー違反などでお世話になったことのある人ならなおさらだろう。




ほぼ週刊チョロQ通信-police2

           +ZOOM


 そういう庶民の心情をやっこさん達も充分知っていると見え、イメージの向上に躍起になっている。

 MSJにも第一回から参加していて、交通安全の啓蒙というのがお題目だが、じつはイメージアップが最大の目的だと言うのはアロンソのフェラーリ入りよりも明らかな周知の事実。


 ま、数学的確率的な見地から交通事故に遭遇しやすいであろうモータースポーツファンを対象に、交通安全を訴えると言うのは理にかなっていると思います。

 20年ほど前なら暴走族の集まり程度の扱いだったでしょうに、警察も進化しました。警察がイメージアップを望むように、モータースポーツ関係者もイメージアップを図りたい。お互い理解しあって歩み寄るのは良いことだと思います。




ほぼ週刊チョロQ通信-police3

           +ZOOM


 おまわりさんって、話してみると意外に気さくで当りの柔らかい人が多い。気さくに話しながらしっかりキップを切るところがまた怖いところでもあるのだが。


 このヘルメットのエンブレム、一度じっくり見てみたかったの。触っちゃおうかなーと思ったけど、さすがにそれは止めときました。


 それにしても、いくら会場の中とはいえ、白バイ放置しておいて大丈夫なのかなあ?






ほぼ週刊チョロQ通信-police4

           +ZOOM


 ヘルメットの中。

 オフィシャルのヘルメットとは大違いですね。すごく装着感が良さそうです。

 外観は富士のレスキューやドクターが被っているヘルメットと似ていますが、あれもこんなに良い造りなのでしょうか。どちらにしても凄く高そうです。多分アライ製。





ほぼ週刊チョロQ通信-police5

           +ZOOM


 RX8のパトカー。このパトカーも白バイも高速交通隊のものだそうです。MAZDA製。





ほぼ週刊チョロQ通信-polisia6

           +ZOOM


 RX8のコックピット。

 以外と機械類が少ない印象。係りの人によると、年々機器の小型化が進み、現在ではどのパトカーもこんなものなのだそうです。

 シートは特注と思われる合成皮革のカバーで覆われていました。





オマケ

ほぼ週刊チョロQ通信-polisia7

           +ZOOM


 首都高速道路株式会社のパトロールカー。





ほぼ週刊チョロQ通信-polisia8

           +ZOOM


 コックピットは警察のパトカーよりよっぽどゴテゴテしています。





ほぼ週刊チョロQ通信-polisia9

           +ZOOM


 このランクルには無線、パトランプに加えて、屋根の表示板(よく『事故』とか『故障』とか出ているアレです)のコントローラーが付いています。左側のグレーの部分に付いているのですが、これがけっこうデカイ。一度回してみたいなあ、あの表示板。『事故』の次が『処理中』、その次が『少々お待ち下さい』『よそ見しないで早く行って』『見ちゃいや、ほらほら、前が空いてますよ』なーんて、自由に文言を変えられたら面白いのに。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-17 15:53:09

富士スピードウェイ in モータースポーツジャパン2009

テーマ:お出かけ

ほぼ週刊チョロQ通信-FSW1

           +ZOOM

 MSJの会場に富士スピードウェイのブースが出ていました。

 クレインズのお姉さんが二人、呼び込み中γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

 グッズの販売も担当していて、なんて働き者なんだろう(゚ーÅ) って言うかなんて庶民的、
富士スピードウェイ。



ほぼ週刊チョロQ通信-FSW2

           +ZOOM

 テントの中にはこのような写真がずらり。

 過去スピードウェイで開催されたレースの数々です。

 

 写真の上にはレーシングコースの移り変わりが・・・。高校の文化祭の研究発表みたいな手作り感丸出しの展示ですが、真面目さと強い熱意を感じました。
 著作権の問題があるかもしれませんが、ぜひとも皆さんに読んで貰いたく掲載することにしました。(富士スピードウェイから削除要請があった場合は削除します)



ほぼ週刊チョロQ通信-FSW3
           +ZOOM



ほぼ週刊チョロQ通信-FSW4
           +ZOOM



ほぼ週刊チョロQ通信-FSW5
           +ZOOM



ほぼ週刊チョロQ通信-FSW6
           +ZOOM



ほぼ週刊チョロQ通信-FSW7
           +ZOOM





ほぼ週刊チョロQ通信-FSW8

           +ZOOM

 そして、こちらは現在の富士スピードウェイ。レースを見て良し、参加して良し。ライセンスを持っていなくてもコースを走ることが出来る機会が以外とあるんですよ。

 サーキットを知ってもらい、来てもらい、モータースポーツのファンになってもらうためにも、地味ながらもこのような真面目な展示を続けていくことが大切だと思います。

 

百聞は一見にしかず、一度おいでませ(^O^)/


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-10-15 00:45:11

モータースポーツジャパン 2009

テーマ:お出かけ

ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ20091

           +ZOOM


 2045年、トウキョウベイサイド。

 人気のない廃墟に忘れ去られた観覧車が聳え立つ。

 ナンチャッテね、20世紀少年の見すぎだがね。


 10月10日、モータースポーツジャパン2009に行ってきました。   





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ20092

           +ZOOM

 9時開場。

 開場直後の一般入場ゲートの様子ですが・・・・・・。開場前はそれなりに並んでいましたが、しかし明らかに去年までより人が少ない。




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ20093

           +ZOOM

 開場に入ってすぐに目に付いたSC430とガライヤ。




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ20094

           +ZOOM

 モータースポーツミュージアムのコーナーの名車の数々。

 今年は昨年までのようなテーマに沿った展示ではなく、往年の名マシンのオンパレードという感じでした。




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ20095

           +ZOOM

 手前のマシンは説明ボードがなかったのですが、ペンスキーのインディーマシンですね。堂々とマールボロのロゴが描いてあります。何年前の車かしら?

 奥はトムスのダラーラF3です。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ20096

           +ZOOM

 テーマ・・・・と言えば、かろうじてこのエコカーかな?パレードでもいっぱい走っていました。

 でもモータースポーツじゃないよな。無理やり感みえみえ。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ20097

           +ZOOM
 

 TRDのブースにあったZENT SC430とVitz。







ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ20098

           +ZOOM

 今回は二輪の展示も多くありました。

 貴重なマシンばかりなのでしょうが、申し訳ないんですが全くわかりません。






ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ20099

           +ZOOM

 ウーン、なんだか・・・すごく歴史を感じると言うか。手作り感丸出しのタンクが良いですね。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200910

           +ZOOM

 スバルのブースにあったレガシーB4・スーパーGT・300クラス仕様。

 しかし、これ展示用のモックアップです。

 会場の中で実車でなかったのはトヨタF1のドライビング・シュミレーターとこのB4だけ。本当に残念ですスバルさん。

 モックアップとしてはすごく良く出来ていて、せっかくだから出してみようという気持ちは判からないでもないですが、ディーラーの展示会じゃないんですから。目の肥えたファンが集まるこのイベントでこれはないでしょう。空気読みましょうスバルさん。






ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200911

           +ZOOM

 日産ブースのR35GTR・スーパーGT・500クラス仕様。

 デモ走行に出ていました。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200912

           +ZOOM

 同じく日産ブースのR34GTR。直六搭載の前期型です。






ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200913

           +ZOOM

 R32GTR。

 この車、四駆だとずっと思っていました。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200914

           +ZOOM

 じゃん。




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200915

           +ZOOM

 じゃじゃん。

 シビック・タイプRのコックピット



ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200916

           +ZOOM

 オートバックスは太っ腹。

 現役のレーシングカーのコックピットに乗せてくれました。イェーィ(^_^)v




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200917

           +ZOOM

 こういうサービスをしてくれれば、応援しようかなー、って思いますよね。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200918

           +ZOOM

 Vitzのスポンサーもやっているんですよね。カローラアクシオなんていうのもあるんですが、来年あたりどうですかね?






ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200919

           +ZOOM

 トヨタブースのレクサスLF-A。豊田章男社長の愛車です。



ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200920

           +ZOOM

 わー、本物ホンモノ(´0ノ`*)

 暖機の終ったTOYOTA TF109。

 今回はレーススケジュールから言ってF1の走行はないと思っていたのですが。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200921

           +ZOOM

 トヨタのテントの裏で休息するF1チームのスタッフ。

 それよりも強烈なのがこの巨大なフォークリフト。多分港湾施設などで使うものかも知れませんが、町場の工場などで見かけるものの2倍はあります。

 F1のゴール直後からこの巨大なフォークリフトが何台もパドックの中を猛スピードで走り回ってましたっけ。






ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200922

           +ZOOM

 ホンダブースのARTA NSX。




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200923

           +ZOOM
 

 同じくホンダブースのフォーミュラニッポンFN109。ルーキーオブザイヤーを取った塚越選手の車です。




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200924

           +ZOOM

 詳しくは判りませんが、インディーマシンです。 

 塚越のマシンって、この車と同じカラーリングにしたのか?




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200925

           +ZOOM

 ホンダブースの一番端ではナカジマレーシングによるピット作業のデモンストレーションが行われていました。




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200926

           +ZOOM

 ナカジマレーシングのブースにて、小暮選手と中山選手のトークショー。

 小暮って意外と話すのが上手い・・・っていうかトークショー慣れしている感じ。中山が慣れてなくて小暮の話の腰を折ったり、脇道に話を持っていっちゃったりするのだが、全く動じずに話しの流れを作っていく。

 中山はもっと勉強せいよ。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200929

           +ZOOM

 ヨコハマタイヤのブース。

 ロータスエリーゼのカップカー、カローラアクシオ、シビックタイプRが展示してありました。

 「来年カローラ台数増えると良いですね。」と言うと。

 「きっと増えると思いますよ!」と力強いお言葉。

 せめて10台位になって、単独カテゴリーのレースが出来ると良いんですが。




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200930

           +ZOOM

 会場の片隅で見かけた井出選手。

 終始下の方に視線を向けたまま。その視線の先には・・・・・・。



ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200931

           +ZOOM

 こんな光景が広がっていました。

 井出選手が参加しているキッズカートのイベントだそうで。

 アドバイスのポイントはどういうところにあるのか・・・・・。大人が見れば少々滑稽な姿でも、子供たちにとっては始めてのモータースポーツ。

 レーシングドライバーも楽じゃないですね。




ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200932

           +ZOOM
 

 どこにでもいるミシュランのマスコット、ビブ。日本ではミシュランマンと言った方が通りが良い。

 このビブ、注文の多いやつで、写真を撮れだの、展示を見ていけだの、いちいち指示します。言葉に出さなくてもそれがすぐにわかってしまうのはさすがと、妙なところで感心してしまいました。






ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200933

           +ZOOM

 ホンダRA272。

 フォーミュラがかつて「葉巻型」と言われた頃のお手本のようなマシンですね。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200934

           +ZOOM

 マクラーレンMP4/5。

 これが走ったんですよね。観覧券買って見れば良かったかなあ。

 今年からは立見席も有料で、お金を払わないとマシンの走行が全く見られないんですよね。

 あれは賛否両論出そうだな。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200935

           +ZOOM
 

 さて、日産ブースではデモ走行から帰ってきたR35GTRのタイヤを展示用のものと交換していました。展示用のタイヤって市販のタイヤとほぼ同じ成分で出来ているらしい。ってことは、それで走ろうと思えば走れるって事か?






ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200936

           +ZOOM

 で、MP4/5が走行エリアに向かうところ。

 右端ではデモ走行を終った本山選手が楽しそうにスタッフと談笑しています。





ほぼ週刊チョロQ通信-MSJ200937

           +ZOOM

 実はモータースポーツジャパンのサポート会員になっていて、今回ボランティア募集の案内が来ていたのですが、このイベントは見ることに徹したいと思って申し込みませんでした。走行エリアの「コースオフィシャル」だったらもしかしたら申し込んだかもしれませんが、どこの担当になるかわからなかったので。

 ところが走行エリア担当の赤いつなぎの一団に顔見知りのF氏を発見。話は出来ませんでしたが、今度どうやって参加をしたのか聞いてみましょう。

 昨年はいなかったと思うのですが、今年は富士スピードウェイのセーフティーカーと消化車が会場に来ていました。やっぱり積車で運んだのかな?


モータースポーツジャパン2009のウェブサイト


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-10-04 22:39:10

2009 F1日本グランプリを見て思うこと

テーマ:F1

ほぼ週刊チョロQ通信-toyota

           by TOYOTA F1 TEAM


 しっかし、トゥルーリっていうドライバーは本当に気持ちで走るドライバーなんだなー。ティモがクラッシュした時はどうなるかと思ったが、これでトゥルーリもトヨタもひとまず安泰?


 それにしてもこの写真のトゥルーリの隣のメガネのおじさん、フジテレビ地上波の放送で気が付いたのは解説の片山右京だけ。まあ、ホンダ出身のMさんはあえてスルーなのかもしれないが、あれだけ何度も画像で大写しになったんだから、せめてアナウンサーは気づけよ、世界最大の自動車会社の社長だぜ。


 近藤監督、あえてマッチではなく近藤監督と呼ばせてもらうが、「鈴鹿のオフィシャルは世界一」って放送の中で何回言っただろうか。

 確かに皆さん良い動きをされてましたが、あれじゃ他のサーキットのオフィシャルは気分を悪くしますよ。せめて「日本のオフィシャルは世界一」位の言い方をしてくれれば・・・・。来シーズン、オフィシャルの意地、きっちりお見せいたします。


 ブラウンGP。シンガポールではサイドポンツーンに大きくCANONの文字が入っていたのだが、現地の代理店のスポンサードだったとかで、今回はまた白地。これからの2レースだけでもスポンサーに付けば、露出度は高いと思うのだが・・・・・・。それとも切り売りはしない主義なのか。


 ルノー。アロンソ放出が決まったとたんにINGの文字が消えましたね。昨年まではINGがけっこう派手に事前プロモーションをやっていたんですが。たしか東京ではテレビCMも流したような・・・・・嗚呼。


 ま、自宅のソファーに寝そべってテレビ見た感想はこんなとこです。

 あー、また5時に集合してやりてーな、F1。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-03 19:45:27

F1日本GP フェテルがPP獲得 by Yahoo

テーマ:F1

ほぼ週刊チョロQ通信-suzuka

           by Yahoo


 フェテルって誰だ。


 それにしても・・・・・・いくら赤旗出たからって、途中で終らせるな、フジテレビ

ヽ(`Д´)ノ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。