2009-09-23 22:00:14

袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ

テーマ:お出かけ

ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura1

           +ZOOM


 9月19、20日、袖ヶ浦フォレスト・レースウェイに行って来ました。

 新サーキットのこけら落しのレースと土曜日の走行練習に参加しました。






ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura24

           +ZOOM

           袖ヶ浦フォレスト・レースウェイのウェブサイトより


 日本で一番新しいサーキット。

 コースレイアウトはこんな感じです。

 筑波のコース2000のようなコンパクトなレイアウトです。2キロちょっとですが、ほぼ90度に曲がる1コーナーを抜けると緩やかな2コーナーを含む高速セクション、その先に水鳥の頭のような複合コーナーがありその先はテクニカルなインフィールドと、バラエティーに富んだレイアウトになっています。



 




ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura2

           +ZOOM


 都内の自宅からアクアラインを通って約1時間10分、ゲート前に着きました。

 木更津東インターから20分ほどですが、全く看板が出ていないので、事前に地図をしっかり確認しておかないととんでもないことになりそうです。

 入り口もこのような白いゲートがあるだけなので、うっかりすると見落としてしまいます。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura3

           +ZOOM


 インターを降りて初めての看板が、このゲートの看板でした。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura4

           +ZOOM


 ゲートを入って坂を登ると左手にパドックへの入り口が見えます。

 このトンネル、大型のトランスポーターがぎりぎりで通れる大きさだそうで、トランスポーターの運転手さんは相当怖いと思います。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura5

           +ZOOM


 パドック。

 筑波のAパドックとBパドックを合わせたくらいの広さだと思います。広々として使いやすそうでした。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura6

           +ZOOM


 コントロールタワーというか、事務所というか・・・・・・。ここに管制室、コース事務所、ブリーフィングルームなどがすべて集約されています。






ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura7

           +ZOOM


 建物をコース側から見たところ。

 二階左隅が管制室です。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura8

           +ZOOM


 ピットの様子。

 35個のピットがあり、マーチやヴィッツは2台づつ入りますので、70台収容できます。地方選なら充分過ぎるほどの大きさです。

 ピットの二階は観覧席になっています。まだグランドスタンドは出来ていませんが、ピットの上だけでも充分な収容力があります。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura9

           +ZOOM


 ピットロード。

 色的にはすぐにでもF1を開催できます。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura10

           +ZOOM


 ピットロード出口。

 ここが難物で、出口の車線が車両一台分しかないので、緩やかに右に曲がっている箇所のパドック側(in側)のホワイトラインをカットする車がけっこういました。

 コースをまたぐブリッジの支柱を気にしてこのようなレイアウトになっているのかもしれませんが、もう半車身分広くしないと、大きな車は大変だと思います。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura11

           +ZOOM


 将来出来るであろうグランドスタンドとパドックを結ぶブリッジ。ヨーロッパのサーキットみたいでかっこいいですね。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura12

           +ZOOM


 路面は富士と似ています。舗装は荒く、ミューは高そうです。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura13

           +ZOOM


 このサーキットの名物ポストになりそうな10番ポスト。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura14

           +ZOOM


 インフィールドの広大な原っぱの真ん中に、半円形のガードレールに囲まれてポツンと・・・・。はっきり言って怖いです。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura15

           +ZOOM


 10番ポスト。

 基本的に全てのポストがこの形です。

 ポストの上り下りが意外に応えるのと、濡れると床が非常に滑るのが難点。旗はポストの中なら振ります。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura16

           +ZOOM


 土曜日はニッサンレーシングスクールが開催されました。このトレーラーは講師用のマシンの運搬車。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura17

           +ZOOM


 このマシンに青いパトランプをチョコンと付けて走っていました。

 因みに景山正美選手、田中哲也選手など豪華な面々が来ていました。








ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura18

           +ZOOM


 エリーゼの走行会、ランチアの走行会、スーパー7の走行会も開催されました。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura19

           +ZOOM


 富士やモテギはバス、筑波は救急車でオフィシャルをポストまで運んでくれますが、袖ヶ浦はローダー。レース日はローダーと救急車、二台体制でした。

 ポストが15個もありますから、ローダーの方が確かに効率は良いですね。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura20

           +ZOOM


 最終コーナーの14番ポスト。すぐ裏は森です。





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura21

           +ZOOM


 11番ポストから6番ポスト方向を望む。

 コーナーの名前はまだ付いていないようです。

 左奥から車は進入して来ます。このコーナーが水鳥のくちばしに当たるところ、そしてこのサーキットで一番低くRのきついところです。しかもこのコーナーの手前に緩いコーナーがあって複合コーナーになっているためアウト側にコースアウトする車が多発していました。間違いなくこのコースで一番難しいコーナーでしょう。

 奥から手前にS字コーナーになっていますが、ここは通常は使われないショートカット。レギュラーのレイアウトはそのまま左方向に抜けていきます





ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura22

           +ZOOM


 11番ポストから12番ポストを望む手前から来た車両は12番ポスト前を左に曲がってヘアピン状のコーナーを曲がり最終コーナーへと侵入します。

 このまま直進すると今回我々が「イン側の・・・・・・」と呼んでいたショートカットでこれを使うとインフィールドだけのショートコースとして使えます。




ほぼ週刊チョロQ通信-sodegaura23

           +ZOOM


 土曜日の昼ごはん。

 千葉の万葉軒という駅弁の老舗のお弁当でした。串焼きのアサリが美味しかったです。


 



 さて、出来たばかりのサーキットで、なにかと設備面での不足などがあるのは仕方がないと思います。

 私なりに感じたオフィシャルの側から見た改善点を幾つかありましたが、それはまたの機会に述べるとしましょう。

 三年計画で整備をして行くそうなので、少しづつ良くなって行くと思います。

 出来れば雨が降ってもコースオフィシャルが活動しやすいように、ポストの改良もしてもらえたらなと思いますが・・・。



袖ヶ浦フォレスト・レースウェイのウェブサイト



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-09-08 22:44:49

第20回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース

テーマ:レース


ほぼ週刊チョロQ通信-4h1

           +ZOOM


 9月5日土曜日、筑波サーキット。

 この日はブレインズ主催のメディア対抗のロードスター四時間耐久レースです。しかも午後4時スタート、日本では数少ないナイトレースなのです。


 朝6時。

 1コーナーの外側のガレージに並ぶ耐久レース参加車両。


 このレースはいろいろな雑誌、テレビ番組などの対抗レースの形を取り、しかも各チーム1名のプロドライバーの助っ人が認められています。

 特に今回は20回記念でもあり、また現行の体制での最後のレースということもあってか、豪華な顔ぶれがそろいました。GTドライバーだけでも・・・・・・・・荒聖治、景山正美、阿部翼(飯田章のピンチヒッター)、井出有治、平手晃平、金石勝智、柳田春人(真孝のオヤジさん)、松田秀士といったところ。これだけのメンバーが筑波に一同に会すのは珍しいのではないでしょうか。

 その他にも隠れ助っ人が数人・・・・・。







ほぼ週刊チョロQ通信-4h2

           +ZOOM


 平手晃平擁するアヘッド号。予選11位、決勝15位。平手君、予選ではクリアラップを取るのに苦労していましたね。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h3

           +ZOOM


 景山正美が助っ人のオートスポーツ号。予選6位、決勝8位。筑波大好きの正美選手もクリアラップが取れずに苦労していました。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h4

           +ZOOM


 予選1位、決勝2位のベストモータリング号。予選アタックは荒聖治選手、さすがです。このチームには隠れ助っ人神子島みか選手が参加。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h5

           +ZOOM


 サポートレースのロードスター・パーティーレースの車検風景。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h6

           +ZOOM


 本格的です。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h7

           +ZOOM


 ロードスター・パーティーレース、エンブレムクラスの12号車と並ぶのは74号車REV SPEED号。予選4位、決勝3位。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h8

           +ZOOM


 13号車、ENGINE号。

 予選3位、そして優勝!






ほぼ週刊チョロQ通信-4h9

           +ZOOM


 このチーム大井貴之が助っ人だったのだが、Y.SAKAMOTOっていうのが隠れ助っ人。GT300の88番のドライバーです。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h10

           +ZOOM


 ウチのポストで『スパ王』と呼ばれていた52号車。識別しやすかったです。

 このマシンには毒舌コラムニスト、フェルナンド・ヤマグチ氏が参加していたので期待していたのですが、予選、決勝ともに19位、と残念な結果になってしまいました。来週の週刊朝日が楽しみです。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h11

           +ZOOM


 ツクバといえばこのRX8のセーフティカー。今年はマツダのイベントにしか来ていないからね(´0ノ`*)






ほぼ週刊チョロQ通信-4h12

           +ZOOM


 早朝にBパドックの入り口辺りをうろついていたら、トランスポーターに載せられたクラッシックフォーミュラを見つめました。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h13

           +ZOOM


 クラッシック・・・といっても、ボディはレストアされてピカピカ。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h14

           +ZOOM


 フレームにはなぜか紐がぐるぐる巻きに巻かれています。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h15

           +ZOOM


 このエンブレムとフロントグリルは多分オリジナルでしょう。やっぱり古い車は良いですね。

 この車は翌日のクラッシックカーのイベントに参加する車両だそうです。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h16

           +ZOOM


 この日の私の担当場所、3番ポスト。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h17

           +ZOOM


 ツクバのシンボル、ダンロップブリッジのすぐ下です。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h18

           +ZOOM


 最近、このエリアの路面が改修されました。黒い部分が新しい路面。

 ドライの走行を見る限りでは、μの違いは感じませんでした。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h19

           +ZOOM


 ブリーフィングルームにもこんな張り紙が。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h20

           +ZOOM


 さて、イベントは順調に進み、夜8時に無事フィニッシュを迎えました。昼間のサーキットトライアルで一台転倒がありましたが、ドライバーに怪我はなく、車も無傷で次のセッションで再び走行していました。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h21

           +ZOOM


 メインスタンド前での表彰式。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h22

           +ZOOM


 2位のベストモータリングチーム。荒選手、嬉しそうですね。みかチャン、来年は『小悪魔アゲハ』号でぜひ!







ほぼ週刊チョロQ通信-4h23

           +ZOOM


 ポディウムの後でも記念撮影。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h24

           +ZOOM


 メインストレートに佇むフィニッシュ車両。モータースポーツの原点を見たような気がします。






ほぼ週刊チョロQ通信-4h25

           +ZOOM


 長い戦いを見守ったヘアピンコーナー。

 次に来るのは11月かな?





第20回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レースのオフィシャルサイト


ブレインズスポーツジャパンのウェブサイト



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。